So-net無料ブログ作成

先日届いた介護の愚痴半分メールについて [介護 技能実習生]

スポンサーリンク




なんだか、こういう方が非常に多いように思いまして、
いったん、取り上げさせていただきます。

CFUcJj0VIAAqI3M.jpg


以下、いただきましたメールを転載させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

お世話になります
介護分野の実習生の受け入れ申請の準備を行っています

頭では理解していましたが、
送出し側の悪習は、すごいですね
履歴書の履歴をどうするか相談がありました。
書き方ではなく履歴です
履歴は動かないし、
面接時の履歴書で
受け入れ基準はクリアできていると説明はしました。

書類の準備に関して、1点、
書類の準備と、現地との調整で
意外なほど甘い行政の取り扱いが
ありましたのでおしらせします。
常識なのかもしれませんが

入国後講習の短縮のため、
現地で入国前講習を行いますが、
介護分野では、
『有資格者がいわゆる学校で行うこと』と
定められていますが、
修了証の様式について、jitco 機構にたずねたところ、
『修了証』の提出は想定されていないとのこと。
予定表を出せば結果のチェックは行わないようです。
これでは現地で実際にやってくれるかどうか

心配する方が甘ちゃんなんでしょうかね〜
結構今日まで頭の痛い問題だったんですが、
どうせちゃんとやらないと行政も諦めてるんでしょうか
気分としては結構残念です。
証拠として修了証の要求は 現地にしようと思いますが

4ヶ月でN4相当に候補者6名全員合格したんですが、
見えない力が ? と考えたくなります。
試験機関のサイトで合格の確認はしました。

吐き出したので、スッキリして次の準備に進みます。


--------------------------------------------------------------------------------


ちょうどうまい具合に、誰からか特定はできなさそうでしたので、
全文です。


コチラの方も、本当に真摯になって、色々勉強され、
日々孤軍奮闘されていらっしゃるご様子でした。


そして、多少の進捗の差はあっても、
似たような感覚で手探りされていらっしゃる方も、
少なくないことでしょう。


この方へは、個人的にツッコミを入れて、
返信させていただきましたが、

特に真正面からまともにぶつかっていく方にとっては、
本当にストレスフルな日々をお過ごしであり、
先日の脅しの内容ではありませんが、
誰も、会社や人財を、はたまた関わる自身を
危うい目にあわせたいとは思っていません。


また絶望的なお話をしてしまいますが、
特に自分までヤバイと思うようであれば、
絶対罰則に関わらない手段として、
技能実習制度業界からは足を洗う選択をすべきなのかもしれません。


つまりは、どこまでもウソがついて回り、
残念ながら、辻褄合わせはなくなりません。


だって、そもそもが矛盾した制度でありルールなんですから、
辻褄を合わせることは、どうやっても局面局面で生まれてしまいます。


それらを、どう乗り切るべきか。

法令違反のソシリを免れる手立てを準備、整理しておかねば、
本当に突っ込まれたときには、
罰則規定の対象になりかねません。


知恵を絞り、相手の諸状況を様々理解し、
万が一の時にも、逃げ道を用意しておく。
特に、最悪でも怪我で終われるようにしておく必要があります。


そして、これらに頭を悩ませ、もだえ苦しんだ挙句、
答えが出せないのであれば、
旧制度でも取り組んできた方や、
その部分の勝手がわかる方に、聞くのがイチバンです。


特に介護においては、前例となる物差しもないので、
非常に難しいであろう案件ですが、
やりようがあることを、引き続き模索していきたいと思います。


愚痴メールはいつでも結構ですので、
お送りください。
この方みたいに、少しは気も脹れるでしょうし、
当方からの返信が、
好転する何らかのきっかけになればとも思います。



--------------------------------------------------------------

受入企業、監理団体、関連業者の方向けに、
様々な情報のご案内をしています。
配信ご希望の方は、以下よりご登録ください。

無料メール配信サービスのご案内
https://gaikokujin.link/blog/?page_id=1022


---------------------------------------------------------------




スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 2

とある読者

外国人技能実習生で介護は色々大変なんですね。職場に若い実習生が
入ってくるだけで雰囲気は色々な意味で変わると思います。

時代はどんどん変わって、政府は65歳以上の方も雇い入れるように
各種助成金や制度を作って、(都道府県によっては都道府県独自の助成金制度もある) 今はおおよその企業が65歳定年を達成したので、それ以上に伸ばそうと懸命です。

日本人の高齢者も介護関連で活躍出来るといいなと思います。
by とある読者 (2018-02-10 09:12) 

元技能実習生監理団体職員

高齢者による勤労としての老々介護は、
ご自身が予備軍としての様々な免疫作りとしても、
人生経験豊富な方をスタッフとして迎え入れる側も、
それぞれがwin-winになりやすいのかもしれませんね。

本当に時代はめまぐるしく変わっていきます。

特に関連ビジネスにおいては、
様々アンテナを張って、
それぞれ適切かつ迅速に対応することが
求められていることと思われます。

by 元技能実習生監理団体職員 (2018-02-10 09:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

アルバイト求人情報サイト