So-net無料ブログ作成
検索選択
従業員側の問題 ブログトップ

外国人技能実習生と共産党(労働組合、ユニオン) [従業員側の問題]

昨日の記事にも、あるルポ記事のリンク先をコメントにお寄せいただきました。

ニュースを検索すれば、また違法残業などの労基違反が多いと
報道されているようです。

特に個人的に大好きなK議長率いる労働組合連合の方の記事もありました。


2016082404_01_1.jpg

違法残業、人権侵害を告発
岐阜・外国人実習生 労組、国に是正要請
畑野・清水・本村衆院議員が同席
しんぶん赤旗 2016年8月24日(水)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-24/2016082404_01_1.html

残業300円とは悪い奴らですね!
徹底的に叩き潰しましょう!!

悪質に労働力を搾取している企業から、被害者を救済しなければ!


某ブログではそういう運動を一生懸命にされていらして、
誠に社会的意義のある団体様だと、いつも強く感銘を受けています。


何度か私もコメントさせていただいておりますが、
懸命な方々には、ぜひとも報道などの一面だけを見て、

全てが悪い、悪制だ、と思い込むことは、ご容赦願いたいと心から願っております。



私がお伝えしたいことは、
企業側が悪いばかりが問題ではない、という視点も
必ず持ち合わせていて欲しいということです。


日本人にも増えていますが、
ちょっとしたことでも、やれセクハラだ、やれパワハラだ、
会社が、上司が、同僚が怖くて、
出勤すると体が震えてしまう。。。

なんて方がたくさんいらっしゃるようです。


今の時代、労働者保護、実習生保護の観点から、
ごね得が横行しています。


共産党の方々や、私の愛してやまない方々も、
はたまた売名行為の弁護士ですらも、
事情を聴取するのは、一方的な労働者側からだけ。


本気で問題を解決しようとするならば、
双方の意見を確認し、互いに非を認め反省し、しかるべく対処することでのみ、
話し合うことでしか、解決はないと思います。





こういう問題が起きる背景には、
会社側の問題が大きい場合もありますが、
実は従業員側にも問題があることは、
決して報道されません。


他のスタッフと比べ、半分以下の作業量であり作業能率であるにもかかわらず、
自分は一生懸命やっている、などと平気でのたまう、

会社には残業代が支払われていないと、
大きな声で訴える方に限って、遅刻が多い、業務指示に従わない、
言い訳が多い、


結果、出来ない人には、ご自身でご理解いただき、
お辞めいただくのが当然のことですが、

自身は落ち度がないと思っているので、
当然と権利を主張し続ける。


周りで本当に一生懸命に頑張っている、他のスタッフのことを考えれば、
会社は公平に判断するしかありません。

でないと、もともに頑張っているスタッフが、嫌気がさしてしまいます。


労働に対して報酬という対価を支払う。

この当然の理屈に、自分の一方的な心証だけで訴えてくる者が
お金をせびることを許容する社会。


共産党の大先生の方々も、
労働組合連合の方々も、

法律ではカバーできない、常識の視点を持ち合わせて、
公平にジャッジされているならば、
一般的にもっと受け入れられていることでしょう。
政権奪取だって非現実的ではないと思います。



日本人も、実習生も、こういう方々を頼りに、
争うのも結構ですが、

また他にいっても、母国に帰っても、
どこでも同じことを繰り返すことがほとんどです。


力のない庶民である我々に唯一できることがあるとするならば、
なるべく早い段階で、これらの要因を排除することを心がけるのみです。



余談

残業300円なんてことでしか、縫製業界での受入は難しいほどに
人件費に予算をかけられない現実があるようです。

当事者の方々には、誠に申し上げにくいのですが、
よほどの経営戦略の見直しを実現できなくては、
会社整理しか道はないと思いますし、
実習生業界としては、受入をご遠慮願いたいと思うばかりです。







低賃金は外国人の問題だけではない! [従業員側の問題]

低賃金を嘆き、生活がままならないと苦しい思いをしている人たちが、
なんだかごまんといるような気がします。

自動車整備士の給料が、少し前に騒ぎになった保育士や図書館員と同じレベルとのこと。

「7年目で手取り11万円」給与明細が大反響 自動車整備士、国家資格で「この待遇?」
J-CASTニュース 5月30日(月)20時12分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160530-00000007-jct-soci


mig.jpg


こういう時、いつも考えてしまいます。

確かに、以前(10年、20年前)は、
仕事ができなくても、それなりの給料をもらえて、
会社もそれで回っていました。

ある意味、ぶら下がりリーマンも、いる意味があったようにも思います。

それだけ、仕事があったから。

そして、会社もまだ潤っていたから。



ところが、今は全く違う。

なぜならば、仕事(売上)がない(少ない)から。


入ってくるお金が少なくなれば、必然的に減らせるところを減らすでしょう。

その減り方も顕著ですから、人件費にまで手を付けざるを得ません。


経営陣は、会社がこけたら元も子もありません。

当然、会社を維持すべく、リストラや、全員減給となっていきます。


そんな緩やかな変化を、緩慢に他人事のように過ごしてきている方々にとってこそ、
こういう事態になって対応できず、どうして昔はそれなりにもらえていたのに、
会社がズルい、ブラックだ、ウンヌンカンヌンと、
自らのことは棚に上げて騒ぎ出す。


それだけの社会が認める付加価値のある人材であるならば、
そんな評価しかできない会社に、とっとと見切りをつけて、
もっと適切な評価をしてくれる会社に移るなり、
自ら起業するなりすればいいのに。


そういう時だけ、自分はそういうタイプではないから。。。


・・・なんてことをツラツラ考えてしまいます。



そう、こういう時代の変化に対応できないまま、
「ナゼか」低賃金で働かされていて、世の中おかしいと思う方々が、
増えているように思います。



企業も生き残りに必死でしょうから、
こういう日本人よりも、まだ素直に頑張って働いてくれる外国人に
頼る選択肢を選ぶ企業が増え続けるのも、当然です。


実習生にも、もちろん小さくない問題も少なくありませんが、
それでも、日本人よりはよっぽどマシなのでしょう。


自らの成長にどん欲になりつつ、国籍を問わず人財について、
『ありがとう』と言っていただける人間に成長できるよう
心がけて邁進したいと思います。


自身にとっても、いつ手取り10万円になるか、
わからない世の中ですからね。











技能実習生のトラブル、具体例 [従業員側の問題]

外国人技能実習生は、文化も社会も法律も、生まれも育ちも常識も違うため、
様々トラブルが発生します。


先日、実習生から相談の連絡がありました。

うまく話せないながらも、困ってる様子が伝わったため、
facebookのmessengerで文字で相談してご覧と伝えたところ、
メッセージが届きました。


バカバカ言われる。。。

労働時間に問題がある。


そんな感じのコメントでしたので、早々に寮に通訳さんと訪問します。
*初動の迅速な対応は、問題を小さくします。


色々聞き出すと、どうやら同僚の日本人に問題が見えてきました。


sp_140711.jpg


どうしてそんなこともわからないんだ、とばかりに、怒鳴る。

『バカ、それくらい覚えろっ!』


愚痴ばかりこぼす。

その上司は、面倒くさいとか、あそこが痛いココが痛いなど、
周りがやる気をそがれるから言うな、と日本人も実習生も
指導されているにも関わらず。


あげく、自分のミスは棚に上げ、実習生に厳しくあたる。

その会社では、同行している日本人従業員が
一日の労働時間数をチェックしサインしてくれるシステムとなっているのですが、
サインしてあげない。



一瞬、相談があった時には、
バカバカ言われてしまうのには、ワケがあるのではないか。
実習生がワガママを言っているのではないか。


との可能性も考えましたが、ちゃんと話を聞いてあげると、
この日本人が悪い点が見えてくるのです。
実は、その人間は、他の日本人の同僚にも煙たがられていることもわかりました。


そして、今回、実習生の子たちも、自分の気持ちだけ一方的に話す子ではなく、
相手の気持ちも少しは理解できる子たちでしたので、
よけいに、日本人の問題点がくっきりと浮かび上がってきました。


結論からしたら、その日本人に上司から注意を促していただき、
実習生から同じクレームが届くようでは、最悪、実習継続不可能となるリスクを
説明し、対処願います。



このようなトラブル発生時には、
一概に、どちらが悪いと言えない場合もありますし、
実習生が悪い場合もあります。


実習生にも受入企業にも、双方にちゃんと耳を傾け、
公平にジャッジし、双方に指導、助言し、トラブル対処をするのが、
監理団体の仕事です。


特に、『公平に』しないと、後でとんでもないしっぺ返しがきます。


そして、全てがそうだはとても言えませんが、
人と人とのコミュニケーションのキャッチボールができる実習生であれば、
ちゃんと解決できます。


貴社の実習生はどんなトラブルがありましたか?


それはちゃんと自社、ないし監理団体の対応にて解決できていますか?
















日本人より外国人のほうが使える?!(昨日の続き) [従業員側の問題]

昨日の投稿に、通りすがりの日本人の方に、
手厳しいご意見をいただきました。


 悪意に満ちた投稿ですよね。(笑)

 どうして日本人が応募してこないかって、人間をロボットや奴隷として扱う企業が多いからですよ。
 あ、東スポからの転載だからしょうがないか・・・・。
 by 通りすがりの日本人 (2015-12-23 07:27)


black2.jpg


昨日の視点が全てではないことは、当ブログをご覧いただいていらっしゃる方には、
多少なりともご承知おきいただけていれば、ありがたい限りなのですが、
お伝えしたいことは、決して企業側の視点のみではないことをご理解願えればと思います。



i320.jpg



そう、人間をロボットや奴隷として扱う企業には、
日本人、外国人問わず、従業員を雇用する資格もありませんし、
そもそも先は長くないでしょう。

遅かれ早かれ、潰れるべくして倒産しますから、ご安心ください。


そんな悪質な企業に関わっている時間も労力も気分も、もったいないから、
とっとと違う素敵な企業に移りましょう。


そして、自分が望むべくした労働条件と従事する業務内容が見つけられない人は、
起業するのがイチバンです。

自分の好きな仕事に自由に取り組めて、全て自己責任かつ全て自己の利益。
こんなに理想的な職場は他にはありません。


誰もが起業し社長になれます、起業するだけならば。
社会保険(国民健康保険)も厚生年金(国民年金)も延滞して
自分が年老いた際に年金支給があるかどうかわからなくなるも、
事業の消費税を納められずして訴えられるのも、
雇用保険がなく、事業に失敗しても失業手当などがもらえないのも、
通勤途中で事故して労災が降りないのも、
マイホームローンを組もうとしても、ローンの審査が通らないのも、
先々の見通しが立たないのも、
事業を起こすだけでも国からあれもこれも税金を納めよと言われ、
知らなかったで通らないのも、全て全て自己責任です。



あれもこれもイヤ、会社の待遇もイヤ、では通らないのが世の中です。

じゃあといって不正をしたら、捕まるのが世の中です。



そういう時代なんです、今は。



今までがそうだったからといって、この先も当たり前のように同じ環境が
何の苦労もなく目の前に提供してもらえると思っていらっしゃるワケではないと思います。
少なくとも、普通の感覚を持った常識のある大人な日本人でしたら
理解に苦しむことはないと思います。。。



誰かのせいにしても、自分の人生は誰も責任とってくれません。


自分の選択と実行以外に、自分の未来はありません。



誰もが一晩寝たらスーパーマンになれるワケではありません。


だからみんな必死に今を生き、日々成長を目指し、
目の前のことに一生懸命取り組み続けているんです。

アナタより低レベルの生活をして、頑張って必死に生きている人は、
世の中に、ごまんといます。



使える人財は、日本人でも外国人でも重宝され、
使えない人材は、日本人でも外国人でもクビになります。



人はモノでは決してありませんが、
Aスーパーのトマト100円より、
Bスーパーのトマト99円に、
主婦はお買い物に出かけます。


人財も広い意味で同様です。

もう一度言います。

決して奴隷やロボットのように扱う企業は、潰れて当然ですし、
即刻辞めるべきでしょう。



ただし、自分の付加価値を社会に認めさせれば、
=必要とされる人財であれば、
食いっぱぐれはないのも、また事実です。
*あくまで自己評価ではなく、他人が、会社が、社会が認めざるを得ないほどの評価です。


企業に食い物にされることなく、
外国人にとって変えられることなく、
逆に企業に自分の付加価値を認めさせ、
喜んで高給を支払われるほどに、
自分の価値を高めることをお勧めいたします。


生活に必死な外国人は、職をえり好むことなく必死に働く方も少なくありません。


追記

今回は勢い余って人財の『質』のお話をしてしまいました。苦笑
今までは『量』として日本人の労働力総数そのものが、
特に、若者のそれほど高額ではない給与で次世代を支えていた層が
激減しているというお話をしてきています。

好きも嫌いも嫌も応もなく、質量ともに外国人労働者を必要としている時代であることは、
誰が何と言おうと、厳然たる現実であります。


そして、個人の視点のみならず、企業側も同様に永続的な発展を望むのであれば、
従業員のせいにするだけでなく、企業としてもいかに自社の雇用の質を上げるのか、
外国人をいかにうまく使うのか、といった努力も、
また様々必要不可欠であり、喫緊に差し迫られている時代であると思います。




















日本人より外国人のほうが使える?! [従業員側の問題]

偏見を恐れずに率直に言うならば、

どこの企業も、『何も好き好んで外国人を使いたいわけではない』ということ。


人手がいないから、募集出しても来ないから、

『日本人が使えないから』、

だから、外国人を使う。


そう、外国人をおっかなびっくり使えるか試してみたら、
思いのほか使える。


いや、

すぐに文句ばかり言う、

やることやらない人に限って労働者としての権利を主張する、

無断欠勤、遅刻、早退は当たり前、時間通りにすら来ない、

自分で給料を増やす努力をすればいいのに、
仕事もできない人に限って給料が安いという。


images.jpg

【新国立競技場】外国人労働者登用プランに批判「日本人優先に雇え」
2015年12月22日 19時30分 東スポWeb
http://news.livedoor.com/article/detail/10986590/


もう一度言います。

誰も好き好んで『外国人』を使いたいワケではないということ。


特に、外国人技能実習生で来日する彼ら彼女らのほとんどは、

母国にて職も技術も技能も何もない子達です。


嫁と子供を養うために、是が非でも日本へ出稼ぎに連れてってくださいと
懇願する子達です。


語弊を恐れず言うならば、モチベーションが全然違います。

その日その日をいかに食べていくのかに彼らなりに必死なんですね。


家族を食わせるために、日本はまだ職さえ選ばなければ、働き口はまだまだありますが、

海外はまだまだ職すらありつけない国がたくさんです。


注:もちろん、中国でもベトナムでも内需拡大、経済成長著しく?!、
  職にすらありつけない人たちは、以前よりもよっぽど少なくなっていると思いますが、
  フィリピン、ミヤンマー、ラオス、カンボジア、などなど国によっては、
  言葉通りの方々がまだまだ溢れんばかりに多くいます。


そんな切羽詰った人たちと、文句ばかり言う日本人と、どっちが必死に働いてくれるでしょうか。

もちろん、外国人ならではの様々な問題も発生します。
何も問題ないなんて口が裂けても言えません。

しかしながら、会社にとって、素直に指示を聞いて一生懸命働いてくれる人財であれば、
日本人でなくても構わないわけです。



そして、外国人でもできる仕事ではなく、日本人でしかできない、
もっともっとレベルの高い仕事ができる人財へと成長することこそが、
日本人として今後の大きな安定を望めると思います。


大変僭越ながら、毎日必死に働いている方々には上から目線でしかないと思いつつも、
経営者には、そういう視点があることが、
外国人就労者が増えている大きな要因の一つと思えてなりません。



日本人全員がそうと言っているわけでは、決してありません。

また、外国人全員が必死に働く人ばかりでもありません。

それでも、総合的に確率的に見て、ちゃんと選別して採用をかけられれば、
外国人のほうがよっぽど使える人財が多くいることも
今の時代、雇用の選択肢として十分検討するに値すると思います。










人手不足で大変だから辞める...果たしてその選択は正解なのでしょうか。 [従業員側の問題]

今の職場が人手不足で大変だから辞めたい・・・
誰もが思う気持ちです、が、ちょっと考えてみてください。

2962_2_1.jpg

今の職場を辞めて、ちょっと休憩、さて、次はどこに就職しよう?!

現在、会社も即戦力しか求めない世の中です。

厳しい現実を直視してください。

新卒で大企業に3年以上勤めていての転職であるならばまだしも、
中小企業勤めで3年も経過していない=採用しても続かないレッテルを張られます。
どんなにキツイ職場であっても、根気がない、文句ばかり言う人材と見られます。

そして、また一から人間関係を構築しなくてはなりません。
今の時代、この点は大きなストレスとなる可能性が非常に高いと思われます。

どこの職場も大して変わりはありません。
むしろ、今いる場所で自らが職場の環境改善などに取り組むことが
実は急がば回れで正解となることが多いと思います。

できないことばかりを考えるのではなく、どうしたら改善できるのかを、
周囲の仲間や友人、家族などと様々相談してみてはいかがでしょうか。


現在、労働力不足で外国人の受入が増えつつあります。
労働力としては、日本人の方が企業にてもありがたいことは明白です。

でも、同時に外国人は現実低賃金でも喜んで働きます。
世知辛い世の中なので、企業の経営者は安い人件費を求めます。

日本人であるにも関わらず、誰もが代わりにできる仕事であればあるほど、
外国人との競争に巻き込まれる時代です。

自らの生活は自らを成長させつつ守らねばなりません。

職場が大変だからすぐ辞めるという単純な理由ではないと思いますが、
今一度現実を理解して考えてみることも非常に大事ではないでしょうか。
従業員側の問題 ブログトップ
アルバイト求人情報サイト