So-net無料ブログ作成
検索選択

介護の技能実習生候補者の現実 [介護 技能実習生]

スポンサーリンク




介護の実習生について、案の定の動きが出てきています。
想定通りにいかない現実に直面し始めたようですね。

setsuritsu.jpg


まずは、こちらの記事をご覧ください。

「逃げる」介護人材 ミャンマー 交差するアジア(1)
西日本新聞 2017年03月23日 06時00分
https://www.nishinippon.co.jp/feature/new_immigration_age/article/316448



今までに、様々な国で、日本人も含め、良かれと思い、
またマーケットの大きさと需要の熱さを計算し、
世のため人のためになり、なおかつ儲かるならと、
本当に色々画策して動いている方が多くいらっしゃいます。

多いのは、現地の送り出し機関やブローカーと組んで、
看護学校とタイアップしている、
受入先がある、
必ず日本に行ってたくさん稼げるからと、
日本語学校に人を集め、はては介護の日本人スタッフまで現地に呼んで、
授業料を取って教育訓練を実施している先が、
非常に多くあります。


記事にもありますように、現実は甘くありません。

 「介護は大変な仕事だけど、つらい時はどうしますか」。
 若い女性が緊張で手を震わせながら答えた。
 「何があっても我慢します」

・・・そう聞かれたなら、そう答えるに決まっています。
そうして来日してから、セクハラだの奴隷労働だのと、
騒ぎ立てるのが、残念ながら近視眼の途上国人財です。

いつも言っていますが、要介護者の頭の弱った老人に、
お尻を撫でられる、胸を触られる、ボケたフリして・・・
なんてことに堪え切れる女性はそう多くはないでしょう。
そもそも外国人は男女問わず、ボディタッチは厳禁でもあることを
ご存じない方も少なくありません。


 長崎県から来た社会福祉法人関係者は、
 女性12人を面接し、5人に「合格点」をつけた。

・・・授業料を取って候補者の教育を施す現地送り出し機関にて、
採用側は、誰でもいいからというわけにはいかないのは当然です。
選考に漏れた7名は、他の受入先が救ってくれると思いますか?
企業が落とす人材は、共通してどこでも合格できない子が少なくありません。

この漏れた子たちにしてみたら、日本に出稼ぎに行けるというから、
お金を払って日本語も教育を受けてきたのに、
いったいどうするのでしょうか。

外国では、弱肉強食は日本以上にドライなので、
はいさようならと、退学させて良しで済むのでしょうか。
選ばれないアナタが悪いからと。

訴えられて、問題となっている送り出し機関も多数みてきています。
そんな送出し先から、安定して継続して手厚いフォローがあると思いますか。


 せっかく育てた人材が、次々に「逃げる」のだ。
 「シンガポールなど他の国や、別の業種に移ってしまうんですよ」

・・・受入可能な期日も確定していないうちから、
いや、期日はともかく、受入企業からアナタは採用、との答えが出ない限り、
いつまでたっても、どれだけ日本語を勉強したとしても、
永遠に日本へ出稼ぎに行ける現実はやってきません。



 訓練の難しさと期間の長さも壁になる。


・・・介護だけは技能実習生でも、そのハードルは非常に高く、
同じ稼ぎなら、介護にこだわる必要もありません。
だって、出稼ぎが目的なんですから。

そりゃあ、最初は夢の国、日本に行けるならと、踊らされていますが、
賢い子ほど、現実に気づき、他の選択肢に流れるのも当然です。


まして、日本だけではなく、他の国へも出稼ぎのチャンスは溢れています。
韓国や中国、中東、東南アジアの他国のほうが、
確かにより厳しい労働環境の現実が待っているのではと思いますが、
しょせん、近視眼にて想像力もない子たちですので、
いくら稼げるかにしか、その決断基準はほぼありません。


焦って急いで受入したいほどに、現場がひっ迫しているのも
痛いほど分かりますが、
こういった現実にも目を向けていただければと、願うばかりです。


急がば回れというように、
まだまだ細かい受入基準は、確定も公表もされていません。

入り口がイチバン大事です。
そして、出口までの俯瞰的な視点とそのステージごとの理解をもって、
受け入れに取り組む事こそが、
3年ないし5年の机上のコストパフォーマンスを実現させられる
唯一無二の手段であると思います。

介護施設の方々、いかがお考えでしょうか。



宣伝です。


ご関心のある方は、以下よりどうぞ。

●『受入企業専用メール配信登録フォーム』

対象:実習生受入企業の社長またはご担当者の方、
   また受入を希望、検討されている方。

*推薦できる監理団体の紹介(斡旋ではないです)であったり、
 法改正後の具体的ルールなど、不定期に配信します。
 現監理団体へのご不満や確認事項、セカンドオピニオンなど、
 個別相互のご相談も可能です。
 監理費が適正価格なのかどうかも、
 私の主観でしかございませんが、お答えいたします。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/5y


●『監理団体専用メール配信登録フォーム』

対象:監理団体の方

*協同組合(監理団体)の方、良かったらご協力ください。
 様々お困りの受入企業の方のご相談対応等、お願いする場合がございます。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/qmcsb7


※サイト内に就業ビザでのお受入や人財会社向けの登録フォームもご用意いたしました。
※他に送出し機関や、上記に当てはまらない方は、
 サイト内のメールアドレス宛に直接メールください。





スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 4

とある読者

日々ブログ拝読しております。
 介護職記録の問題が大きいかと思いますが、最近はスマホやタブレットが超高性能になり、現地言葉で話しかけると、ある程度翻訳してくれる機能もあります。今後数年で介護専用翻訳ソフト開発されるかも知れません。

 日本で働ける外国人は、現在は記録をしなくても良い、記録が少なくて済む入浴時補助業務等で活躍されている方が多いと思います。

 外国人が多く職場で働くようになると、独特な日本的介護ではなくて、技能実習生にわかる介護方針になってくると思います。
 技能実習生の指導役は、日本人の配偶者等の外国人で、現地の事が分る方が指導役になっていくような気がします。

 東南アジアの諸外国も、今後将来的には介護保険が開始されると思い、日本よりは規制の緩い、諸外国に人材を奪われると思います。(例:台湾とか規制が緩く既に、フィリピンとかから介護に台湾とかに入っている)

今後もブログを拝読させて頂きます。
by とある読者 (2017-03-25 08:53) 

元技能実習生監理団体職員

いつもコメントいただきありがとうございます。
また現場の現実やお考えにも触れていただき、
こちらも大変勉強になります。

介護業界も現実様々変化していくことと思います。
特にご指摘のソフト、アプリなどは、ビジネスとしても
需要が高く相当な企業がリリースを仕掛けていることと思われます。

指導役が現実的にはすでに現場に居らっしゃる外国人となるのは、
他の業界でも定石です。
そこにも一長一短がありますが、介護業界では特に言葉の壁がありますので、
国の選定に強く影響するとも思われます。

国際業務の就労ビザでそういう人材も招聘できれば選択肢は広がりますが、
現行法上では許可されていません。

それぞれ動き出している感がかなりありますが、
まずは様々確定してくる情報をちゃんと掴んでいきたいと思います。


by 元技能実習生監理団体職員 (2017-03-25 09:52) 

田中

監理団体を探してましたら、デイープなブログを見つけていくつか読ませていただきました。バングラデシュとスリランカの友人から日本で働きたい人材がいるがどうしたらいいか?と相談されて動いているところです。デイープなブログなどと表現しましたがほめ言葉です。技能実習の考え方は同感です。スリランカ人は介護学校を卒業した人で、バングラデシュ人は現役の看護師です。
by 田中 (2017-05-24 11:50) 

元技能実習生監理団体職員

田中様

拙いブログにコメントお寄せくださいまして、
誠にありがとうございます。

個々に言えば、そういう方々はポツポツいらっしゃいます。
ですが、お調べの通り送り出し機関、監理団体、受入企業、
それぞれの担当者、またまだハッキリしない介護職のルール、
それらの諸事情とは関係なく、また、
コチラが世話してあげようと動いているのも関係なく、
自身のチャンスがあると思えば、
そちらになびく外国人。

中々にシビれるお仕事なんです。

また宜しければご意見ください。

by 元技能実習生監理団体職員 (2017-05-24 19:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
アルバイト求人情報サイト