So-net無料ブログ作成
海外が見習いたい日本企業のノウハウ ブログトップ

理想的な外国人技能実習制度の活用方法とは?! [海外が見習いたい日本企業のノウハウ]

外国人技能実習制度の趣旨は、人材育成を通して、国際貢献、国際協力が
基本です。

ただし、受入企業側から見た現実は、労働力確保が入口となっていることは、
周知の事実です。

そして、監理団体も、ただただ『労働力確保』で終わる提案しかしていません。

他にあるのは、

社内活性化。
若い仲間が新たに増えることによって、社内の空気が変わり、
特に実習生と同様の業務に就く日本人スタッフの生産効率まで上がる。

なんてことは、よくあるお話です。


2014070700056_3.jpg


しかし、あくまでも労働力確保。


でも、せっかく3年いてくれて、ゼロから覚えてくれる仕事の中には、
単純作業だけではなく、会社の方針や日本企業のまた、
日本人の仕事に取り組む姿勢やチームワークなど、
目に見えない部分もかなりあります。


3年かけて、社長に怒られつつも、スタッフとして、いや人として成長していきます。

そんな手塩にかけて育てた実習生を、ルールだからと帰国させる。

これって、本当にもったいなくないですか?



かたや、人口減少が加速する日本。
ご承知の通り、閉鎖的な移民難民を拒絶する国では、
外国人財の受入に政府も舵を切りつつあるも、
このスピード感では遅きに失して、手遅れになりつつあります。


≒日本のほとんどの市場が縮小していくため、
今の仕事が、売上が永遠に続くワケがありません。

こちらも気づいた時には、時すでに遅し。


G20が開催された中国での首脳宣言然り、
閉鎖的な保護主義阻止の宣言がありました。

英国のEU離脱の決定後に、離脱のリスクのほうが高く、
衰退の一途をたどることが、様々なニュースで取り上げられています。

米国の次期大統領選では、トランプ氏の排他的な発言が、
一部を除き、本当に政治を動かしている方々にとっては、
鼻にもかけてもらえていません。

TPPなどの動きも止まらず、世界とのハードルは下がるばかりです。


日本は、日本人は、日本企業は、おかげさまで
自国内で完結する事業にて内需が十分であったため、
他国との積極的な交わりを必要としないことが多かったわけですが、

それも先が見えてしまっている今、座して死を待つわけにはいかないと、
それぞれが独自で動いています。



・・・海外への進出って、そんなにハードルが高いのでしょうか。

今までと違い、情報格差も少なく、先人たちが様々な失敗をしてくれているおかげで、
何かしらの道標が、そこかしこにあります。

進出する企業も、進出を支援する企業も、毎年増え続けています。



貴社では、実習生を受け入れています。

3年たって、信用できる子に育て、能力の如何はあっても、
御社独自の水先案内人≒現地スタッフはゼロではないワケです。

もっと言えば、選考の時点から、今までとは違う、もっと優秀な人財を、
実習生として招聘し、3年仕込めば良いワケです。


監理団体も、もっと有効に使うべきです。

監理団体は組合であり、組合は、組合員のために協力することが
本筋ですから、送り出し機関というその国の政府公認企業のパイプを使って、
市場調査や通訳ガイドなど手伝わせればよい。

費用は掛かっても、独自で頼むよりは、
送り出し機関へも管理費を支払っている『お客』として、
依頼するほうが、よほど信用がおけると思います。



事業は一人ではできないことが多い。

そんな中で、貴重な人財を採用し、育て、求心力を発揮させ、
他国への事業拡大の一歩として、3年実習終了後も、
受入企業と卒業した実習生にとってもwin-winとなる選択肢って、
有ってもよいと思いませんか。




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

外国人技能実習生が見習うべき日本の姿勢、こういう点こそ実習習得すべき! [海外が見習いたい日本企業のノウハウ]

熊本、大分の震災に際し、かつての東日本大震災同様に、
世界が、あの中国でさえも賞賛してやまない、
世界に誇る日本人の人間性が、また垣間見えました。


ダウンロード (1).jpg

災害時においても高い民度「日本人は本当に恐ろしい民族だ」=中国
livedoor news 2016年4月26日 14時13分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/11458276/


個人的な主観ですが、NOと言えない日本人など揶揄されるように、
そもそも日本人には相手を慮ることの性質が強い民族です。

こう言ったら相手がイヤな思いをするだろうからと、
その場では正反対な表現をする。

答えを先送りしているだけのことと思いもしますが、
人間関係を円滑にする手法の一つであることも
また事実のようです。

そんな国民性が、このような震災時には、
非常に良い方に展開するのかなと。


ビジネスでは、舐められることもありそうですので、一概には言えないですけどね。


そう、何が言いたいかと言うと、
仲間と共に協力して期限内に仕事の結果を出すためには、
我が身のワガママばかり言うのではないのは当然に、
上司や同僚とのコミュニケーションを図り、
皆がいかに相手のことを考えて業務に取り組んでいるのか。
「カイゼン」や、トヨタのかんばん方式、3S、4Sは、ナゼ大事なのか、徹底されているのか、

そういったことを、労働に対する対価をいただきながら、
是非とも習得していただきたい。

その飽くなき追求から、日本の様々な技術は産み出されていることを、
肌で感じられる貴重な体験に価値を見出して欲しい。


綺麗事は、明日食べるお金に困っている人には
なかなか届かないことは百も承知の上ですが、
機会のある度に、伝えていきたいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

外国人技能実習生が実習にて本当に修得できるものとは?! [海外が見習いたい日本企業のノウハウ]

外国人技能実習制度の目的は、

『人材育成・国際貢献、国際協力』

であります。


先進国である日本の技術を実習という形式で、修得し、
母国に持ち帰って、その産業の発展に寄与する人材の育成を図るとしています。



実際にはどうなのでしょうか。


ご承知の通り、出稼ぎであり、安定(低賃金ではない)労働力です。



でも、実習生は、実際に、お金を稼いで帰るだけなのでしょうか?



日本の技術を習得するといいつつ、まず本人たちには、
あまり真剣に考えて意識しているものはいません。

そして、いても、その修得できた技術は、母国で同じように活かせるとは限りません。

なぜならば、日本と同じ機械は、母国にはないから。

母国の経営者が、実習生が修得してきた技術を活かす仕組みやメリットが見えないから。


そう、机上の空論でしかない結果が現実です。



でも、はたして本当にお金が稼げることだけが、実習生の享受するメリットなのでしょうか?





外国人技能実習生が実習にて本当に修得できるものとは、


まずもって、『日本語』です。


これは実習生により出来、不出来は確かにありますが、
帰国後に活かせるかわからない技術よりも、
『日本語が話せる』という技術がイチバン有効です。

よく言われる話が、給料が割高な日系企業に就職できる。

日本人相手に、お土産屋から観光ガイド、送り出し機関スタッフなど、
様々ビジネスチャンスがある。

『日本語がわからない』人材と、『日本語がわかり話せる』人財とでは、
働き口の選択肢が違ってきます。



そして、もう一つは、『文化、考え方』です。

社会でちゃんと働いたことがない子供たちが多い実習生。
同僚と共に『働く』ということ、『仕事』をして『給料』をもらうという意味を
体で理解できます。

つまり、1時間に100個作るから、それに見合った報酬が発生する。
1時間に100個作れないのは、仕事をしたと認められない、
給料に見合う責任を果たせていない。

働く日々の中で、様々な問題に直面し、それを同僚や、監理団体職員と共に
乗り越えていく、理解していく、成長していくことは、
プライスレスな付加価値ではないでしょうか。

しかも、それを日本で身に付けられる。

イメージが湧かないかもしれませんが、そんなレベルの実習生には、
そういった付加価値を学べる機会は、母国では早々ないことと思われます。


そして、正に日本の企業で3年間まっとうに『働く』ことを覚えた、
日本の常識を理解できる人財であれば、よけいにどの国の企業でも、
立派にその『責任』を果たすよう、『働く』ことができることでしょう。
それは、定職、定着という結果をもたらす可能性が高い。

いや、周りを見れば、リーダーとさえなれる器と、さらなる成長が考えられます。



こういった目に見えない、抽象的な能力は、良い経験でしか身に付けることはなかなかできません。

こういうところから、近視眼のみならず、将来や周りを含めた計画的な考え方を
自然と身に付け、自己の成長へと自助努力する人財へと昇華していってくれたなら、

正に実習にて修得できた、真に付加価値のある人財育成であり、民間レベルの
国際貢献そのものです。


どうせならば、上手にこのレベルまでの成長を見込めるよう、
様々なタイミングで気付きを与えていければと思います。



アナタはどう思いますか?







nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

競争熱く・・・当たり前すぎることですが、これこそ日本企業の底力。 [海外が見習いたい日本企業のノウハウ]

最近よく海外進出セミナーなどで言われています。

海外の企業が改めて日本企業の底力ノウハウを身につけたがっていると。

しかしながら、国民性や今までの歴史そのものが、それを容易には許しません。

だからこそ、日本に見習いたい、教えてもらいたい。


中国はもちろん、今はベトナム辺りでも、

やっと事業に対する目の前だけじゃない視点を

持てるようになりつつあります。


IMG_20150324_073253.jpg


画像の記事にあるような競争があってこそ、

日本企業も長年の切磋琢磨の末にこそ辿り着いた今があり、

なおかつ未だその途中と思えることで、改善、発展に終わりがないことを

経験で体得していることこそが、海外企業が盗むことが不可能であり、

頭を下げて学ぶ価値があり、その価値を理解し始めたということではないでしょうか。


またこんな例もあります。

例えば建物。

目の前の建設コストをただ安く上げようとわずが数年での回収しか考えられなかったことが、

減価償却による10年20年スパンを見越したほうが実はトータルで経済的。

特に建設系は崩れない橋梁強度計算とその実際の建設などは、

正に日本も経てきた発展の途中であり、適当に作ることで許されるはずもない

大事故、大事件につながるため、よけいに必要とされています。


日本では特に製造業では5Sは今や当たり前。

ステージの大小問わず、トライアンドエラーには、PDCAを回しながら

最適解を求め続けます。

東南アジア各国では、正にこのようなステージに入りつつあり、

今後益々、日本の企業の底力が求められています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
海外が見習いたい日本企業のノウハウ ブログトップ
アルバイト求人情報サイト