So-net無料ブログ作成
2017年11月 | 2017年12月 |- ブログトップ
前の10件 | -

外国人労働者受入の本当のメリットの生み出し方 [人口減少社会]

1億総活躍社会だの、働き方改革だの、介護離職ゼロだのと、
少子高齢化による人口減少社会突入に際して数年前から少しずつ…

20150919-200627-1-0000.jpg


世間的にも様々な市民権を得てきているようです。
誰もが薄々と時代の変革の時期を感じていることでしょう。

今のパソコンやインターネットの拡大や、
スマホやiPhoneなどの情報革命は、多くの人にとっては、
恩恵が多くストレスもそれほど感じないものでした。


しかし、今回のこの大きなうねりは、
それぞれに痛みや恐怖を感じるのかもしれません。


その大きな選択肢の一つに、
私たちがかかわっている外国人の労働、就労問題があります。

11月1日の技能実習生の新制度移行を一つのターニングポイントとして、
本当に多くのメディアで、この問題の是非を問われる風潮が、
トレンドのごとく続いています。 


最近では、ネットや新聞媒体だけではなく、
TVでも、特集が組まれているようですね。

いくつか見つけましたので、お時間あるときにぜひご覧ください。

以下、すべて動画です。


クローズアップ現代+ 2017年12月5日(留学生)
https://www.dailymotion.com/video/x6b3tms


【報ステ】外国人技能実習生25万人の“現実”(2017/12/06 23:30)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000116098.html


ガイアの夜明け【絶望職場 を今こそ変える!】 - 17.12.12
http://www.miomio.tv/watch/cc355763/



取材も様々行われており、
今までよりも、また少し深く切り込んでいるように思われますが、
ご存知の通り、闇は深く、そして局面局面によって違い、
さらには国をまたいでいるため、お互いにそれぞれの実態はつかみにくい。

それでも、社会に問題提起や実態の公表の一助、一機会創出としては、
良いことなのでしょう。

ただ、いつも思うのは、悪い面ばかりフォーカスされがちながらも、
少しでも良いので、涙を流しながら喜んで帰っていく外国人や、
また温かく見守り育てている企業もあることに、触れてほしい。
紹介して欲しい。

そのために、日夜取り組み続けている方もいることを。

*ガイアでは少しだけまともに取り組む一部を報道されていましたが、
 ちょっと視点が違うんだなぁ。
 頑張っている外国人の子たちの笑顔が見たかった。
 みんな騙されて可哀そうな子達というフィルターでしか見てないでしょ。
 色んな子がいるってことを知って欲しいなぁと。


業界関係者の一人としては、
多くの方に関心を持っていただき、
外国人労働者を受け入れることに、
身近にいる外国人も、
不安と期待を胸に覚悟を持ってきている一人の人間として、
また、少し違う世界を生きているだけの仲間として、
迎え入れたり、
接点をもつことの敷居を下げていくことにつながっていくのであれば、
ありがたい限りなんですけどね。


しかし、本当に外国人労働者の受け入れは、良いことばかりな筈もありません。

外国人労働者側と、受け入れる企業側の思惑も、完全に一致していないことが多く、
日々、衝突や軋轢は発生し続けています。


もちろん、日本人同士でさえ、人が集まれば価値観や人格も違うので、
ストレスはそれぞれに抱えていますし、
上手に解消できる空気を作れている職場ばかりでもありません。



数年実際に受け入れてみて、外国人労働者の実態をちゃんと経験し、
自社での経験値やノウハウを蓄積できるだけの、様々な諸問題を乗り越えてきた企業だけが、
その実際のメリットを享受できます。



無論、報道にあったような、正に使い捨ての奴隷労働の受入目的であれば、
入管やOTITの権限に付随する責任において、ちゃんと見つけ出し、
すべからく牢屋にぶち込んでいただき、


逆に、まともに取り組み、失敗を反省し、
会社の一方的な思惑を押し付けるのではなく、
良心に従って、相手の諸事情も理解したうえで、
お互いが良かったと思える最適解を見つけ続けることこそが、
受け入れる企業側に求められることであり、
それは、成熟した日本で暮らす、いい年した大人のモラルが、
試されていることにほかなりません。

そういう姿勢がある人ほど、それぞれに試行錯誤していく過程の中で、
本当に様々な工夫や知恵、メリットも生み出され、
その結果が、安定雇用であり、労働力のルーティン的な定着にもつながっていくのです。

外国人労働者受入の本当の一つの答えだと思います。




無料メール配信サービスのご案内


受入企業、監理団体、関連業者の方向けに、
様々な情報のご案内をしています。
配信ご希望の方は、以下よりご登録ください。


http://www.gaikokujin.link/member/cf/9


なお、もっとコアなコミュニティにご参加を希望される方は、
以下よりどうぞ。

NEXT STAGE
http://www.gaikokujin.link/member/cf/mhz



注:システムの都合上、
  上記「NEXT STAGE」にご参加いただく方は、
  無料メールサービスにご登録いただいた後に、ご参加いただくと、
  その後のサイト閲覧などがスムーズです。
  *メール登録が前後しても、参加の手続きには問題ありません。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

平成29年版「出入国管理」日本語版が公表されています。 [益々多様化する日本]

平成28年の様々な数字が、入管から公表されています。

08.JPG



平成29年版「出入国管理」日本語版
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri06_01123.html


外国人入国者数の推移について、
この3年でなんと倍以上に増えていました。

平成25年時と比べ、平成28年時には約1100万人も増えている。
よく入管は対応できているものだと思われます。

入国管理局関係の職員数は,平成29年度は4,614人で,
5年前の24年度の3,881人と比べ約19%,733人増加しているとのこと。

よくもまぁ2割増しで対応しているものですね。

この増えている大きな要因は、言わずもがな、観光客です。
どの国からが多いかといえば、圧倒的に、韓国、中国、台湾、タイ。
隣国がほとんどですね。

米国も伸びています。

在留資格別も、ほぼすべての種類で増えています。




実習生関連の不正行為認定の数字も出ていました。

平成28年度では、監理団体が35件、受入企業が202件。

「不正行為」の類型別では,
小計383件中(不正行為が複数にまたがる案件があるため)、

「賃金等の不払」121件,
「偽変造文書等の行使・提供」94件,
「名義貸し」51件、

の順に多く,この3類型で全体の69.5%を占めているとのこと。

賃金不払い、大丈夫ですか?
入管向け、労基向けに二重帳簿していませんか?
バレやしないからといって、名前を貸したりしていませんか?


次いで、実習生の失踪者数。

ベトナム    2,025
中国      1,987
カンボジア    284
ミヤンマー    216
インドネシア    200
その他      346


分母が違うとはいえ、ベトナムと中国はとんでもない数字ですね。
これだけの数字である以上、しっかり監理できていないところも多いのでしょう。





就労内容別不法就労事件の推移では、

総数 9,003人に対して、

農業従事者  2,215
建設作業者  1,713
工員     1,410
その他の労務作業者 1,076
ホステス等接客業   482
その他のサービス業従事者 453
その他       1,654

やはりと言ったら失礼ですが、農業、建設業が多い。


稼働場所別不法就労事件の推移を見ると、

茨城県 2,038
千葉県 1,559
東京都 1,187
愛知県  891

率直に言って、茨城県は相当レベルが低いということですね。
東京圏で見れば、埼玉県、神奈川県、群馬県も多く、
予想通り関東圏に集中しています。

ひとえに、最賃を見てわかるように、額面給与が高いから。
この一点で東京近郊が多いのでしょう。


以下は、日本語学校の経営者の方に非朗報の抜粋です。
ご存知の方も老いと思われますが、厳しくなります。


「日本語教育機関の告示基準の策定」
在留資格「留学」に係る日本語教育機関については,民間組織が行った審査結果を参考にして
法務省告示をもって定めていたが,平成22年5月に実施された行政刷新会議ワーキンググルー
プにおいて,その枠組みを定めた入管法施行規則第63条は不明確であり,法的により明確な制度
に改めるべきであるとの指摘を受けていた。これに対応するため,平成28年7月に同規則第63
条の規定を廃止し,上陸基準省令において法務大臣が文部科学大臣の意見を聴いて告示を行う
ことを規定した。併せて,告示の際の判断基準として「日本語教育機関の告示基準」を策定し,
平成29年10月以降に開校する日本語教育機関に適用するとともに,既存の日本語教育機関につ
いては,30年7月末までに同基準への適合を求めることとした。


つまり、日本語学校の新規設立や現状維持は、今までは違ってくるということ、。
建物などの所有者ハードルなどを考えるに、相当辛いのではと考えられます。



「技術・人文知識・国際業務」の在留資格は、
新規入国者数、中長期在留者数共に、中国がダントツ。

特に、新規入国者数は、
中国、ベトナム、韓国、インド、米国、フィリピン、台湾と続く。

そして、 「技能」はなぜか、圧倒的にネパールがダントツ。
カレー屋さんに多くいると思われます。苦笑

さらには、多種多様な違いがある「特定活動」の新規入国者数では、
台湾、韓国、中国と漢字文化圏が続く。


また、「退去を命ぜられた者」については、
韓国、タイ、中国、インドネシア、台湾と続く。




最後に、「外国人在留総合インフォメーションセンター」について。

こちらは、さも入管が取り組んでいるように見えていますが、
実は民間にアウトソースしている模様。

よって、実績次第でもあろうかと思われますが、
こういう情報が集まる業務を抑えると、
ある意味、既得権益にもなりかねません。

以前、コンタクトいただいた方が、取り組んでいらっしゃいました。




数字は、時に残酷なまでに世情を反映します。

一人でも違反者が少なく、不幸な結末を迎える方が減るよう、
それぞれが良心に忠実に、目の前の外国人人財にとって、
どう立ち回るかをちゃんとすれば、大きな数字が変わってくると思います。





無料メール配信サービスのご案内


当業界関連の様々なご案内をご希望の方は、
以下よりご登録ください。


http://www.gaikokujin.link/member/cf/9


なお、もっとコアなコミュニティにご参加を希望される方は、
以下よりどうぞ。

NEXT STAGE
http://www.gaikokujin.link/member/cf/mhz



注:システムの都合上、
  上記「NEXT STAGE」にご参加いただく方は、
  無料メールサービスにご登録いただいた後に、ご参加いただくと、
  その後のサイト閲覧などがスムーズです。
  *メール登録が前後しても、参加の手続きには問題ありません。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

本当に尽きない外国人技能実習制度の問題各種 [技能実習生受入時の本音の問題点]

最近の記事についても、複数名の方々から色々ご意見いただきました。
みなさん、思うところが様々おありのご様子です。

toku1106130101.jpg


昨日は、以下の点について触れてみました。

外国人労働者の犯罪も増え続けていくのでしょう。
http://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/2017-12-12


この点について、ある建設会社の方からのコメントです。

---

たとえば中国の子達だと微信やQQなどのSNSをちょっと開けば
堂々と偽造在留カードの売買や違法アルバイトの情報が
ばんばん乗っていますし、日本で発行している新聞なんかにも
かなり堂々とそんな広告がたくさん載っています。
都内ですと、池袋や上野、新宿あたりに偽造在留カードや在留カードを
1-3万円くらいで売っているところがあります。
技能実習生でちゃんと段取りを踏んで来ていた子も「今より稼げる」とそんな情報や
街角でキャッチのように声をかけてくる悪質ブローカーのところに
ものすごく気軽に連絡を取っていたようです。

また、弊社のように建築関係の場合かなりシビアな元受けも増えてまいりました。
名簿の提出も必須ですし、元受けの監督が現場内で在留カードの提示と
提示されたカードのナンバーの照合をその場でするところもあります。
不法就労者を使っていた企業さん
現場内で入官&警察と大捕り物になったところもありました。


---


介護の技能実習生受入は少しずつ進んでいく
http://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/2017-12-11


こちらについて、ある介護サービス専門業者の方からいただいたコメントです。


のぞみグループさんの件、元技能実習生監理団体職員さんのご心配する話しは共感しています。

この組織及び代表の甘利さんさんの事は、昨年から気になりホームページをよく見ていますが、
今のところよくわからない。が正直なところです。

先週、山口に行ってきました。
よくわかっていない方々が介護の実習生の受け入れに右往左往している感じがしました。

本当に物事を真剣に考えている方々は、どのくらいいるのでしょうか?
私自身もわかっていないのかもしれませんね?

とにかく〇〇さんの考え方は共感でき、
あとは監理団体の職員との実践的な打ち合わせになります。

難しい仕事ですね!


---


許可は出ても、法令順守に問題があると…こうなるでしょう。
http://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/2017-12-08

こちらは、コメント欄にてのお問い合わせでした。


こんにちは。
技能実習生の受入を委託している組合がOTITの管理団体一覧に掲載されていません。
面接を先日、実施済みで、来年4月以降の入国予定ですが、平気なのでしょうか。
by 企業経営者

・・・

お返事ありがとうございます。
気になっていたので、管理団体の責任者に聞いてみます。
その管理団体は休眠している団体を、実質的に法人が買い取って運営を始めて、
まだ1年足らずです。
職員も兼務っぽい感じで3人いるだけで、なかなか返事が来ません。
変えるとしたら、もしかして、いちからやり直しですか。
面倒ですが、これからきちんと技能実習生と向き合っていくには、
正しい団体と付き合っていきたいと思います。
by 企業経営者

…長くなるので、当方の返信は端折りました。
詳しくは当該記事先をご確認くださいませ。


---

万引き事件記事にかみついた人がいました。苦笑
http://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/2017-12-09


こちらの記事から、あるお元気な行政書士の先生からのお話としては、


「所有」の話は法的保護講習でずっとやってます(趣旨とはズレますが)。
4?5年前と比べて「野菜/果物泥棒」「養殖魚泥棒」の話をしても
私の『ギャグ』と受け止められ、少し安心してますが、
30人いれば、1人くらい真顔が…
「文化の違い」で軽蔑されたり、犯罪にならないように導いていかな、と思います

・・・

また、そこから派生した失踪対策のトークとしては、

私の場合は放射能と地下工場です。
怖がるというより、みんな妙に納得しています。
近い人にリアル経験者がいるのか、母国の送出機関に言われてるのか分かりませんが


---


引用させていただいた方々、ありがとうございます。

また、寄宿舎規定の件でも、
2.5㎡→4.5㎡について見落としていた見解が、コミュニティ内でも、
ご指摘いただき、新たに気づきました。


本当に、ありとあらゆるところで、諸問題が発生します。
ヒトのお世話のお仕事なので、120%の保証はどこにもないのですが、
これだけ煩雑かつ多岐にわたる場合、コンプライアンスも120%の遵守は、
見落としてしまう可能性が、特にこの先しばらくは高いようにも思われてなりません。


危惧してきた通りに、ルールの詳細変更や、
見落としてしまったための後出しじゃんけんなどが、本当に増えそうです。
そして、丸投げする方々にとっては、丸投げされる方々との責任のなすりあいも増えそうです。


こういう過渡期を乗り越え生き残ったところに、
さらなる既得権益も根付くことでしょう。


しかしながら、
新制度になったばかりなので、もう数年は命があろうかと思いますが、
これだけ皆さんがご苦労を積み重ねて築き上げた体制であっても、
政府も重い腰を上げつつあるようですので、
制度そのものの廃止、変更や、新たな業界創出なども先々考えられるかもしれません。
せっかく築き上げた既得権益も、変化に対応できなければ、
砂の城と化します。


結局は、応用力の利く経験豊富な人財こそが、
この先、生き残っていくのではないでしょうか。


それは、業者側でも受入側でも同様に。


ある方がおっしゃっていました。

この仕事、面倒だと思ったら辞めたほうがいい。


肝に銘じて、取り組み続けたいと思います。





無料メール配信サービスのご案内


当業界関連の様々なご案内をご希望の方は、
以下よりご登録ください。


http://www.gaikokujin.link/member/cf/9


なお、もっとコアなコミュニティにご参加を希望される方は、
以下よりどうぞ。

NEXT STAGE
http://www.gaikokujin.link/member/cf/mhz



注:システムの都合上、
  上記「NEXT STAGE」にご参加いただく方は、
  無料メールサービスにご登録いただいた後に、ご参加いただくと、
  その後のサイト閲覧などがスムーズです。
  *メール登録が前後しても、参加の手続きには問題ありません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

外国人労働者の犯罪も増え続けていくのでしょう。 [人口減少社会]

誰もが、背に腹は代えられない世の中へと突入しています。
それでも、人は我が身に降りかからねば、所詮他人事…

6zp2wjXMIY8qf4l_WI5MP_11.jpeg


今まで通りの暮らしがいつまでも維持できるものと、
意識すらせずに、今日を暮らしています。

しかしながら、特に経営者の方にとってみれば、正に我が身に降りかかっていること。
今でも、呑気に部下任せのバカボンもいるようですが、
多くの経営者は、大なり小なり、この行く先に戦々恐々としているはずです。

特にここ近年の労働者保護のハードルの上がり具合は、
今までの考え方を根底から変えていけなくては、
先々、それこそリスクを抱えた経営者のメリットはなく、
ボランティアで従業員を食わせるがために、
胃に穴の開くような生活を送り続けねばなりません。


そして、ある意味、頼みの綱の外国人労働者においても、
諸問題の山積により、取り締まりは日を追うごとに強化され、
外国人頼りの経営をしていると、いつか急に足元をすくわれる日が来るやもしれません。


巧妙化する手口 外国人不法就労事件の裏側
Net IB News 2017年12月11日 13:36
http://www.data-max.co.jp/291211_dm1545_2/


読んで、確かになぁと思いました。
特に留学生や派遣の労働力に頼っているところは、
注意する必要があるでしょう。

所詮、労働力が欲しくて仕方ないので、
在留カードは不鮮明なコピーでも取ってさえいれば、
その在留資格や在留期限を確認さえしていれば、
偽造を見破る責任までは求められていませんので、
堂々と労働者として使えることでしょう。

多少怪しくても、書類さえ整っていれば、
あとはちゃんと働いてくれるかどうかだけです。


しかし、それも、こうやって逮捕者が出て、芋づる式にあげられる場合、
急にごっそりと労働者がいなくなり、
その日から工場は回らなくなることすらあります。


さらには、外国人のみならずですが、

特別条項付き36協定の上限超えて違法残業 技能実習使用業者を送検 岩国労基署
労働新聞社 2017.12.11
https://www.rodo.co.jp/column/32807/


今のご時世、残業をたくさんさせてほしいというのは、
外国人労働者以外には、それほどいません。

経営者側にとってみても、願ったりかなったりですが、
人がいないからといって、いいわいいわで続けていると、
これまた刺されて終わります。


実習制度も新制度になって、具体的に刑事罰などの罰則が付与されるようになりました。

書類送検とはいっても、れっきとした犯罪者扱いです。

そして、これは経営者だけでなく、人事担当者も巻き込み事故が及びます。
どれだけストレスがあったとしても、経営者とけんかするくらいの、
自己責任が人事担当者自身にも必要な時代です。


日本人の考え方として、世話になった社長だから、
いつでも順風満帆な経営状態が維持し続けられるとは限らないのだからと、
イリーガルに一時とはいえ目をつぶっていると、
今の時代は牢屋行きとなる可能性があります。


今後、外国人労働者はあの手この手で増々増え、
分母が増える分、分子としての犯罪者も当然多くなります。

それは、上述のようにアクシデント一つで経営がおかしくなる会社が
増えるということです。


今までと、これからは、本当に時代が違います。


切り替えは誰にも必要に迫られていることです。
我が身に降りかかってからでは、手遅れになることが多いと思われます。

自身の人生は自身で守りましょう。

今までと違い、どれだけ貢献してきたとしても、
残念ながら、会社は守ってくれません。
守り切れない世の中です。




無料メール配信サービスのご案内


当業界関連の様々なご案内をご希望の方は、
以下よりご登録ください。


http://www.gaikokujin.link/member/cf/9


なお、もっとコアなコミュニティにご参加を希望される方は、
以下よりどうぞ。

NEXT STAGE
http://www.gaikokujin.link/member/cf/mhz



注:システムの都合上、
  上記「NEXT STAGE」にご参加いただく方は、
  無料メールサービスにご登録いただいた後に、ご参加いただくと、
  その後のサイト閲覧などがスムーズです。
  *メール登録が前後しても、参加の手続きには問題ありません。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

介護の技能実習生受入は少しずつ進んでいく [介護 技能実習生]

介護の外国人技能実習制度活用は、それぞれがそれぞれに、
少しずつ着実に進んでいるようです。

setsuritsu.jpg


のぞみグループ、外国人実習生受け入れ強化
2017/12/8 0:00日本経済新聞 電子版
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24391770X01C17A2L31000/

*上記監理団体をお勧めしているのではなく、
 あくまで一例として取り上げています。

年間約800人を受け入れられる。
2カ月の介護職員初任者研修、日本語研修、生活指導を寮費込みで1人25万円で受託する。

小諸で2カ月間、介護技術や生活指導の集団研修をした後、組合のメンバーの施設に割り振る。

受け入れに必要な許可を10月中旬に国に申請しており、18年秋をめどに第1陣を受け入れる。

8月と10月にインドネシアで実習生希望者を面接し、看護課程卒業生54人を選抜した。




決して否定するものではありません。
むしろ、人手不足だから儲かるとして取り付くブローカーよりも、
介護施設運営事業者自らが取り組むことは、非常に望ましい流れでしょう。

ですが、単純に、54人は1年以上も待機してくれているのでしょうか。
いや、申請しているとのことですが、
はたして許可はスケジュール通りに下りるのでしょうか。
54人が全員N3に合格してくれると考えているのでしょうか。


集合講習を2カ月間行うとのことですが、25万円というコストは、
5年を狙っているそうですが、はたして負担が可能なのでしょうか。
ペイできるものでしょうか。
5年もの期間ともなると、実習生個々の諸事情などによっては、
途中帰国のリスクも高まりますが、受け入れ施設側では、
ペイできるものでしょうか。

いや、選択肢が他にはないとして、好む好まざるを関係なくして、
受入を進めてみるということでしょうか。



『割り振る』とありますが、そもそも受け入れる介護施設の人事責任者が、
当事者意識と責任で人選した子じゃなくても、
ちゃんと最後まで受け入れ責任を果たせるものでしょうか。


ちょっと考えてみただけでも、疑問点やリスクがいくつも出てきます。

無論、120%の保証のない『ヒト』のことなので、
重々ご承知の上で、取り組まれていらっしゃると思いますが、
それでも、様々な視点は頭の片隅になくてはなりません。


そして、それでも、最終的には、やってみないことにはわからないことだらけです。


であるならば、せめてまっとうに取り組む方々にとって、
一人でも多くのwin-winが紡がれることを願ってやみません。



12月1日のOTITの公表で、さらに多数の介護を取り扱う監理団体の
許可が下りていることが判明しました。


諸問題は必ず発生します。
願わくば、大きな事故や事件が多発することなく、
紆余曲折を経てでも、法と受入施設と実習生の三方、
いや、監理団体と送り出し機関の五方に折り合いの付く道が、
整備されますように。




無料メール配信サービスのご案内


当業界関連の様々なご案内をご希望の方は、
以下よりご登録ください。


http://www.gaikokujin.link/member/cf/9


なお、もっとコアなコミュニティにご参加を希望される方は、
以下よりどうぞ。

NEXT STAGE
http://www.gaikokujin.link/member/cf/mhz



注:システムの都合上、
  上記「NEXT STAGE」にご参加いただく方は、
  無料メールサービスにご登録いただいた後に、ご参加いただくと、
  その後のサイト閲覧などがスムーズです。
  *メール登録が前後しても、参加の手続きには問題ありません。



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事

現地面接会の際のお付き合いってどこまで対応されてますか? [余談]

組合職員さんにお聞きしてみたいのですが…
現地へ受け入れ企業の方とともに、面接会に飛んだ際、

l201302181400.jpg


どこまでお付き合いされていますか?

ホテルがご一緒なのは当然でしょう。

不慣れな方の場合、空港待ち合わせにて、
飛行機に乗るところから、飛行機で帰国するまで、
ほぼフルアテンドな場合も多々あることでしょう。


そう、女性の方には平にご容赦願いたいのですが、汗汗汗
夜のお付き合いはどこまでされてます?
(最近、女性のご登録者も多いので少し心配してます)

こういうのも暴露話っぽいと思って、あえて触れてみました。

社長さんにもよると思いますが、
やはり夜の面接会を楽しみにしている方もいらっしゃいます。

良い悪いの議論はここでは棚上げにさせていただいて、
飲むのが好きな方、お店に行くのが好きな方、
色々です。


ぶっちゃけ、日本では到底できない、お泊りコースで、
朝食をティファニーで、なんて方も。


個人的に、お客様でもありますので、
どうこうは言いません。

その時のノリで悪ふざけな会話も盛り上がるものです。


でも、たまに自分だけお買い物するのが気まずい、
みんなでバカしたい、なんて方も少なくないんですね。


そんなとき、親愛なる組合職員の方々は、どう対応されていらっしゃいますか?

私は、当然遊びできているワケもなく、
社長さんたちほどお小遣いも裕福ではないので、
どうやって気分損ねることなく、かわせられるかに終始します。

最悪は、一緒にお買い物したふりをして、
ホテルに戻ったら、お小遣いを少し渡して丁重にお帰り願います。
*当然、お買い上げ前に事前交渉済み。

それでも、それなりに経費にあげられないコストが発生するので、
回数多いと結構大変なんですけどね。


いや、私は日本国内担当で、面接会は専務理事が付き合うとか、
送り出しスタッフに任せっぱなしとか、
色んなケースがあると思います。


他にも、一日観光をセットしたりで、
ご一緒する際に、かかるコストがあります。

ご飯も本音は安く済ませたいのですが、
飲みに行ったり、それなりにおいしい食事のお店に行けば、
やはり高くつきます。
日本とそう変わらない金額のお店も少なくありません。


エアチケットとホテル代を含め、なんだかんだで節約しても、
トータルで15万~20万はかかるでしょう。
*LCCで入りと出を一緒にしなくても良くて、
 なおかつホテルも安宿で別々を可としていただければ、
 うまくすれば10万前後で収まるようにも思いますが、
 なかなかそういう風にはいきません。
 もちろん、送り出し機関が全部持つようなところと
 付き合ったことはないし、出させないので、
 そういうケースは経験がありません。
 国によっては、移動すらタクシー自前でって場合もありますしね。


みなさん、どうされてますか?

一部、申込金から捻出する場合もありますね。
ある意味、その企業専用での渡航であれば当然のご負担願うコストでもありますが。


組合職員によっては、ハマり狂い人生おかしくする人もいるほどに、
免疫がないとリスクが高いほどに、魅力に溺れてしまう方も。

上手にバランス感覚もってお付き合いしたいものです。



無料メール配信サービスのご案内


当業界関連の様々なご案内をご希望の方は、
以下よりご登録ください。


http://www.gaikokujin.link/member/cf/9


なお、もっとコアなコミュニティにご参加を希望される方は、
以下よりどうぞ。

NEXT STAGE
http://www.gaikokujin.link/member/cf/mhz



注:システムの都合上、
  上記「NEXT STAGE」にご参加いただく方は、
  無料メールサービスにご登録いただいた後に、ご参加いただくと、
  その後のサイト閲覧などがスムーズです。
  *メール登録が前後しても、参加の手続きには問題ありません。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

万引き事件記事にかみついた人がいました。苦笑 [従業員側の問題]

先日の万引き事件記事を見て、給料をちゃんと支払っていないからだと指摘される方がいました。
木を見て森を全否定する方が、まだまだいらっしゃるんだなぁと。

main_report_img.jpg


だから、「こいつはクソだ」ですって。

腹が立つと同時に、かわいそうにも思いました。

見も知らない他人を平気でののしることができる人って、
本当にどういう精神構造をしているんでしょうね。
やはりネットの匿名性のマイナス面でしょうか。


おそらくは、リアルであまり評価されない日々を過ごしていらっしゃるのでしょう。
もしくは、お金を稼げず、困窮した生活を送っていて、
自身は悪くない、社会が、会社が悪いんだと、
リアルでは言えない憂さ晴らしを、ネットで吐き出しているんでしょうか。

そして、特に残念に思うのは、他人を攻撃すること。
いじめられている人は、より弱い人(モノ)をみつけて、虐待する。


実は、万引き事件が起きた時の実習生(当時研修生)受け入れ先企業は、
カンブリア宮殿にでも出るような、地元では有名な方です。

今は少し疎遠になっているので定かではありませんが、
当時はサービス業的な事業部もあって、
その企業のパート募集は、日本人でも地元の求人で最低賃金からの募集でした。

しかし、評価方法が明確で、
時給は能力や貢献度合いによってちゃんと上昇していきます。


地元からの評判も良く、人望厚い社長さんが率いる会社です。


給料の支払いが悪いなんてことも一切なく、
帰国時には、よくあることですが、
みんな継続して働きたいと言っていたほどでした。


それもこれも十把一絡げに見られてしまうのは、
低賃金、長時間強制労働、安全衛生面のケアもなく、
生活レベルも常識外の整備しかない状態で、
受け入れる企業、またそれを知って送り込む悪質ブローカーが
蔓延っていたからだと思われます。

*この方にとっては、外国人に自身の仕事も奪われてしまうというリスクを
 恐れていたのかもしれませんが。



法律さえ許せば、同業界での母国での独立を目指す若者支援にも力を入れている
企業さんでさえ起きる万引き事件。


誓って言いますが、少なくとも、配属時という入り口の時点で、
日本のモノにはすべて所有者がいると思い、勝手に持っていくのは泥棒という犯罪だと、
口を酸っぱく指導していたにもかかわらず、
起きてしまう万引き事件。

注:どの会社でも、どの実習生にも起きることではありません。
  ちなみに、私が受け入れに関与してきた企業の中では、
  この企業の実習生のみです。

確か、この子たちにも当時確認しましたが、
どうしようもないほどに困るほどの借金額面での来日ではありませんでした。
*母国でのことは、真偽の確かめようもないのですが。

ある意味、日本人にも数多くいますね。
特に飲食店など、現金を触る機会がある職場では、
必ずと言っていいほど。
もしくは、従業員の更衣室などのロッカーでも。

同じく困窮しているか病気の方でしょうけど、
この場合も、給料がちゃんと支払われていないからなんでしょうかね。



天に向けて唾を吐くと、自身に返ってきます。

他人様のフリ見て我がフリ直すよう、努めてまいりたいと思います。





無料メール配信サービスのご案内


当業界関連の様々なご案内をご希望の方は、
以下よりご登録ください。


http://www.gaikokujin.link/member/cf/9


なお、もっとコアなコミュニティにご参加を希望される方は、
以下よりどうぞ。

NEXT STAGE
http://www.gaikokujin.link/member/cf/mhz



注:システムの都合上、
  上記「NEXT STAGE」にご参加いただく方は、
  無料メールサービスにご登録いただいた後に、ご参加いただくと、
  その後のサイト閲覧などがスムーズです。
  *メール登録が前後しても、参加の手続きには問題ありません。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

許可は出ても、法令順守に問題があると…こうなるでしょう。 [未だにルールを無視する企業と業者]

11月1日に続いて、12月1日に許可組合の更新がなされ、
これで毎月月初あたりに、順次更新されていく流れかと思われますね。

CNnY7GHUsAATRfT.png


おそらくは、書類さえ整っていれば、
事前の訪問調査もそれなりに乗り越えられたなら、
順次何の問題もなく、許可は下りていくことでしょう。

注:当方には、訪問調査の際に、いろいろ厳しくチェックされたなど、
  違う情報も入ってきていますので、ご注意くださいね。


そう、許可を取るのは決してゴールではありません。
あくまでも、スタートラインに立てたというだけです。


実際に、新制度の実習計画認定が下りて、
順次新制度組の実習生が入国してきます。

同時に、少し落ち着いてきた外国人技能実習機構(OTIT)にも、
人的ゆとりができると同時に、取り締まり訪問が増えていくのではないでしょうか。

ナメていると、痛い目を見ます。
知らなかった…では、済むはずもありません。


ご存知ですか?
派遣会社が受ける改善命令は公表されています。

派遣元事業主に対する労働者派遣事業停止命令
及び労働者派遣事業改善命令
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11654000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu-Jukyuchouseijigyouka/0000166406_3.pdf


↑は一例です。
都度都度厚労省の報道資料にて公表されています。

OTITのHPにも、同じく、違反先の告知ページがあります。

法令違反など分かり次第、順次公表されるでしょうし、
改善命令が実行され、具体的に改善がなされていることが立証できるまでは、
違反組合、違反企業として露出され続けるでしょう。

さらには、3年?5年?OTITに代わってからは何年とかわかりませんが、
どれだけ受け入れ停止を食らうかはわかりません。
*改善命令の改善が立証され、解除されてから〇年って期間です。


労務上の違反の場合、ハローワークへの求人募集すら拒否されかねません。
今後は、関連して、民間の各種求人媒体にも拒絶される可能性も。


当然、監理団体、受け入れ企業、ともに申請書類に名前が出ている各人においては、
これまた転職しようが、名前は使えない人材になります。


最後に、新制度移行では刑事罰すらあります。
前科者です。



監理団体の『監理責任』は本当に重大です。
何年選手でも、初心者でも、プロはプロ。
組合として、とっても取り切れない責任になります。


受け入れ企業側にしても、知らなかった、業者が悪い、
そんなことを、いくら言っても、新制度で踏み絵をそれぞれ踏んでいる以上、
知らぬ存ぜぬが通用するはずもない。


まぁ、お互いが当事者責任でしかないということですね。



特に、入り口、1号実習計画認定申請の書類が、
すべてのスタート地点です。

ここでボタンの掛け違いがあると、最後の最後まで、延々と続きます。


改めて、許可が下りたとほっと一息はともかくも、
一息ついた後は、冷静かつ微に入り際にわたって、
十分注意をして書類作成に励みましょう。


実は、自身に言い聞かせているだけなんですけどね。(;^_^A




無料メール配信サービスのご案内


当業界関連の様々なご案内をご希望の方は、
以下よりご登録ください。


http://www.gaikokujin.link/member/cf/9


なお、もっとコアなコミュニティにご参加を希望される方は、
以下よりどうぞ。

NEXT STAGE
http://www.gaikokujin.link/member/cf/mhz



注:システムの都合上、
  上記「NEXT STAGE」にご参加いただく方は、
  無料メールサービスにご登録いただいた後に、ご参加いただくと、
  その後のサイト閲覧などがスムーズです。
  *メール登録が前後しても、参加の手続きには問題ありません。

nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:仕事

笑い話とも言えない実習生の性事情 [技能実習生受入時の本音の問題点]

話としては笑い話でもありますが、当の本人にとってみれば、
死活問題ですらあることでしょう。苦笑

20151011094949.jpg


先日、懇意に頂いている方とチャットワークで、
+2年のお話をしていました。


+2年のベトナム側の手数料相場までは私にはわからなかったんですが、
そこから派生して、+2年の受け入れが増えそうかどうかについて、
話が弾みました。



受け入れ企業側の考え方としたら、
+2年を最賃のままで雇用継続できるはずもなく、
どれだけ給料を上げて、+2年を雇用するのか。

はたまた、ほぼほぼ単純労働力補填としての安定労働者としての
位置付けが強いとすれば、その需要への供給当て込みだけであれば、
+2年を選択するより、3年を入れ代わり立ち代わりで良しとすべきでしょう。

また、最賃以上の人件費コストをかけてまでも、
単純労働以上の、実習生に任せられる業務があるのかどうか。



そして、日本にいる私たちには、気遣いが及ばないことが多い、
実習生側の事情。



実習生のほとんどは、20代。
それも前半から半ばが多い。


その年ごろ、思春期真っただ中において、
異性を意識しないはずがない。


女性に至っては、婚期を逃すことすら考えられます。
まして、母国の親の心配は相当でしょう。

日本のように晩婚化であるはずもありません。


そして…当時、よくこう怒ったこともあります。

君たちは、

『お金を稼ぎに来たのか』
それとも
『男を探しに来たのか』

と。


3年いるだけでも、受け入れ企業側の若い日本人男性の中には、
恋愛経験も少ない、ハシカのようにドツボにはまる男性もいます。

そうなると、大変です。

恋愛を止めることは、親にも送り出し機関にも監理団体にも受け入れ企業にも、
お役所にも、誰にも止める権利はなく、
邪魔もできません。


まさか、子供までできてしまうと、実習どころの騒ぎではなくなります。


女性は女性でそれなりに色々気を回させられます。

それが、5年(+2年)なんて、どう思います?



さらには、男の子の場合。

女性にはある意味大変失礼ながら、
若い男の子のリビドーは到底抑えきれるものではない場合があります。

今でこそインターネットで様々ありますが、
日本人よりよほど原始的に本能に忠実に生きてきた、
近視眼的な実習生に、どこまでの自制心があるか。

それが、5年ですよ。


女の子と違って、よほどのことでもない限り、
日本の女の子がなびくはずもありません。



以上のことから、+2年の需要については、
受け入れ企業側と、実習生側、双方の事情により、
それほどには増えないのではないかとの憶測となりました。


みなさんも薄々想像に難くないと思います。
でも、事情はそれぞれなので、一定数は+2年組が増えるでしょう。


その際は、上述の気遣いを、頭の片隅に置いておくとよろしいかと思われます。

ご参考まで。





無料メール配信サービスのご案内


当業界関連の様々なご案内をご希望の方は、
以下よりご登録ください。


http://www.gaikokujin.link/member/cf/9


なお、もっとコアなコミュニティにご参加を希望される方は、
以下よりどうぞ。

NEXT STAGE
http://www.gaikokujin.link/member/cf/mhz



注:システムの都合上、
  上記「NEXT STAGE」にご参加いただく方は、
  無料メールサービスにご登録いただいた後に、ご参加いただくと、
  その後のサイト閲覧などがスムーズです。
  *メール登録が前後しても、参加の手続きには問題ありません。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

最近の人手不足への受け入れ企業側の考え方 [経営者や企業のレベルの問題]

本当に様々な受け入れ企業があります。
新制度対応をされている方々も毎日大変でしょう。

images.png


今まで受け入れを継続してきた先が言い出すことは、
二種類あろうかと。

*お上の悪口は当然としておいておきます。


一つ目は、監理費の額面について。
当然、できるだけ安くしておいてほしい。

おそらくは、監理費は値上げが進むか、
同業他団体を意識して据え置き様子を見るか。

ちなみに私は、絶対合わなくなる=今まで以上に様々労力をかけるため、
少しの値上げをお願いしています。

大変手前味噌ですが、入り口の申請資料の準備量と煩雑さだけでも、
就業規則の見直しフォローだけでも、十分ご理解はいただけますし、
それだけのグリップはできていてしかるべきでしょう。
*でも、このタイミングだけでしょうか。苦笑

でないと、受け入れ企業を『監理』できなくなります。
*でも受け入れ当初は偉そう言えないですけどね~
 いくつものトラブルを共に何度も乗り越えてくると、
 戦友に近い関係になりますよね。苦笑



二つ目、どうやっても今以上に人手不足は進むしかないのだから、
お役所がどんなハードルを越えて雇用とも、
最初だけ面倒だけど、その後はルーティンになるだけだから、
受け入れを進めてほしいと。


計画認定申請費用が一人頭3,900円かかろうが、
責任者講習を受けなきゃいけなくても、
他にコストが多少なりともかかったとしても、

月に慣らして24、25万程度の総額コストで、
ほぼほぼ来てくれるのは、何物にも代えがたい。

日本人もたまには雇えるが、続くためしがない。
企業努力にも限界がある。


旧制度時からと、同じ判断です。


本当に実習生も頑張って働いてくれますから、
その寄せる信頼は、体感していればいるほど、
上手に大切に使おうという姿勢や考え方になっていきます。


正に、低賃金だの奴隷労働だのではなく、
『安定的な労働力』として。


受け入れが続く先は、どんどんこの感覚が、
ブラッシュアップされ、バランス感覚が養われていくように思います。

むしろ、受け入れが浅い企業ほど、
受け入れをしたことがない企業ほど、
自身がそこそこ身勝手な一方的な意見を言っていることに、
気がつけない方も少なくありません。



そういう意味では、ある意味、国際感覚のある企業とは、
規模の大小ではないと思います。


貴社では、いかがお考えですか?






無料メール配信サービスのご案内


当業界関連の様々なご案内をご希望の方は、
以下よりご登録ください。


http://www.gaikokujin.link/member/cf/9


なお、もっとコアなコミュニティにご参加を希望される方は、
以下よりどうぞ。

NEXT STAGE
http://www.gaikokujin.link/member/cf/mhz



注:システムの都合上、
  上記「NEXT STAGE」にご参加いただく方は、
  無料メールサービスにご登録いただいた後に、ご参加いただくと、
  その後のサイト閲覧などがスムーズです。
  *メール登録が前後しても、参加の手続きには問題ありません。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | -
2017年11月 |2017年12月 |- ブログトップ
アルバイト求人情報サイト