So-net無料ブログ作成

3年受入対象職種の不公平さ。その1 [技能実習生受入時の本音の問題点]

スポンサーリンク




あまりにも不平等。

3年…法改正にて5年に?!…が許可される職種が


ナゼ69職種127作業と決められているのかご存知でしょうか?


00.JPG
JITCO 対象職種 http://www.jitco.or.jp/system/data/TypeofOcupation.pdf


技能実習制度には1年目と2、3年目とビザが違います。


2、3年目に移行するためには、技能検定に受からなければなりません。


これら技能検定は、それぞれの業界団体がそれぞれに設定しています。


つまり…業界としてまとまりがあり、技能検定を設定している業界業種であって、


初めて3年受入対象職種として認めるかどうかとなります。


これが現実の理由・背景の一つです。



人材育成、国際貢献と言いつつ、


ルールなんて所詮そうやって決まる部分もあるのです。



そして、逆を返せば、新しく認められる3年、5年の受入対象職種は、


業界団体として技能検定を整備し、


数という圧力を作り、働きかけを実行した、


介護や惣菜などとなるのです。



つまりは、需要やスソノの狭い少ない業界は


申請できても1年しか許されない不公平な現実は、


なかなか変わりません。



唯一救いは、法にも少しは解釈の幅があるということ。


主たる事業でなくても、対象職種の実業を認めてもらえたなら、


許可される場合もあるということ。



長くなりますので、続きはまた後日。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました