So-net無料ブログ作成

3年受入対象職種の不公平さ。その2 [技能実習生受入時の本音の問題点]

スポンサーリンク




その1では『技能検定』を整備している業界でしか、

3年の受入が認められないとお伝えしました。


3年受入対象職種の不公平さ。その1。
http://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/2015-03-13

photo_03.jpg


よくある話ですが、3年受入のテクニックの一つです。


あるリネン会社が受入を検討しています。

しかしながら、リネン業務で技能実習が3年で認められていません。

社長 『組合さん、何かいい方法はないかな。
     3年いてくれないとコストパフォーマンスが悪くて
     受入できないよ。』

組合 『社長、「縫製業務」があれば3年で行けます。』

社長 『ウチ、縫製業務はないよ』

組合 『なければ作ってしまえばOKです』

社長 『じゃ、縫製で申請しよう。』

社長 『何か問題はあるかな?』

組合 『縫製用のロックミシンを入れてください。』

社長 『わかったよ』

・・・

こんな感じで受入対象職種に合わせて受入の体裁を整えます。

・・・

技能って何って思いませんか?苦笑


個人的には、どんな仕事であれ、組織で仲間と助け合いながら、

日本語でコミュニケーションを図ること。

これがかけがえのない経験となるのではと思っています。


技能はそもそも母国で同じ設備や道具がない、

その国で今求められていない、なんて現実では意味のない

技能ばかりです。

政府や国は、現場の現実をちゃんと認めて整備し直すべきだと

思います。

みなさんはいかが思われますか?


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました