So-net無料ブログ作成

今の外国人技能実習機構(OTIT)の実情… [技能実習生の法改正]

スポンサーリンク




勝手に推測します。
誰も愚痴半分であっても公表できないでしょうから。苦笑

ダウンロード (1).jpg


久しぶりに、ある監理団体の方とお話ししました。

現在、お一人で○○社、計○○○人をご担当されていて、
新制度対応に休みもなくアレコレ対応されていらっしゃるとのこと。

新制度での申請許可もチラホラ下り始めたようで、
良かったですね~と。


しかし、ある地域では監理団体許可申請の際には、
OTITがちゃんとヒヤリングをしに来て、
組合の財務状況の確認、
(実習事業以外で損益が回っているかどうか、回っていくかどうか。
 安定定期に監理対応ができそうなのかどうか。)
また、20人に1人程度は管理担当者の配置ができそうかどうか、
について複数の監理団体が確認されていたようですよ、
と伝えると、

だとすれば、ウチは無理だなぁ、と。

おそらく、広域かつ異業種で回していて、
監理費も高いところもあれば安いところもあり、
手間暇賃と交通費と自身の人件費と、
もろもろ考えると、人数増やしてもとても回らないのでしょう。

コレ、ちゃんとした受入企業がほとんどであれば、
たぶん適正監理は可能でしょうけど、
業者に丸投げ、派遣かのような受入企業がほとんどであれば、
おそらくは無理でしょうね。


そういう組合さんも少なくないでしょうね。

そして、現在でも新制度での監理団体の許可はバンバン下ろされていますから、
結果として、今後の取り締まりがどういうスピードで、
どれだけの温度で進んでいくかによっては、

入管レコードを引き継がずに誰も彼も一斉にリスタートかけたことで、
踏み絵をバンバンに踏ませていますから、
それをタテにどんどん許可が取り消される、
もしくは、効力を一定期間停止させられるといった、
「見せしめ」が増えるでしょう。


…と、期待もしたいところですが、
OTITの実情を鑑みてみますと、

これだけ複雑怪奇な制度にしてしまっているため、
OTITの各職員の方々も、昼夜を問わず?懸命に取り組んでいただいていたとしても、
作業効率が上がるほどに知識や経験が増えない限り、
相当の年月が費やされることと思われます。


つまり、人手が足りない。苦笑

いても、経験や能力が足りない。苦笑


それは、いつ頃から、どれだけのスピードで、
どれだけの取り締まり温度をもって、
不適正監理団体先を摘発(強制捜査件ありますからね)していくのか、
まったく見えてこないということです。

それは、不正(非適正)の現実を
当面はまだまだ野放しにしていくことにほかなりません。


監理団体や受入企業は、OTITに摘発されますが、
OTIT自身は、誰にも摘発されません。

しいて言えば、マスコミでしょうか。

真摯に頑張っていただいている職員さんお一人お一人に対して、
とやかくいうつもりはありませんが、

トップや上役さんたちには、それ相応の責任が負わされてしかるべきです。
だって、それだけの報酬もちゃんといただいてるでしょうから。
非営利団体のはずですけど、
良い給料出てるでしょ…(とちょっとひがんでみました。笑)


そういう意味では、マスコミの方にも、第三?第四?の権力?として、
ちゃんと注視願いたいですね。

もしかしたら、当方にコンタクトいただく記者の方、
ご覧いただいていたら、ぜひ取り上げてください。

1月31日時点で、すでに旧制度での実働していた監理団体の数を超えそうな勢いです。


結果としては、この先半年?もしくは今年いっぱい?、
OTITが主立って動く気配はないのかもしれません。

いよいよ入国許可の一丁目一番地の権限はOTITのみになりましたし、
今後は順次、他の実務も増えていきます。
技能検定(これも全業種)とか、監査報告チェックとか、
誰も経験のない介護のケースもそうですね。


制度趣旨がいくら人材育成、国際貢献だとしても、
現場の現実では単純労働者(あえて言い切ってみます)がいなくては、
回らない会社は少なくありません。

せめて、まっとうに法改正にも取り組み、
法と現実をみてアジャストしている先には、
順当に手続きを進めていただきたいものですし、
性根の腐った方々、ないし、
ろくに知らずに良かれと参入してきている残念な方々、
(想いや狙いはともかく、結果として脇が甘く迷惑を巻き散らす方々)
さらには、できれば調査もして悪質ブローカーを隠して抱えて取り組み続ける、
送出し機関をも、
ちゃんと取り締まっていただきたいものです。


貴方の監理団体、受入企業は大丈夫でしょうか。
昨年の骨子などの公表から、ずいぶん準備期間はありました。
さらには、前述のようにもう少しだけ猶予があるやもしれません。


今のうちに、自ら襟もとを正すよう、
お勧めいたします。





-------------------------------------------------------------------------------

受入企業、監理団体、関連業者の方向けに、
様々な情報のご案内をしています。
配信ご希望の方は、以下よりご登録ください。

無料メール配信サービスのご案内
https://gaikokujin.link/blog/?page_id=1022


注:NEXT STAGEの募集は終了いたしました。


-------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

アルバイト求人情報サイト