So-net無料ブログ作成

外国人技能実習制度は、労働力確保を目的としてはいけません!? [技能実習生の法改正]

スポンサーリンク




本当にこういう報道を目の当たりにすると、行政の罪を追求したくなります。

ボランティアなんて到底できるゆとりのない中小企業では、
当然のごとく『労働力確保』として外国人技能実習生を受入します。

外国人の方々には大変申し訳ありませんが、
外国人を採用したいから、外国人技能実習生を受け入れるワケではなく、
人手不足だから、募集してもこないから、
他に有効な選択肢がないから、外国人を受け入れています。


PK2016072402100069_size0.jpg


外国人実習生 自治体8割に 働き手確保 地方、要望強く
東京新聞 2016年7月24日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201607/CK2016072402000146.html


この現実をわかっていながら、法改正など適正化が遅々として進まず、
改正、施行に至るまでの事件などの責任は、
いったい誰がとるというのでしょうか。


この理屈(現実)は、飲酒運転での交通事故などにも同じことがいえるとも思います。

先日はトランクケースに詰め込まれた中国人実習生が遺体で発見されました。
これも失踪した被害者です。
もちろん、個々人の責任はゼロではないと思いますが、
未然に防げる犯罪や被害も数多くあることと思います。



日本の中小企業を中心とした労働者不足は、今後もますます顕著になっていくことでしょう。

法が改正されない限り、現実をちゃんと見たうえでの適正化を図れない限り、
現行の外国人技能実習生としての入国は増え続けることでしょう。

それは、飲酒運転が減らずに増え続けていたことと同様です。


外国人技能実習生ではなく、外国人労働者の受入も、
雇用を考える企業の選択肢の一つとして、
早々に整備を進め、法制化して欲しいと強く望むところです。









スポンサーリンク



nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 10

コメント 2

糸満牧志

基本、人手不足は解決する必要が無い経済現象で、放置しておくのがベストだと思います。
どうしても解決したいなら乱暴な手段で非現実的ですが、企業の人手不足を解消する方法があります。
つまり全国の平均最低賃金をいっきに1000円以上にして有効求人倍率を減らせば善いのです。
払えない企業、つまり価格に転嫁できない付加価値の無い商品をいつまでも生産している企業は淘汰されるでしょうが、事業者は労働者となって他の人手で困っている事業者の元で働けば善いのです。

by 糸満牧志 (2016-07-27 22:48) 

元技能実習生監理団体職員

糸満牧志さま

度々のコメント、誠にありがとうございます。

おっしゃる通りですね。
人出を必要とする企業そのものの数が圧倒的に少なくなれば、
人出不足はなくなることでしょうね。

その分、飲食店やスーパーなどのお店も激減して、
購買力も弱くなり、日々の様々な選択肢がなくなって行くのでしょう


1000円貰えても、物価もそれ以上の上がったら、
どのみち生活もままならない。

どうすれば家族を守れません。


本当に、どうすべきでしょうね。。。
by 元技能実習生監理団体職員 (2016-07-28 01:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました