So-net無料ブログ作成

先日、取材をいただきました。。。 [余談]

スポンサーリンク




最初は本当にビックリしましたが、某全国紙新聞社様より、コンタクトいただき、
お話をとのことでしたので、お受けいたしました。
○○さん、ご覧いただいていらっしゃいますでしょうか。(笑)

sozai_11166-257x300.png


いつも思いますが、クドクドと愚痴ばかり書いている当ブログです。

しかも、王様の耳はロバの耳的に、決して表立っては言えない、
まして、こんな書面で残るカタチでなど、決して出せないことばかりの
制度実態について、私のしがない経験や憶測より、
身勝手極まりない一方的な視点にのっとって、
書き連ねているだけです。

だから、特命第一。苦笑



否定形の物言いが多く、あまり前向きではない内容ですし、
読む側にしてみたら、前向きな気持ちになれず、どうかと思いますが、
それでも奇特な方はいらっしゃるようです。



取材というよりは、素人の私には、単にお話を聞かせて欲しいというだけならばと、
心境の変化もあって、お会いしてみました。


そしたら、本当に取材というより、お話を聞きたいということで、
色んなお話を限られた時間でお話させていただきました。


その記者の方も、前々から個人的にもご興味やご関心があったようで、
ジャーナリストとして、問題意識を様々強く持っていらっしゃり、
話題と年代が近しいこともあり、非常に楽しい時間を過ごさせていただきました。


この「外国人労働者」というテーマは、近年の人手不足から、
日を追うごとにシリアスに、ボディーブローのように少しずつ、
その影響を色濃くしていきます。


個人的にも、色んな意味で、世間様やお役所、受入企業、
はたまた地域の一市民の皆々様お一人お一人にも、
大なり小なり影響を及ぼすテーマです。


そして、日本で教育を受けてきた大人も子供も、
今までの歴史に無い少子高齢化による人口減少社会という時代は、
誰もが経験したことのない、未知の時代です。


何が正解なのか、不正解なのかは、それこそ歴史こそが判断することでしょう。


そんな時代を生き抜くために、私が偉そうに、
具体的にこう進むべきだとは、ココでは言えません。
そんな他人様にどうこう言える立場でもございませんし。


外国人労働者の受入に賛成、反対、
はたまた、シュリンクしていく日本という市場に見切りをつけ、
これから右肩上がりの市場に身を置く日本人も多くいる中、
変化に富む時代を、それぞれがぞれぞれのアンテナにて、
自身の信じる道を進むのみです。


強いものが、賢いものが、生き残るのではなく、
変化に対応できるもののみが、生き残ることができる。


どこかの誰かが、言っていたと思います。


変化に対応できる大人でいたいと切に願い、愚直に邁進していきます。




ちなみに、以下、今までの新制度に対するコメントしてきたことを
まとめてみました。ご参考まで。


外国人技能実習の新制度における注意事項まとめ
http://gaikokujin.link/blog/751.html




宣伝です。


ご関心のある方は、以下よりどうぞ。

●『受入企業専用メール配信登録フォーム』

対象:実習生受入企業の社長またはご担当者の方、
   また受入を希望、検討されている方。

*推薦できる監理団体の紹介(斡旋ではないです)であったり、
 法改正後の具体的ルールなど、不定期に配信します。
 現監理団体へのご不満や確認事項、セカンドオピニオンなど、
 個別相互のご相談も可能です。
 監理費が適正価格なのかどうかも、
 私の主観でしかございませんが、お答えいたします。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/5y


●『監理団体専用メール配信登録フォーム』

対象:監理団体の方

*協同組合(監理団体)の方、良かったらご協力ください。
 様々お困りの受入企業の方のご相談対応等、お願いする場合がございます。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/qmcsb7


※サイト内に就業ビザでのお受入や人財会社向けの登録フォームもご用意いたしました。
※他に送出し機関や、上記に当てはまらない方は、
 サイト内のinfoメールアドレス宛に直接メールください。





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました