So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

自ら学ぶ姿勢のない人は参入してくるな! [情けない日本人]

スポンサーリンク




あまりに浅はかな人たちが、参入して来ようとしている。
しかも、誰かに聞けば事足りると無意識に思い込んでいる...

ce_m2_LRG.jpg


わからないことは、人に聞いたほうが早い。

それはその通り。

しかし、自ら情報収集する人、
自らの頭で考え判断しようとする人が、あまりに少ない。

そして、
さらに、それらを聞く相手側の気持ちや事情を全く考えられない人が、
圧倒的に多い。


小学生か?


業界の人たちは、本当に面倒極まりないことを、
懸命に、受入側、実習生側の立場に立って、毎日毎日取り組んでいる。


単に金儲けで参入して来ようとしている人たちのために、
無償で貴重な時間を割いている時間なんてない。


もっと言えば、
おカネさえ払えば、教えてもらえるなんて思う輩に、
いくら積まれようが教えるつもりもない。

ウチを手伝ってくれ、
ウチにきて、仕事をしてくれないか。

...丁重にお断りいたします。


これだけ注目を浴びているからと、
それだけ明るい大きな手つかずの市場が今から開かれるとして、
挑戦したい気持ちは、よくわかる。


でも、あまりに浅はかな輩が多い、多すぎる。


わかる...
確かに、人それぞれのタイミングはバラバラで、
色々学びや気づきを得て、失敗を繰り返しながら、
それぞれの時期に業界へ参入してきて、
夢破れて去っていくものや、
食えないからと転じて悪質ブローカーへと成り下がるものも。
本業すらおかしくしてしまう方も。


でもね、
おカネに目がいっているようでは、
まったくもって、ホンモノではないし、続かない。

おカネは確かに大事であり、
事業は継続できねば意味もないので、
おカネのことを考えるのは当然。

でも、そのおカネのことが、
自分のことしか考えられず、
まず自分が儲からねば、周りのことなど考えられない、
という理屈を言い訳にして、
周りは儲からなくても良いとはき違える輩が、
なんと多いことか。

そういう方々は、
どこかで事業の足元をすくわれる。
また、そういう人に安定はやってこない。
どこかで誰かが問題を起こし、
毎年毎回トラブル続きで落ち着くためしがない。


逆に、
おカネが第一じゃなく、
自分の手間暇を減らすことが第一ではなく、
どこまでも受入企業と実習生のことが最優先で考え動ける人は、
例え所属先がおかしくなろうが、
どこかで誰かがちゃんと見ていて評価してくれているので、
移る先はどこにでもある。


そして、
この業界の酸いも甘いも分かっていればいるほど、
移り変わる法や現実をキャッチアップしていなくてはならないことも、
よくわかっている。

そして、
それは、ただ待っているだけで得られるものではなく、
自ら探し求めて、手に入れられることだとも。
そして、複数の情報源から様々入手して、
自身で判断すべきことも。


私が発信し続けているのは、
ひとえに、真摯に取り組む人たちにとって、
少しでもリソースを余らせられればという意味もある。
つまり、時間を節約できればということ。
自身で探しに行かなくても、
たくさんチェックしなくても、定期的に入手し続けられるように。


それらを、
新規参入者は、見事にはき違えて、
外国人技能実習機構へ聞くべきことも、
労基へ聞くべきことも、
入管へと問い合わせるべきことも、
何もかもを、誰かに聞けば良いとさえ、
思っている。

そんな都合の良い人間が、どこにいるものか。


いたとすれば、
それは悪質ブローカーの確率は高く、
上手にお金を取られて終わり。

彼らの常とう句は、面倒なことは一切私がやるから大丈夫というもの。

そこに、姿勢や考え方など一切話し合うことはなく、
どこまでもカネの付き合いだけ。
受入企業も実習生も、全ては置き去り。


最近も今までも、
ちょっと検索でもすれば、
メディアを賑わす社会問題にまで発展しているトラブルの数々は、
ごまんとでてくる。
それらを、ケーススタディとして、一件一件、ちゃんと調べることなど、
どうしてそういうことが起きてしまったのかなど、
考えもしないのでしょう。


走りながら考え、トライ&エラーを繰り返しつつ、
物事を進めていくことは大事です。

だけど、参入したい自身がラクをして、
ロクに考えることもなく、
いや、自身の金が増えることしか考えもせず、
誰かに任せて金だけ出すから言うことを聞け...
情けない経営者ですね。

そんなの通用する業界じゃないですよ。

ちなみに、名前を出していれば、刑事罰で捕まるリスクすら
ご存じない新規参入者ばかりでしょう。
例え知っていてもナメてる人ばかりでしょうね。

まぁ、ナメられる役所も役所ですが。




とまぁ、先日に続き、
ちょー上から目線で、一方的な愚痴を、
王様の耳はロバの耳を言わせていただきました。


社会では、誰もイタズラに敵を作りたくはないし、
どこで誰に刺されるかわからないと、万が一を心配する人や、
本気で怒り出すプライド?の高い経営者さんもたくさんいらっしゃるし、
人づて紹介であれば特に、相手の顔を立てて、
言いたいことの一つも言えない場合もたくさんあるので、
こんな場所で吐き出してみました。


ホント、人を大事にできない人。
人の顔をお金でしか計算できない人。
自分にとっての敵か味方かでしか判断できない人。
損得や勝ち負けのプライオリティーが高い人は、
あまり向いていないのかもしれません。
(それって、元来の経営者の性質なんですけどね。汗)


そういうレベルの方は、
どうか私の見えないところで、
縁が遠いところで、
いつまでもどこかで誰かとドンパチやっていてください。


特定技能がどうなろうと、
技能実習制度がどうなろうと、
国がどうルールを変えてこようと、
ちゃんとキャッチアップして変化に対応していきますし、
そもそも
諸外国と交わるビジネスは不可逆的に無くなりようがありませんので、
どんどん、次の様々なビジネスへと、
私たちは展開していきますから。


それと、
新規参入者すべてが大っ嫌いなわけではありません。

どこまでも金儲け至上主義者が嫌いなだけで、
自ら学ぶ姿勢があり、交流を深め、コミュニケーションを図り、
法や現実などを学び、広く深い知識や良識、
そして、自らの成長を求める方は、
お仲間として、ぜひ集っていただき、
一緒に成長していければと思います。


もちろん、他にも手法や選択肢はたくさんあることでしょう。


それでも、向かうべきゴール、目指すべき道は同じだと嬉しいですね。



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------





スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント