So-net無料ブログ作成
検索選択
経営者や企業のレベルの問題 ブログトップ
前の10件 | -

実習継続中止を極力減らすためにすべきことはコレ! [経営者や企業のレベルの問題]

外国人技能実習生の受入事業において、
失踪はもちろん、途中帰国者をなくすことは、非常に重要なポイントです。

cfbc8_368_2190e007e63d2908b6c40bee670a1589-m.jpg


何故かわかりますよね。
監理費が入ってこなくなるからです。(送り出し機関も同様)
受入企業にしても、3年いることが前提としたコストシュミレーションを基に、
受入の決断をしているから、=計算が合わなくなるからです。
実習生にしても、出稼ぎの計算が狂い、良かれと思って働きに来たのに、
結果的に儲からなかったとなります。
人財育成的にも、当然、結果として責任放棄となり、
4者4様に良いことナシです。



実習生が実習中止となる事態は様々あります。

・失踪
・親族にトラブル(亡くなる、犯罪に巻き込まれる、など)があり、
 諸事情により途中帰国
・本人の事情により、途中帰国
・受入企業の事情により途中帰国

これらの中で、自社(自組合)の自助努力によって回避できるのは、
『本人の事情による途中帰国』です。

上記でいうなら、それ以外はコントロールしようがありません。
しいて言えば、身内のトラブルが起きそうな家庭事情、
(例えば、お父さんが不治の病に倒れている、
 身内に犯罪経歴のある人物がいるなど。)
を、候補者の時点から排除する程度でしょうか。
*送り出し機関がそこまで調べて対応してくれないでしょうけど。


そして、『本人の事情による途中帰国』には、
どんな実例があるでしょう。

・技能検定不合格
・社内での同僚との協調性の欠落
・寮内での実習生同士の同僚との協調性の欠落
・他責思考により、この仕事をしていたから腰が痛くなった
・万引きなどの犯罪を起こした


そう、当たり前ですが、本人の適性的な要因が多く大きいということです。


であれば、いかにして面接の時点で見抜くか。

ここが、どれだけ重要な決断か、実は中小企業の方々は、
あまりにも軽く考えている方が多い。
また、監理団体の職員ですら、そういう軽い気持ちでいる方が多い。


確かに人選に相当の労力をかけねばならないでしょうし、
なにより、送り出し機関の教育などに手間暇がかかることです。


そこで、一つ提案をしてみたいと思います。


実は先日そのサービス会社に話を聞きに行ってきました。


不適性検査スカウター
https://scouter.transition.jp/?_af=r5uGJNdjOUk6FrAJyFtnkEqIgSdeLNqhb%2BC9k%2FwmHN4%3D


なんと、外国語にも以下、対応しています。
日本語、英語、中文(簡体)、中文(繁体)、タイ語、インドネシア語、
ベトナム語、ハングル語の8ヵ国語の受検に対応。

ただし、検査結果の管理画面は日本語対応のみです。

3000円分のお試しもあります。

社長さんに直接話を聞いてきましたが、
精神分析1検査500円で、最低限、精神破綻しない、
私の認識では、失踪という逃げ道、他責志向という逃げ道、
そういう精神的な耐性?が、どれほどあるか。

科学的にも証明されているので、肝心かなめの入り口の時点で、
キレイごと抜きに排除できます。

もちろん、機械ではなく人なので、120%の保証などあるはずもないですが、
受入企業にしてみれば3年かけて数千万のお買い物をするのですから、
候補者10人5000円は必要経費として見れる範囲でしょう。


SPI検査など、大企業では一人数千円~数万円かけて、
適性検査、能力検査などなど行うのが当然として行われています。

でも、このように、500円で一人できるほどに、
安価になっているのであれば、使わない手はないでしょう。


ちょっと珍しく強く推してしまいましたが、
こういう視点に重きを置ける方も、この業界でも、
そろそろ増えていいのではと思います。


ぜひ上手に活用してみてください。


詳しくはリンク先に全部書いてあります。


不適性検査スカウター
https://scouter.transition.jp/?_af=r5uGJNdjOUk6FrAJyFtnkEqIgSdeLNqhb%2BC9k%2FwmHN4%3D


*記事最下部のリンク先からもご確認ください。




宣伝です。
*末尾に新たな登録と案内を設けました。


ご関心のある方は、以下よりどうぞ。

●『受入企業専用メール配信登録フォーム』

対象:実習生受入企業の社長またはご担当者の方、
   また受入を希望、検討されている方。

*推薦できる監理団体の紹介(斡旋ではないです)であったり、
 現監理団体へのご不満や確認事項、セカンドオピニオンなど、
 個別相互のご相談も可能です。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/5y


●『監理団体専用メール配信登録フォーム』

対象:監理団体の方

*協同組合(監理団体)の方、良かったらご協力ください。
 様々お困りの受入企業の方のご相談対応等、お願いする場合がございます。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/qmcsb7


○『外国人労働者関係者専用メール配信登録フォーム』

対象:受入企業でも監理団体でもない方

※ご関心をお寄せの方はご登録ください。
 協業や提携、ご相談などコンタクトをお寄せいただければと思います。
 例)送り出し機関、日本語学校、人材サービス会社、士業の方などなど。


http://www.gaikokujin.link/member/cf/s


★不適性検査スカウターのご紹介

対象:受入企業、監理団体、送出機関、社労士、行政書士、他採用に関わる方々

※採るべきではない人材排除チェックが、かなり安く可能です。

 http://gaikokujin.link/blog/824.html


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

だから、こういう労働力扱いはダメだってば! [経営者や企業のレベルの問題]

ある意味、致し方のないことかもしれませんが、
法令違反ですってば。

20151216035221.jpg


キャリアバンク 外国人技能実習生、ホテルに派遣
2017/7/29 7:01日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB28H2U_Y7A720C1L41000/


メディアも言葉の使い方をわかっていないのか、
はたまたこのキャリアバンクのリリース情報がそもそもわかっていないのか。

職業訓練協会なるものが、非営利団体ということで監理団体の許可が
通るのかどうかが、まず確認すべき点でしょう。
*いちいち調べませんので、通るのかもしれませんが、要確認ポイントですね。

そして、同協会が実習生を受け入れる…一時受入機関としてはそうかもしれませんが、
基本的に実習生を雇用者扱いで受け入れるのは、実習実施機関であるホテルや清掃会社です。

そして、ホテルなどに派遣するとありますが、
派遣するならまさに同協会が直接雇用するということ。

同協会から派遣するなんて意味が分からない。


さらには、確かにベッドメイクもビルクリーニング職種の作業内容として
OKになりましたが、そもそもホテルの清掃については、
もともとがサービス業として賃金は安く設定されているところ、
なおかつ、清掃だけで毎日8時間の作業ボリュームがあるところって、
現実的にはなかなかないことが容易に想像つきませんでしょうか。

ホテルはだいたいが10時チェックアウト~15時チェックイン。
早めにチェックアウトされる宿泊客がいたとしても、
ほとんどは10時にチェックアウト。

15時チェックインが全てのお客様ではないにせよ、
ビジネスホテルでもない限り夕方前にはほぼチェックイン。

1日たった3時間の間に、基本はすべての宿泊されたお部屋を清掃せねばならないのです。


1日8時間働けないのであれば、
実習生の稼ぎは激減します。
というか、生活費すらままならず、母国での借金返済までとても回らないでしょう。


そんな条件で、来日する意味は彼ら彼女らにはありません。

むしろ来日した後に騙されたとして、まもなく失踪するのが定石です。


私などの与り知らぬところで、色々な仕組みがあるのでしょうけれども、
常識的に考えると、こういうことが想定されます。


法令違反は、同協会だけでなく、ホテルや清掃会社にも及びます。

販路拡大を目的として取り組む技能実習制度事業が、
自身にも大きな傷を負い、お取引先の信頼を貶め、
客離れの原因となるリスクはそう小さくはありません。


そもそも、扱いは非営利団体としているかもしれませんが、
グループ全体で収益を拡大する、なんて文末で締めくくられているので、
営利のために、非営利団体すら利用していると、堂々とうたっていて、
果たして外国人技能実習機構様は、そんな団体に許可を下すのでしょうか。


甘いとしか言いようがない、矛盾だらけのニュースでしたので、
ついついくちばしを突っ込んでしまいました。


いつも通り、どなた様にも直接的な恨みも辛みも他意もありません。
ただただ、個人的におかしいと思う点について、
吐き出してみた限りです。

ご容赦ください。


また、今後新たに監理団体を立ち上げる方は、十分ご注意ください。




宣伝です。


ご関心のある方は、以下よりどうぞ。

●『受入企業専用メール配信登録フォーム』

対象:実習生受入企業の社長またはご担当者の方、
   また受入を希望、検討されている方。

*推薦できる監理団体の紹介(斡旋ではないです)であったり、
 法改正後の具体的ルールなど、不定期に配信します。
 現監理団体へのご不満や確認事項、セカンドオピニオンなど、
 個別相互のご相談も可能です。
 監理費が適正価格なのかどうかも、
 私の主観でしかございませんが、お答えいたします。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/5y


●『監理団体専用メール配信登録フォーム』

対象:監理団体の方

*協同組合(監理団体)の方、良かったらご協力ください。
 様々お困りの受入企業の方のご相談対応等、お願いする場合がございます。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/qmcsb7



○『外国人労働者関係者専用メール配信登録フォーム』

対象:受入企業でも監理団体でもない方

※ご関心をお寄せの方はご登録ください。
 協業や提携、ご相談などコンタクトをお寄せいただければと思います。
 例)送り出し機関、日本語学校、人材サービス会社、士業の方などなど。

http://www.gaikokujin.link/member/cf/s


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

外国人労働者受け入れ希望、予定企業への注意喚起、警告!? [経営者や企業のレベルの問題]

本当に多いあの手この手のブローカー。
基本的には、自身が儲かれば後は知らん…

d668bdbac262071f97fe877865f7e520.jpg


ブローカーが次から次へとエンドレス発生してます。

最近ではある業界で、最大手さんが参入してきていると、
複数のお客様より教えていただいたほど。


コレが真っ当に真剣に取り組んでの結果でドハマりするから、
タチが悪いのです。

人手不足だから、どの会社も困ってるからこそ、
先々まで絶対需要はあるし、年々旺盛になっていくから、
参入しなきゃ大損害だとばかりに、
こぞって様々な業種業界で、
特に若年非高賃金労働者の受入支援をと、
コレぞ社会貢献以外の何物でもないと、
外国人人材ビジネスに参入している会社が増えています。

また、商売上手の方々が、現地に長年入り込んで、
様々な実績を元に信頼信用をうたい、
FC的展開をしている会社もチラホラと…。


いや、会社立ち上げ数々の実績を築き上げ、
事業を起こしてきた社長さん方々が、
組合立ち上げて監理団体を事業運営しよう、

はたまた船頭多くして…じゃやはり上手くいかないから
技術者の受入斡旋事業を自社で始めよう、

いやいや、外国の送り出し機関から、
日本の監理団体や人材業者を紹介して提携できれば
バックマージンを回すからと、
甘い言葉に乗せられて動く正にブローカーの方、
(特に介護業界に多いですね)

もうあの手この手で関わりたい方々。


…ヒトひとりひとりを、ちゃんと見て、
お世話出来ますか?しますか?

言い出したらキリがないじゃないか…

確かにその通りです。

◯◯さんの人生は、◯◯さんが選択し意思決定します。

ヒトひとりの人生まで責任持ちきれるハズもありません。


一社一社、受入手配が終わったら、後はその会社の責任ですか?
お見合いの仲人(今は死語でしょうか。汗)みたいに、
初対面同士の最初だけ立ち合って、
後は若い者(企業と人材当事者同士)で…
で、終わりですか?

日本語はもちろん、生まれも育ちも国も違う外国人が、
自力で、ある意味片道切符で右も左も分からない会社に来て、
後は受入企業にお任せでwin-winで自動的に回り始めると思いますか?

クルマの運転の仕方は教えたから、
後は自分で公道走りながら慣れろと送り出せますか?


日本人のアナタが、外国に行って外国人だらけの中、
言葉も風習も様々なサイクルもわからず、
どこに行けば何を売ってるのか、
高いのか安いのか、
税金や交通ルールや市区町村や国のルールなど、
耐えきれるストレスにて暮らして行けますか?


冒頭に触れたように、
確かに日本は少子高齢化の人口減少社会に突入してます。

企業は外国人でも、使える、ヤル気のある、
許容範囲内に収まるコストの人材を求めています。


それが目的であり、その為に外国人人材を受入ます。


ですが、結果、数ヶ月でwin-winのサイクルどころか
お互いにマイナスサイクルになり、
提案したコストと効果効能どころか、
膨大なコストと心労を負担したあげく、
下手したら法令違反で手痛い大ケガを負うことも。

夢と希望を持って覚悟を決めて、
母国を離れ、家族と友人と離れ、
大金を費やして来日してくれた外国人人材は、
恨みつらみというシコリを抱えて帰国するか、
犯罪に手を染め始めることにもなりかねません。

社会貢献どころか、真逆の結末ですよね。

ヒトはモノではないので、保証も補償もできませんが、
その人材自身の能力や考え方の問題もゼロではないですが、
見方によれば、それは、
結果的に『詐欺』の片棒担ぐことになるリスクって、
想定したことありますか?


客観的な基準はありません。
結果そうなっても、最低限すべきことをしていれば、
法令違反でもないでしょう。

でも、不幸の量産は、
そんなつもりじゃなかった…で、済まないのが、
当事者である受入企業であり外国人人材です。


言葉の通じる日本人だって物別れはあるのに、
外国人が一定期間のサポートもなく、
良いサイクルに入るハズもないと、
心底思います。

日本人でも外国人でも同じことですが、
会社の姿勢、特にフォローする現場担当者の考え方や姿勢、
良心、法知識、経験、コミュニケーション能力、
機転、知恵、全てが求められます。


かくいう私も他人様のことを言える義理もないことが
数多くありました。

でも、こんな王様の耳はロバの耳の好き勝手ブログだから、
あえて言わせて頂きました。


罪の意識もなく、想像すら出来ず、
軽い気持ちで参入しようと目論む方々。
また、逆に強い気持ちで、心から推し進める方々。

たくさんいらっしゃいますが、
少しでも気にかけて頂ければと、
一方的ではありますが、愚痴らせて頂きました。

これから外国人人材を受入しようとしている企業、
会社の方々は、是非ともその業者の考え方や方針、
担当者の方との前述したようなことを、
様々時間をかけて、当事者意識を持って、
自己責任で相談、打ち合わせの上、
判断、決断することをお勧めします。

目的に無事にたどり着きたいと、
心から強く願うのであれば。

どうせなら、お互いに笑顔になれるのがイチバンじゃないですか。


宣伝です。


ご関心のある方は、以下よりどうぞ。

●『受入企業専用メール配信登録フォーム』

対象:実習生受入企業の社長またはご担当者の方、
   また受入を希望、検討されている方。

*推薦できる監理団体の紹介(斡旋ではないです)であったり、
 法改正後の具体的ルールなど、不定期に配信します。
 現監理団体へのご不満や確認事項、セカンドオピニオンなど、
 個別相互のご相談も可能です。
 監理費が適正価格なのかどうかも、
 私の主観でしかございませんが、お答えいたします。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/5y


●『監理団体専用メール配信登録フォーム』

対象:監理団体の方

*協同組合(監理団体)の方、良かったらご協力ください。
 様々お困りの受入企業の方のご相談対応等、お願いする場合がございます。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/qmcsb7


※サイト内に就業ビザでのお受入や人財会社向けの登録フォームもご用意いたしました。
※他に送出し機関や、上記に当てはまらない方は、
 サイト内のinfoメールアドレス宛に直接メールください。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

外国人人財が「日本企業で働きたくない」理由は? [経営者や企業のレベルの問題]

外国人技能実習生と違い、エンジニアや国際業務などの就労ビザでの
外国人人財の採用について、コメントしてみます。

ダウンロード.jpg


外国人技能実習生の受入をしている企業では、
一度ならず検討されることが多いと思われる、
実習生ではなく、エンジニア、技術者としての採用。


現地で大学を出ている子であれば、
その採用受入は、十分可能です。


でも、私はあまり推奨していません。


なぜならば、企業側の意向と、外国人人財側の意向は、
延長線上では、交わらないことが多いから。



日本の企業では、自然と、定着に重きを置いて、
本採用の手法に傾きますが、

外国人人財にとってみれば、
自身のスキルアップ、キャリアアップでしかないからです。


つまりは、実習生と違い、転職、ジョブホッピングは
当然であるのです。


受入側とすれば、月給18~20万程度の額面にて、
手取り額を調整して、受け入れますが、
受入当初は仕事なんてできるはずもなく、
即戦力としては全く期待できません。

当然ですよね、日本人を雇っても、同じです。

そして、即戦力となるほどの人財であれば、
20万で雇えるワケがない。


そして、苦労して時間もかけて、やっとコミュニケーションが取れるようになり、
仕事の勝手がわかってきたころには、半年、一年が経過しています。

ココからやっと元を取る段階だと、思いきや、
外国人財にしてみれば、日本の生活にも慣れ、
日本人などの同僚とのコミュニケーションに自信もついてきて、
仕事もそこそこできるようになったからと、

そのキャリアを基に、自身をもっと高い給与で雇ってくれる先を見つけ、
東京を始めとする都会の給与の良い会社へと、
自身で転職に動きます。

コレは、自分が頑張ったからこそ、
日本で一人前に働けるようになったと。


もしくは、日本で1年通して先進技術を身に着けてきたとして、
母国に凱旋し、母国の良さげな会社に、
良い給料で就職することを目的としている子もいます。

当然ですが、家族の元に戻りたいのです。

よく、家族を日本に呼ぶことはできますか?と聞いてくる子もいますが、
当の家族は、お父さん、お母さんには母国にいて欲しいとの思いも、
少なからずあるので。
また、企業側も、そこまで面倒見れないとなるケースも。
実際には一人暮らし?同僚との共同生活でしのいできた家賃は、
個人の事情によってさらなる負担をすることは難しい。
本人にしても、家族を呼ぶことが、コスト増にしかならないことは、
1年経過した後であれば、十分理解できます。
結果、家族を呼ぶには、所得を上げなくては無理な現実に直面するので、
よけいに割りの良い先への転職を考え始めます。



受け入れた企業にしてみれば、
おそらくは、使えない人材に20万円かけ続けてきたので、
昇給は考えなくはないものの、
いきなり25万円とか、30万円にあげることが難しいのが実情です。

なにより、他の社員との昇給具合に不公平が出かねません。


結果、半年、一年先には、初期のコストをかけて受け入れたのに、
そもそも定着しないという結末に陥ります。

そう、地方都市であればあるほどに。

これは、介護などにも言えそうです。
また、職種問わず3年後以降の+2年の実習生についても、同様です。
彼らには選択権があるので。


結果、工場系では実習生としての受入を継続する選択肢しか持てない。


でも、コレが続くけば続くほどに、
特にスキルのある、経験豊富な人財にすれば、
日本に稼ぎに来る意味もないのです。


今まで良くも悪くも、憧れの国、日本に何十年にわたり、
先輩たちがこぞって稼ぎに来ていましたが、
聞くたびに、日本で働き続ける意味が分からなくなる。

どうやら母国でも、それなりの地位にさえつけば、
生活も安定し、ゆくゆくは母校にいたほうがいいのではないかと。


もしくは、若い頃に気づいてしまえば、
もっと能力主義、成果主義である英語圏のほうが、
よっぽど問題なく稼ぎ続けることができるのでは。

日本人と外国人の差別を考えなくてもよい企業が多いと。


実習生のように、日本との経済格差を利用しての出稼ぎ人材確保制度は、
あと何年続くのでしょうか。

中国からベトナム、ベトナムから各国へ、
所得の低い国へ、低い国へと流れていきますが、
所詮限界はあります。

また、そんな事に依存しないと事業継続できない事業って、
いったいなんなんでしょうか。


なかなか難しい現実ではありますが、
賃金格差に魅力を感じて、出稼ぎに行かざるを得ない、
日本という国の魅力ではなく、
従業員を大事にし、従業員の生活を守り続けることができる会社が
あるからこそ、日本に出稼ぎに行く価値があるという魅力を、
築いていきたいものです。




宣伝です。


ご関心のある方は、以下よりどうぞ。

●『受入企業専用メール配信登録フォーム』

対象:実習生受入企業の社長またはご担当者の方、
   また受入を希望、検討されている方。

*推薦できる監理団体の紹介(斡旋ではないです)であったり、
 法改正後の具体的ルールなど、不定期に配信します。
 現監理団体へのご不満や確認事項、セカンドオピニオンなど、
 個別相互のご相談も可能です。
 監理費が適正価格なのかどうかも、
 私の主観でしかございませんが、お答えいたします。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/5y


●『監理団体専用メール配信登録フォーム』

対象:監理団体の方

*協同組合(監理団体)の方、良かったらご協力ください。
 様々お困りの受入企業の方のご相談対応等、お願いする場合がございます。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/qmcsb7


※サイト内に就業ビザでのお受入や人財会社向けの登録フォームもご用意いたしました。
※他に送出し機関や、上記に当てはまらない方は、
 サイト内のinfoメールアドレス宛に直接メールください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

外国人労働者のメリットとデメリットは、企業のレベルにより全く違う! [経営者や企業のレベルの問題]

ハッキリ言います。
外国人労働者は企業の考え方や姿勢によって、メリットデメリットはガラッと変わります。

20151011094949.jpg


おわかりですよね。

よくわからん、手配したのはお前だから責任もってフォローしろ、
ウチお金払ってるよね、これだから外国人は困る、
日本語話せないとウチではねぇ、、、

言い出すとキリがありませんが、こういう企業はごまんといますが、
こういう企業では外国人労働者の功労はこうなります。

メリット
労働者を探す手間が省けた、期間限定だからボーナス払わなくていいし助かる、
残業やりたがらない日本人よりも、最低賃金の125%だから安上がりだし、
・・・すべては自分(企業=経営者)本位なメリット。
下手をすると、面接に行くことこそが楽しみという本末転倒な経営者が
得てして多い。

デメリット
自分が当事者という意識が薄いため、
労使間の問題発生などの芽を早めに摘むことができない、
労働者も好き勝手し始める、
全容を理解していないため、結果的に様々法令違反と判断されてしまうケースが多い。


対して、


わざわざ遠い国から出稼ぎとはいえ、自社のために3年来て働いてくれている、
日本語は話せないけど、積極的に話をして理解を深めよう、
どういう子を採用すればいいのか、かなり真剣に取り組む、
できれば、縁あって頑張ってくれた子たちの帰国後の行く末を心配する、


そういう企業では、外国人労働者はこうなります。


メリット
丁寧に接する機会が多いため、信頼関係が厚く、
外国人特有の自分本位な言動が控えるようになる、
日本語を頑張ろうという気持ちが維持でき、会話が余計にスムーズになる、
同僚との人間関係も良くなり、社内が活性化し、
全体の作業効率も上がる、
あわよくば、帰国した実習生の口コミから、面接時にいい子が集まりやすくなる、
大切にされていることがわかると、誰か一人がおかしな行動になると、
相互に自制、協調化の作用が起こり、見えないところでの問題発生率が低くなる、


デメリット
あまりに気持ちが入り過ぎると、
最後の最後で外国人特有のビジネスライクな考え方に、
裏切られたという気持ちになる。
頑張ってくれたからとTDLなんか連れて行こうものなら、
その後毎年恒例行事になり大変、
他の従業員から陰で不平不満が出る、


他にも、監理団体からの指導の熱も変わりますよね。

こんな就業規則だと問題解決できにくくなるから、
社労士の方に相談するなどして、改定すべきですよとか、
細かな法律テクニックだとか、
職務中や生活指導時に、実習生の異変を感じるアンテナの強化とか、
積極的に依存心以外で頼ってくる企業の力になりたいと思うのは、
ほぼ全職員ではないかと思います。



経営者の気持ちや姿勢一つで、
本当に目に見えないも、非常に大切な大事な良いサイクルが回り始めます。

逆の場合、問題発生も多く、下手すると途中帰国などのケースも生まれ、
本来のコストパフォーマンスですら成立しない現実へと陥る可能性が高まります。



決して、外国人労働者を過保護にしてくださいと入っていません。
なにも難しいことをお願いしてはいません。

労働力としてではなく、ヒトとして、大事な仲間として接しましょう。
そう申し上げたいだけです。

人財育成を通して、
結果として自社にも大きな貢献を呼び起こす。

そういった想像力をもって、面倒で手間がかかることですが、
一つ一つちゃんと向き合って受け入れることに、
是非とも心がけていきましょう。

発展途上国から先進国に来て、
その国では到底経験できない、
先進国日本の企業の経営者だから実践できる、
受け入れ手法に取り組み続け、
『延長して働けないんですか?』と
外国人労働者から後ろ髪ひかれるような会社に、
憧れの日本の経営者になりましょうよ!



宣伝です。


ご関心のある方は、以下よりどうぞ。

●『受入企業専用メール配信登録フォーム』

対象:実習生受入企業の社長またはご担当者の方、
   また受入を希望、検討されている方。

*推薦できる監理団体の紹介(斡旋ではないです)であったり、
 法改正後の具体的ルールなど、不定期に配信します。
 現監理団体へのご不満や確認事項、セカンドオピニオンなど、
 個別相互のご相談も可能です。
 監理費が適正価格なのかどうかも、
 私の主観でしかございませんが、お答えいたします。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/5y


●『監理団体専用メール配信登録フォーム』

対象:監理団体の方

*協同組合(監理団体)の方、良かったらご協力ください。
 様々お困りの受入企業の方のご相談対応等、お願いする場合がございます。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/qmcsb7


※サイト内に就業ビザでのお受入や人財会社向けの登録フォームもご用意いたしました。
※他に送出し機関や、上記に当てはまらない方は、
 サイト内のinfoメールアドレス宛に直接メールください。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

先行き見えない売上を伸ばすために、人財を活かそう! [経営者や企業のレベルの問題]

先行きの見えない読めない今の時代に、
ハッキリと分かっていることがあります。

82186105-282x400.jpg

どう足掻いても、日本人が減り続けること。

コレだけは太陽が東から昇るがごとく絶対的な現実です。

そして、う〜ん、どうしたらいいんだろ〜と、
悩み続けてみても、コレまた絶対解決しません。


ふと、思いつきましたが、実習生の給与を20万円にしてみるのはどうでしょう?!

そして、今までと違って、優秀な人財を確保するのです。

そう、申込金も一人50万ほどかけて、
ある意味誰でも良い実習生を、
例えば日本語がN2の子とか、
例えば技術者としての素養がある子とか、
人心掌握に長けてそうな子とか、
右腕になりそうな子とか…


外国人技能実習制度の3年対象職種を受入出来る企業は、
受入出来ない企業からしたら、十分な特権です。

であれば、目的を単なる安めな労働力としてではなく、
共同経営者とか、現地進出のキーマン候補者として、
もっと高度な目的を設定して受入してみるという手法です。

当然念入りに吟味された戦略を立てねばなりません。


つまり、日本人の人手不足かつ経済縮小がハッキリしているならば、
これから右肩上がりが見えている海外にて
焼き回しビジネスに積極果敢に挑戦するということです。

お客でもあるため、監理団体はもちろん、
現地送り出し機関にも協力を仰げます。
送り出し機関をナメてるようでしたら、
それは間違いです。

日本で3年働いたことのある元実習生のリストが
ゴマンとありますし、
途上国でのライセンス持ちということは、
何かと許可がいる件についても、
国関係のお役人=既得権者にも通じています。

どうせ雇い入れるのであれば、
日本では年収一千万クラスの人財は、
正確にはそんな能力の高い人財が、
ある意味、破格値で採用出来るから。


外国人を受け入れるだけで終わりなんて勿体無い。
袖振り合う3年を過ごすならば、
その人財を、3年終了以降も
お互いのwin-winを築きあげてはいかがでしょうか?!

人手はいなくなるため外国人を雇わなければならない。
であるならばという考えであり、
挑戦する価値は、今後の生き残りそのものでもあります。

いつまでも同じことを続けてないで、
変化に対応して行きませんか?


宣伝です。


ご関心のある方は、以下よりどうぞ。

●『受入企業専用メール配信登録フォーム』

対象:実習生受入企業の社長またはご担当者の方、
   また受入を希望、検討されている方。

*推薦できる監理団体の紹介(斡旋ではないです)であったり、
 法改正後の具体的ルールなど、不定期に配信します。
 現監理団体へのご不満や確認事項、セカンドオピニオンなど、
 個別相互のご相談も可能です。
 監理費が適正価格なのかどうかも、
 私の主観でしかございませんが、お答えいたします。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/5y


●『監理団体専用メール配信登録フォーム』

対象:監理団体の方

*協同組合(監理団体)の方、良かったらご協力ください。
 様々お困りの受入企業の方のご相談対応等、お願いする場合がございます。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/qmcsb7


※サイト内に就業ビザでのお受入や人財会社向けの登録フォームもご用意いたしました。
※他に送出し機関や、上記に当てはまらない方は、
 サイト内のinfoメールアドレス宛に直接メールください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

もう耳障りの良い言葉に踊らされるのはやめませんか。 [経営者や企業のレベルの問題]

私は現在、実習生事業のみならず、他の様々受入手法に取り組んでいます。
中でも、人づくりから街づくりまでをお話しすることもあります。

監督官がやってくる.jpg


そんな時に、こんな記事を見ました。


地方創生を食い物にする自己承認欲求コンサルたち
中村智彦 | 神戸国際大学経済学部教授
yahooニュース 6/20(火) 6:00
https://news.yahoo.co.jp/byline/nakamuratomohiko/20170620-00071722/


至極もっともなお話であると思うと同時に、
自身も知ったかぶり的なことは気をつけようと、
改めて思いました。


私もこんな性格ですので、
知らないものは知らないと言ってしまいます。


ただし、今までの数知れない失敗、
そして、今も失敗し続けていることについては、
口うるさくなってしまうとしても、
口が止まらない時があるほどです。


そして、自身の経験とアンテナに反応する世情を鑑みた上での、
この先の展開について、地に足つけてご提案したり、
ご案内しているつもりです。



理屈と現実と考えながら、双方の両立のために、
無い知恵を絞ったり、様々な気遣いをして、今も取り組み続けています。



しかしながら、未だに、

人手不足に対して、労働力の確保になる。

外国人は契約で縛られているから、辞めることはない。

賃金なんて最低限支払えばいい。

出稼ぎで三年我慢して働きに来ているんだから、
年末年始、GW、お盆休みなどは、日本人従業員を休ませて、
その分、彼ら彼女らに頑張ってもらえばいい。

3年のうち、一度も帰国なんてさせる必要もない。

残業だって、最賃の1.25だから、日本人の誰よりもお得。


などなど、耳障りの良い言葉に飛びつく方の多いこと多いこと。



さらに思ったのは、実習生とは違う派遣の説明会のタイトルですが、


短期(一日だけでも)労働力の活用 労働者派遣事業
(突然の人手不足、年中無休、365日必要な人材を、1日、1名、4時間より対応)


ですって、奥さん、聞いた?


もうこういう「ヒト」を「モノ(機械)」のようにいう「うたい文句」は
見ていても気分の良いものではありません。


そして、それに群がる企業、
そういう都合のよいサービスを是が非でも利用しようとする企業、

そういう姿勢の企業では、絶対に良いものも作れないし、
事故も起きるので、個人的には敬遠したくなります。


そして、こういうアピールをする企業にも温度差はあるのでしょうけれども、
たとえ中でも良心的であったとするならば、
そんな人材もいないことはないけど、時給がめっちゃ高いとか、
場所的に制約があるだとか、時間も指定があるだとか、

そもそもナンバーワンのキャバ嬢が、今日はいると聞いてきたのに、
指名が多くて相手にしてもらえないみたいなクレ騙しもいいとこでしょう。苦笑


そして、言葉通りのサービスを何人も抱えて、
奴隷のように都合よく使っているとしたならば、
絶対に長続きはしません。

派遣元も派遣先も。



いい加減に人を雇うということについて、
仲間として迎え入れ、指導し育てるという唯一の近道を、
逃げずにちゃんと取り組みませんか。


人間誰もが楽したいし、イヤなことはしたくないし、
地道にコツコツとなんて面倒で仕方がないことです。


でも、そもそも仕事って面倒で大変なことです。


本物しか生き残れない時代はすでに到来しています。


ホンモノの企業になって、事業の継続に正面切って取り組みましょう。



ちなみに、以下、今までの新制度に対するコメントしてきたことを
まとめてみました。ご参考まで。


外国人技能実習の新制度における注意事項まとめ
http://gaikokujin.link/blog/751.html




宣伝です。


ご関心のある方は、以下よりどうぞ。

●『受入企業専用メール配信登録フォーム』

対象:実習生受入企業の社長またはご担当者の方、
   また受入を希望、検討されている方。

*推薦できる監理団体の紹介(斡旋ではないです)であったり、
 法改正後の具体的ルールなど、不定期に配信します。
 現監理団体へのご不満や確認事項、セカンドオピニオンなど、
 個別相互のご相談も可能です。
 監理費が適正価格なのかどうかも、
 私の主観でしかございませんが、お答えいたします。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/5y


●『監理団体専用メール配信登録フォーム』

対象:監理団体の方

*協同組合(監理団体)の方、良かったらご協力ください。
 様々お困りの受入企業の方のご相談対応等、お願いする場合がございます。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/qmcsb7


※サイト内に就業ビザでのお受入や人財会社向けの登録フォームもご用意いたしました。
※他に送出し機関や、上記に当てはまらない方は、
 サイト内のinfoメールアドレス宛に直接メールください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

組合の購入相談が毎日届きます…以下のようにやられたらいかがですか。 [経営者や企業のレベルの問題]

みなさんお考えになることは一緒ですね。
本当に毎日のように届きます。

mcb1609130500002-p1.jpg

お手伝いできる範囲はお手伝いさせて頂きます。
お伝えできる範囲はお伝えさせて頂いています。

ただ、やはり実際に取り組んで痛い目みないと
本当の意味では、わからないのでしょう。

組合を安く買いたい方は、ご自身で以下のようにして、
作ったほうがいいんじゃないですか?

お金をかけたくない方は(と言ってもほとんど全員ですが)、
外国人技能実習機構のHPをご覧になって、
何百ページのお役所書面を自力で読み込み、
これまた何百枚もの必要書面の穴埋めをし、
機構に何度も問い合わせして、申請してみたらいかがでしょうか。

それだけの意欲や事業実績やツテやお仲間がいらして、
マーケットの規模に魅力を感じていらっしゃるのですから、
ご自身で出来るハズですから。

提携する必要のある送り出し機関のリストも、
JITCOのHPに各国何十社も載っていますから、
お好きな国の良さそうな送り出し機関と提携の打診をかけて
吟味されたら宜しいでしょう。

そうしてまず実際にやってみることを強くお勧めします。


お知り合いを辿れば、実習事業の経験者にも
辿り着くのではないでしょうか。

その方にも色々お手伝いをお願いされたら
いかがでしょうか。


その過程において、様々な問題や壁にあたると思います。
解決は所管に都度お問い合わせされたら宜しいかと。


そうして時間と労力とコストが
最小限になりますように、
ぜひとも頑張ってください。


所詮やってみないとわからないじゃないですか。

ねえ。


私の今までの当ブログ…愚痴の掃き溜め、王様の耳はロバの耳ブログを
ご覧下さって来た奇特な方々には、
今日のコメントの意味を多少なりとも
色々お考え頂けるのではと願うばかりです。

お取り組みされる方の、
またその関係する方々の、
幸運をお祈りしてます。


宣伝です。

ご関心のある方は、以下よりどうぞ。

●『受入企業専用メール配信登録フォーム』

対象:実習生受入企業の社長またはご担当者の方、
   また受入を希望、検討されている方。

*推薦できる監理団体の紹介(斡旋ではないです)であったり、
 法改正後の具体的ルールなど、不定期に配信します。
 現監理団体へのご不満や確認事項、セカンドオピニオンなど、
 個別相互のご相談も可能です。
 監理費が適正価格なのかどうかも、
 私の主観でしかございませんが、お答えいたします。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/5y


●『監理団体専用メール配信登録フォーム』

対象:監理団体の方

*協同組合(監理団体)の方、良かったらご協力ください。
 様々お困りの受入企業の方のご相談対応等、お願いする場合がございます。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/qmcsb7


※サイト内に就業ビザでのお受入や人財会社向けの登録フォームもご用意いたしました。
※他に送出し機関や、上記に当てはまらない方は、
 サイト内のinfoメールアドレス宛に直接メールください。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

なくならない外国人技能実習生の不正行為、片道切符の受入企業とブローカーは地獄に落ちろ! [経営者や企業のレベルの問題]

あぁ、何度こういう愚痴?を吐き捨ててきたのでしょうか。
また残念な話を見ました。

37e3808047553cedb34daa9b1d7ab2a3-670x300.jpg

法改正でどれだけ罰則を厳しくしても、なくならないのでしょう。
外国人技能実習機構が機能しても、決してゼロにはならないのでしょう。


「助けて下さい」技能実習生が”手紙”で日本政府に訴え、
「時給400円」や「暴力」に泣き寝入りしない
ヤフーニュース 巣内尚子 | ジャーナリスト 3/29(水) 14:19
https://news.yahoo.co.jp/byline/sunainaoko/20170329-00069273/


このジャーナリストさんは、ここ数カ月、都度都度取材をもとに、
様々訴えてくれています。

そして、他団体の現実を知らない私たちに、そんなところが
未だにあるのかと、改めて教えてくれています。

いつも思いますが、売春と同じ。
いや、刹那的な売春と違って、ずっと続くこの罪の大きさは、
比べるまでもないのかもしれないと思うほどに。


こういった事件は、その実習生の人生だけでなく、
その家族まで巻き込んで関係各所に多大な迷惑と悪影響を及ぼします。

そして、タチが悪いのは、入り口の時点で、
真逆な出口が待っているかどうかの区別や判断ができないこと。

また、入り口から出口までの道のりが長く、それぞれのステージに、
それぞれの利害関係者がいて、さらにはそれが一貫していないこと。

よって、様々なポイントで、悪質なブローカーの付け入る先が多々あり、
正直なところ、オレオレ詐欺なんかより、よっぽど儲かって捕まらない構造が
改善されにくいこと。

しかし、無知な母国人を利己的な考えで騙してぼろ儲けしている
現地のブローカーには、本当に地獄に落ちろと言いたい。

関わる人の先の将来に無責任な人は、本当に舞台から即刻退場していただきたい。



受入企業側は受入企業側として、
また別の意味で切羽詰まっている中小零細が多い。
そのため、人のことより自分のことしか考えられないレベルの低い経営者が
少なくないということ。

自身と家族を守るため、外国人であれば安く使い倒して良い、
そんな考えを持つ経営者が実習制度を申請すること自体、
腹立たしいことこの上ありません。

監理団体は、そうした片棒を担ぐどころか、
ちゃんとチェックして、受入を見合わせていただく程度の
プライドや良心は持ち合わせていただきたいものです。


イチバン間接的でも責任の思いのは、監理団体の理事長。
でも、現場を知らぬ方が多く、あげくお役所の天下りポストですら
あり得る話。

悪質なブローカーの介在を許すのは、
最終的最高責任者である理事長の考え方や姿勢によるところが
非常に大きく重いと思います。

つまるところ、大勢の知識人が指摘するように、
制度のゆがみを改善できないのだから、
廃止し、現実を見据えた新たな受入制度を整備することが
何年も前から求められ続けています。


そして、この構造的な欠陥を改善するためには、
入り口であるリクルーティングから、帰国後のフォローまで、
一貫して一つの組織と考え、最高意思決定権者が全責任を負うべきではないでしょうか。


さらには、「営利を追求しない」ではなく、
「営利を追求する」民間の会社に、様々な足枷とペナルティーをつけて、
競争原理を働かせれば、正に健全化が進むのではと思えてなりません。


日本国内においては、派遣や紹介なんて人材事業では、
派遣会社も職業紹介会社も株式会社が取り組んでいるように、
管轄のお役所が定期的に指導に当たることによって、
いっそ派遣会社にやらせればいいのに。苦笑




宣伝です。


ご関心のある方は、以下よりどうぞ。

●『受入企業専用メール配信登録フォーム』

対象:実習生受入企業の社長またはご担当者の方、
   また受入を希望、検討されている方。

*推薦できる監理団体の紹介(斡旋ではないです)であったり、
 法改正後の具体的ルールなど、不定期に配信します。
 現監理団体へのご不満や確認事項、セカンドオピニオンなど、
 個別相互のご相談も可能です。
 監理費が適正価格なのかどうかも、
 私の主観でしかございませんが、お答えいたします。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/5y


●『監理団体専用メール配信登録フォーム』

対象:監理団体の方

*協同組合(監理団体)の方、良かったらご協力ください。
 様々お困りの受入企業の方のご相談対応等、お願いする場合がございます。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/qmcsb7


※サイト内に就業ビザでのお受入や人財会社向けの登録フォームもご用意いたしました。
※他に送出し機関や、上記に当てはまらない方は、
 サイト内のメールアドレス宛に直接メールください。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

外国人技能実習制度事業を自前でやりたい受入企業の社長たち [経営者や企業のレベルの問題]

ネタにしてゴメンナサイ。(苦笑)
監理費をケチりたいから自前でやりたいんですって。

d668bdbac262071f97fe877865f7e520.jpg


確かに、ある程度の受入人数ボリュームさえ確保できれば、
机上の数字では、経営が成り立ちます。
あくまで、机の上では。

内情をご存知の監理団体の方々にとっては、
そんな数字通りにいくわけもないのは、現実をご存知であるからであって、
実は受け入れた経験もない企業の経営者たちは、
まず机上から入るので、ある意味致し方ないのも事実です。


そして、ちゃんと、ナゼ机上の計算通りにはいかないかを、
経験と実例をもって、リスクの理解を求めます。

でも、経営者によっては、俺様がやってないんだから、
同じ轍を踏むわけがないだろう、まして今、話聞いてるのだから。

なんて思考回路が働く方が多いのもまた事実です。


通訳は必要だね、月々いくらだね。
人数が増えるまでは、常勤は要らないね。
送出し機関は、自身の知り合いが言ってるから、
俺の顔を立ててくれよ。
現場の担当職員は募集かければ集まるだろ。
入管への申請書類だって、JITCOにあるし、
教えてもらえば、誰だって初めてはあるんだから…


どうぞご自由にお取組みください。

確かに、仕切りお金を出し、責任を負う方の決断によって、
誰も止めませんし、止められません。

でも、悪かったと後に実習生に謝るだけでは、
1人の、その家族の人生を良くも悪くも大きく変えることに謝罪で済むはずもなく、
間違ったサジ加減や指導の下に、受入企業の問題にまで発展したら、
責任取りようがないですよ。


入り口から出口まで、それは様々な方々が介在し、
俯瞰的に見れるのは、日本人の監理団体の立場にある方くらいです。


法令違反などを含め、本当に大きな深刻な問題は、
法的な事だけではありません。


まして、自前で取り組みたいなんて方々にしたら、
正に監理団体としても受入企業としても当事者ですので、
大変な事態にもなりかねません。


今日は、車の運転免許を例に出してお話ししてみました。

免許もなく、車だけ買ったって、運転できないですよね。
いくら教本が売られてるからって、読めば上手に運転できるわけがありません。

車を買う前に、まずは教習所に通いましょう。
そして、練習してから、何に気をつけなくてはならないかを、
ちゃんと習得してから、車を買いましょう。


そんな話をしてしまいました。


これらの受入企業では、今までに実習生を受け入れたことすらないようです。

自前で取り組む前に、まずは自社で、自前の監理団体ではない組合であっても、
実習生の受入を経験してみましょう。

そして、受け入れる企業側として、何をどこまでどう対応すべきかについて、
ちゃんと実践してみたらいかがでしょうか。

また、並行して、何を準備していけばいいのか、
車と違って、監理団体の受け皿となる組合は自前で新設できますし、
新設して、組合の運営という視点もちゃんと理解し、
そのうえで、実習制度事業の許可が獲得できそうかを、
一つ一つ確認していかれたらいかがでしょうか。


そんな悠長なこと言ってられないから、譲渡してもらえそうな器はないのか。
カネは払うぞ。

そんな先に、例え案件があったとしても、提示することはなかなかできません。


そんな話をコンコンとしてしまいました。


逆を返せば、今、実習生の受入経験のある企業が集まって、
自前で監理団体としての組合を作ろうということは、
まだ理解できます。

そして、そんな形で取り組まれる場合も少なくないでしょう。


色々な動きがありますが、手前ミソながら、
同じ過ちを繰り返したくはありませんので、
上から目線のくどくどなお話になったとしても、
正常に適切に運営したければ、余計に指摘する視点のケアを、
現実的に対応できるよう心掛けていただきたいものです。


生意気言って、スミマセン。汗



宣伝です。


ご関心のある方は、以下よりどうぞ。

●『受入企業専用メール配信登録フォーム』

対象:実習生受入企業の社長またはご担当者の方、
   また受入を希望、検討されている方。

*推薦できる監理団体の紹介(斡旋ではないです)であったり、
 法改正後の具体的ルールなど、不定期に配信します。
 現監理団体へのご不満や確認事項、セカンドオピニオンなど、
 個別相互のご相談も可能です。
 監理費が適正価格なのかどうかも、
 私の主観でしかございませんが、お答えいたします。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/5y


●『監理団体専用メール配信登録フォーム』

対象:監理団体の方

*協同組合(監理団体)の方、良かったらご協力ください。
 様々お困りの受入企業の方のご相談対応等、お願いする場合がございます。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/qmcsb7


※サイト内に就業ビザでのお受入や人財会社向けの登録フォームもご用意いたしました。
※他に送出し機関や、上記に当てはまらない方は、
 サイト内のメールアドレス宛に直接メールください。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - 経営者や企業のレベルの問題 ブログトップ
アルバイト求人情報サイト