So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

悪質ブローカーを撲滅するためには [経営者や企業のレベルの問題]

スポンサーリンク




99%の人々は、自分が一番、他人が二番。

l_care0001-n1.jpg


現在の私のコミュニティ活動においては、
実質的には、理念に賛同していただける方を集めているからか、
当ブログ他、色々ご覧いただいている方の数に比べたら、ほんの一握り。

(個人的には、それでも構わないと思っています。)


残念ながら現実は、自分へのメリットがどれだけ具体的にあるかで、
行動する方がほとんど。


それは現在は、理想でご飯は食べられない現実が横たわっているから。

誰もが大儲けしてゆとりのある状況にならない限り、
理念なんてほとんどの人が気にもかけません。


だから、
私がビジネス的に儲けたくてコミュニティ運営をしているのならば、

例えば、

「笑顔と感謝を増やすコミュニティ」というタイトルより、

「将来に渡って食いっぱぐれの心配がない業界で、
 リスクなく大儲けし続ける3つの方法、教えます!」

などの売り方のほうが、たぶんとてもたくさん売れるでしょうね。苦笑

でも、絶対にそうしません。

(ふと思いましたが、
 結果として、大儲けはともかく、
 食いっぱぐれなくリスクを回避して稼ぐ方法を教えている、
 ともいえそうですが、ソコを目指すにしても、ソコじゃないんですね。)

なにはともあれ、
商売上手な方々ならば、

現実的な側面の入り口をつくり、
現実を通して、理想に気づくようにする。
出口では新しい世界を用意しておく。

もし会員を増やしたいのならば、
それがセオリーだといわれるように思われます。



でもね…

ブローカーを増やしたいわけじゃないんです。

薄っぺらいブローカーは、その志を問わず、
今でもいくらでもいます。

あ、間違えないでくださいね。
私の言うブローカーってのは、送り出し機関も監理団体も国も全てです。
労働者と企業の間に介在して、特にコストを請求するものは、
全てブローカーです。
*強いて言えば、単なる日本語教師は違いますね。



実際には、どんな業界にもブローカーはいるし、
ブローカーそのものが悪いわけじゃない。

別にね、余計なお世話なんです。
自身の選択は、自己責任で自業自得なんだから。


でもね、この業界では、ブローカーが、
「悪質」なブローカーへとなり下がっていく姿を、
何度も何度も何度も見てきているんです。


思えば、
特に海外の諸事情がフツーの方々には見えていないから、
いくらでも騙せる。

99真実を述べて、信用と信頼を築き、レールに乗ってきたところで、
肝心な金の動きに裏で一枚かめば(1を抜けば)、
責任を取ることなく、表に出ることなく、
ぼろ儲けできてしまう。


タチの悪いのは、
本気で両国の懸け橋になろう…
真摯に経済的弱者である海外の田舎で生活に苦労している人たちのために…
ここに取り組むことが自身の仕事にもなるから…
優しい日本人は、その全容すら見えてもいないのに、
下手をすれば人生かけて勝負に出てしまう。


大中小問わず、時代背景とマーケットの大きさと、
自身の今までの実績を、十分かどうかの基準もわからず自信と根拠にして、
果敢にお金や労力を投資?して業界参入してくる人たち。

全員とは言いませんが、1000人中、999人は、
見事に片道切符にまで成り下がっていく。
突っ込んだ金の大きさや、今まで自身が取り組んできた年月を考えたら、
もう後には引けない、後少しで成立する、水が流れる、
なんて言いつつ、早何年。

既存事業側の金まで手を付けて、自分のメンツなのか何なのかはともかく、
どこまでも突っ込んでいく。
株と同じ、損切の決断ができない。


結果、冒頭申し上げたように、
自分が一番、他人が二番。

返すアテのない資金を、また欲の皮が突っ張る誰かから借りて、
周りに期待以上の迷惑をまき散らすブローカーがほとんど。


我こそは、ほんの一握りの成功者、その一人だと信じて。

事業とは確かにそういう側面はあるものの、
日本国内の箱入り経営者にとっては、
今までの実績は根拠とは言えない。
特に二代目三代目経営者には。


振り回される側にすれば、良いことは一つもないので、
悪質ブローカーは生み出したくないんです。


これだけネットを含め、情報格差が薄まってきているとはいえ、
風が吹けば桶屋が儲かる、
人間万事塞翁が馬、
全ては、入口から出口まで連携して繋がっている以上、
入口のステージだけの仕事だからと取り組んでも、
決してうまくいくとは限らない現実までは、
未経験者には、想像すらつかない。


情報弱者という言葉があります。

ことこの業界に限って言えば、
経験者以外は、すべて情報弱者なんです。

これだけ情報格差があり、情報弱者が多い業界では、
悪質ブローカーを、今後生み出さないためには、
業界常識を底上げし、一般レベルまで市民権を得る以外に、
無くしようがありません。

つまり、悪質ブローカーは相手にされない。
儲からないということが、常識になって、
初めて駆除ができると思います。





個人的には、この業界であるがゆえに、小手先はなるべくしたくない。
堂々と理念そのものを最前面に掲げてトライし続けられるよう、
努めています。

特に物売りなどと違って、
人をお世話する業界では、
ソコがとても大事だから。

特に、自分「だけ」一番、他は二番どころか、後はどうでもいいとの考え方では、
成立すらしないし、まして健全な継続は無理だから。

一人や一団体じゃできない事業なのでね。



民主主義法治国家において、
大衆はいつも間違っている分、
人気商売の政治家も間違っていて、
更に酷い事件が何度も相当な期間にわたって
実際に発生し続けなければ、
新たな法は生まれず、改正もされません。


あっという間に、時代の変化に取り残されていきます。
法だけを見ていて、生き残れる人は、たぶん法を作る側だけでしょう。

そして、これだけ法が変わるのであれば、
悪質ブローカーも暗躍しやすいことでしょう。
だって、何がホントで何が嘘なのかさっぱりわからないんですから。


だから、私は監理団体だから、送り出し機関のことまではよくわからない。
受入企業だから、監理団体やまして送り出し機関のことはわからない。

国の法すらよくわかっていない。

俺の仕事じゃないってね。

そんな姿勢でいたら、体よく悪質ブローカーの餌食です。


参入自体が悪いことではありません。
謙虚に、信頼できる情報から、見えること、わかることをちゃんとポイント押さえて
全体像を理解してから、確認に入るくらいが必要最低限です。


有象無象が色んな感情をむき出しに、言いたい放題ではありますが、
SNSなどをはじめ、情報発信する人も増えてきました。


色々ちゃんとリサーチしてから、決断するよう、
お気をつけください。


--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------



スポンサーリンク



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事

nice! 2

コメント 2

とある読者

最近は介護系雑誌広告や地方テレビコマーシャル迄、「◎△人技能実習生なら株式会社△△へ」とか、「◎△国に特化した技能実習生を取り組んでいます。」等々、どこが正しいブローカーかが判断がわからない。

介護施設も介護報酬改定や、20年近く前なら行政による各種建物建設の助成や自動車等の貸し出し等があったが、今は介護も過酷な自由競争です。取引する介護施設の数年間の財務状況や借金返済計画とか確認し、技能実習生を斡旋しないと、5(3)年間で経営が回らなくなり(主に人手不足)斡旋するブローカーも大損します。
by とある読者 (2018-08-17 06:38) 

元技能実習生監理団体職員

おっしゃる通りですね。
ブローカーの判別は、リトマス試験紙のように
インスタントな手法はありません。

自身の目を磨かないと。

それに、ブローカーも決して全員が儲かるものではありません。

どんなビジネスも同じですけど、
そうそう簡単にはいきません。

お金を支払う側も頂く側もホントに大変です。
本質的には変わりないんですが、
従来の判断基準があまり通用しないので。


by 元技能実習生監理団体職員 (2018-08-17 08:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント