So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

特定技能と技能実習制度、どうなっていくのか? [特定技能]

スポンサーリンク




誰も先のことはわかりません。
人によっては色んな憶測が、相変わらず飛び交っています。

images.png



当然ですね。
それぞれに死活問題にさえなりうる、入管関連の法の、
根本的な歴史的転換期でもあるのですから。


つまり、特定技能こそ外国人が純然たる労働者のビザとして、
統一されていくのであれば、
留学生や実習生などは、先細っていくことでしょう。


ただし、特に地方においては、
技能実習制度のイチバンの特徴として、
制度の特性上、『転職不可』という最重要ルールがあります。


つまり、国が、地方創生大臣までいるのであれば、
実質、地方救済ともなっている技能実習制度を、
あくまでも守っていくのか。


地方議員からすれば、中小企業の方々に支えられている部分も大きく、
地方の声を中央に届けられるのか。


ご承知のように、現時点で特定技能は転職自由です、その職種においては。
注:地方ごとに職種ごとの人数枠すら決めかねないので、実質は何とも言えません。


この辺り、今後、どう展開していくのか。
綱引きはどこでどのように争われ、どう落着していくのか。


全ては、選挙や議員さん方の思惑と、
各産業界のロビー活動や、お金の動き、利権問題など、
色々な過程を経ている最中かと思われます。



ただし、

特に法を決める側は、民主主義として人気商売でもあるため、
世論と支持者の反応を、特に気にします。

また、そのためにも世界各国の現実を踏まえ、
過去から一貫してきたルールを尊重し、どこまで変化に耐えうるのか、
政治の世界の常識と今後を天秤にかけて、
落ち着くべき所へとしか、落ち着きません。


その落としどころは、みなさんがそれぞれの過去の経験や知見に基づき、
こうなるはずだと先読みして、見切り発車をしていきます。


先行者利益があるのはわからないではないですが、
投資以前に、投機というギャンブルにしかなっていないことに、
気づかない経営者は少なくありません。


結果、送り出し国へ乗り込んで、
特定技能の候補者を集めていたり、
人材派遣会社を興してみたり、


確かに、仕入れも登録支援機関という器も必要となりますが、
はたして、アナタの思惑は、大勢としてはあってはいても、
ツメが甘くはないでしょうか。


特定技能は、どこまでも実質的に技能実習制度の延長線上にあります。
公開されている資料を読みほどいても、
現状の監理団体と同じような業務を負うことになること必至です。


実務の様々な現実を知らずして、ここまで経営が成り立たない業界は、
私の知る限り、ほとんどありません。


机上の数字の計算だけでは決してありません。


こういう資格や経験者がいなくては、
そもそも申請すら出せないとか、


ここでこんなコストが発生するのかとか、


そういえば、こういうことまで整備しなきゃならないのかとか、


監理団体業務をこなしている方々であれば、
思い当たることばかりのはずであり、

そういう方々こそが、手探りで、応用力を駆使して、
進めていけるものなのかどうか。



特に監理団体の方々も、実習制度はよくご存知であっても、
他の受け入れ手法は全く分からないって方も、
たくさんいらっしゃいます。


技人国や留学生、インターンシップ、永住者定住者などなど、
多岐に渡る受入の何たるかを、色々知っていればこそ、
入管の考え方に対してのモノサシが複数あって、
初めて見えてくることもあります。



例えば、宿泊で言うならば、
実習制度では、昔からの実習計画を作ってきた経験者ならまだしも、
新規参入者の方々では、宿泊の経験5年以上の方に責任もって作ってもらわないと、
そして、計画通りちゃんと履行できているかの確認をしてもらわないと、
受入申請すらできないって、お分かりの方は、
新規参入者にどれほどいらっしゃるのでしょうか。



留学生が年収300万以上と言われていて、
特定技能に、年収ハードルがつかないと、なぜ言い切れるのでしょうか。
それは、その業界において、他のコスト含め、
許容できる範囲なのでしょうか。



特定技能で受け入れしても、
東京の求人条件のほうが給与が高いから、
いざ求人票が出そろってきたならば、
地方の安めの求人条件では、
見向きもされない場合がある=いつまでたっても来てくれないかもしれません。


いやいや、技能実習制度と違って、
特定技能で来てくれても、技人国ビザのように、
やっと様々慣れてきて使い物になってきたころには、
東京へ転職していったなんて、ザラにある現実をご存知でしょうか。


そもそも、特定技能が実習生上がりを対象としていて、
現在でも、海外で技能検定を受けられる仕組みを作っていくなんて、
言われていますが、実現できると思っていますか?
実現するとしても、それが来春だと思っているのでしょうか?


送り出し機関だってビジネスですから、
日本からブローカーが殺到すれば、
値段は吊り上がっていくのも、当然です。

まだ上から目線で、偉そうに、受け入れてやるから、
言い値で優秀な人財を出せとでも言い続けますか?



まぁ、しょうがないのですが、
介護同様、いつでもブローカーは踊り狂います。
それも、俺だけは、私だけは大丈夫と自信満々で。


そして、現実に直面し、こりゃ計算合わないやと、
わかったとたんに、潮が引くようにいなくなります。


送り出し機関もバカじゃないので、
ちゃんとしているところほど、慎重です。
そもそも自国で日本の特定技能用のライセンスさえ、
現状のままでよいのかの確認すらできませんし。



なんか、特定技能と技能実習制度が、どうなっていくのか、
その見通しについて、少しでもと思いきや、
愚痴半分になってしまいました。汗



要は、現時点では、技能実習制度の延長線上の色合いが濃く、
新規参入したい方は、監理団体に入って実務を経験してみるのが、
イチバン業界が見えやすいと思います。


そして、できれば、様々な受け入れ手法の実務を経験できるといいですね。


そうして、見えることを増やしていくと、
落とし穴にはまらずに済むようになっていきます、
少なくとも、未経験者よりはよっぽど。



そうそう、詐欺師も増えてくるでしょうし、
気を付けてくださいね。




--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

----------------------------------------------------------




スポンサーリンク



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事

nice! 2

コメント 2

とある読者

2017年、日本国内で特別養護老人ホーム(特養)は約120箇所以上増加(小規模な施設も含む) 有料老人ホームは約7.6パーセント伸び、介護人材は不足しています。時給1000円でも人が来ません。

特定技能実習は、永住権も認められるとなると、参政権・被参政権も認められる法案が可決となると、将来特定技能実習生の方から
地方議員・代議士・議員が輩出されると思います。

今住んでいる所はただでさえ、外国人に対するヘイトスピーチデモや
抗議活動があるので、外国人バッシングや介護職場内での賃金格差や
日本人の雇用確保(介護は日本人の比較的中高年雇用が多い)
リーマンショックのような不景気絵になった場合、永住者が帰国せずに失業率が増加し、外国人による集会やデモが社会不安が行ったら
日本に来る観光客も敬遠し減少してしまうと思います。

大規模で急な特定技能実習生の受け入れは、実習生の家族の教育や生活も含め、まだ受け入れ態勢が出来ていないと思う。
by とある読者 (2018-10-13 13:26) 

元技能実習生監理団体職員

それほど急には増えないと思われます。

また、永住までの道のりは相当なハードルにて、
心配するほどではなさそうです。

さすがに世論や他国の失敗が反映されているかと。

でも、日本人との結婚など含め、
緩やかに増えてはいくのでしょうし、
避けきれないリスクでもあります。


by 元技能実習生監理団体職員 (2018-10-13 13:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント