So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

介護一年目は247人来日の結果と、今後について [介護 技能実習生]

スポンサーリンク




少ないとみるか多いとみるか。
1年前、2017年11月にスタートした介護の実習生受け入れの結果。

careivpage_ima3.jpg


介護については、それこそ数年前から色々蠢いていて、
色々準備を進めてきていたところもあったものの、
結果としては、1年たって247人とのこと。


個人的には、よくそれだけの人数が入ってきてくれたと思います。

振り返ってみれば、
日本側の勝手な事情でスタートはしたものの、
各国それぞれに、日本側のボールが届いた時点で、
じゃあ、我が国からはどういう形で送り出そうかと、
それぞれに初めて動き始めたものです。


口を開けば、勝手に美味しいご飯が口の中に入ってくるワケないのに、
日本の上から目線であって、
お役所の目算は狂ったのでしょうね。


途中で現実を知り、
関係各所へヒヤリングをかけていたようですし、
それがもとで、日本語要件がネックとなっている現実がわかり、
ならばと、介護独自の新たな日本語検定を作って、
追加しようという動きもありました。
実質要件緩和と思いますが、
業界コンセンサスが取れていないのか、
未だに表面化はされていません。


しかし、
出稼ぎが目的の実習生が、
わざわざ日本語要件のハードル追加がある介護の実習生として、
よく挑戦してくれていると思います。

稼ぎも倍になるワケじゃないのに。


そこには必ず、理由があるはずです。

よく言われるのは、出口をどこに設定しているかでしょう。


3年じゃなく5年前提。

もしくは、介護福祉士としての資格取得で、
縁あればずっと、そしてそれに見合う給与。

はたまた、母国へ帰国後に、
現地での就労先の確保。


近視眼の外国人技能実習生に、
様々な教育を施していることでしょう。


それらが実って、247人が来日してくれていることと思います。

おそらく、もっと多くの人数が、並んで待っていると思います。


しかし、
それでも、何万人の人で不足対策には、
まだまだ時間がかかることでしょう。

何十万人もの穴埋めなんて、まだまだとても考えられません。


しかし、

特定技能含め、介護の門戸は確かに開き、
他の業界に輪をかけて、
様々な在留資格の選択肢が増えました。


今後、どう展開していくのかは、
神のみぞ知るところとなりますが、

おそらく、
どこまでも、受入側と人財側のWIN-WINを考え、
成立させられるところでない限り、
巷で最近やたら取り上げられているような、
不幸な事件を巻き起こす可能性もあります。


走り始め、様々な方々と交流を図っていると、
元EPA帰国者を集めて、
実習生でもう一度呼べるよう画策されている方もいたりと、
みなさん、様々な動きを取っているようです。


日本語教育の責務は、国にあるとして、
この先、もしかすると、
日本語教育コストについては、
負担をまぬかれることになるかもしれません。

それは、受入側にも人財側にも悪いことではないはずです。


こういう動きも、
一年アレコレ動いてみた結果、生まれてきています。
輩出国でも1年前と比べれば、送り出す準備は進んでいます。



2年目は間違いなく増えると思いますが、
どれだけ増えるかはまだまだ見えません。


数年前から、止まらない姥捨て山化に、
何らかの歯止めとなりうる手法が見つかればと、
介護はど素人ながら、この外国人労働者関連にて、
色々とコメントしてきましたが、

今後、もっと良い仕組みができていくことを期待して
微力ながら、また色々調べて共有して行けたならと思います。

そして、何らかの解決策の光が見えてくることを願ってやみません。




--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------




スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント