So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新規参入したがる方々の思惑と行く末 [経営者の悩み]

スポンサーリンク




これだけ人手もいないし、
だからといって先も見えない時代に、

teian.gif


いくら人件費よりも安いからと言って、
設備投資に資金投下できる会社ばかりじゃない。

設備投資しても、これだけ技術の進歩が早い今、
一年後、二年後には、さらに生産効率の上がる仕組みが、
もっと格安でできているのかもしれない。

AIの進歩が今あるインフラそのものをも変えてしまうようになるとすれば、
10年、15年を見越す設備投資など、
到底できるものではない。


まして、研究開発にお金を費やせるゆとりのある会社は、
それほど多い筈もない。


であるならば、

中小零細企業はどうやって生き延びていけばよいのか。

他ではマネできない技術や特許などを持っているとか、
一部のニッチマーケットをほぼ独占しているなどの、
ゆるぎない長所を持っている会社であればまだしも、

やれISOだのHACCPだの、
ホワイト企業としての
ラベルの確保と意地にすら膨大にコストと労力もかかる時代に、

もはや体力のある大企業以外は、
生き残るに難しい時代ともいえます。



そこに、


人手不足だから外国人労働者の受入が新たに解禁となる。

どうやら資本も資金もそんなにいらないみたいだし、
動いた分、お金になるぞと。

在庫を抱える資金も要らないとなれば、
色々探ってみると面白いだろう。


今の事業がぶっちゃけいつまで続くかわからないし、
先行き見通しは決して明るくはないから、
この時代、将来性がありそうで、
なおかつ自身の周りでも需要があるこの業界は、
参入するのにおもしろそうだと。



言葉悪いけど、
本業の傍ら、片手間でもできそうだぞと。



そもそも、ウチで困っているんだから、
周りも困っていて当然だし、
受注できれば小銭は入ってきそうだし、

なんか面倒くさそうだけど、
それはスタッフに調べさせて勉強させればいい。


そうだ、社長の俺は、
会社のために仕事(事業)を作るのが俺の仕事だ...


仲の良い社長連中に声かけて、
みんなでカネ出し合って組合つくればいいでしょ...

なんて展開が想像に難くありません。


ただし、社長さん方も当然バカじゃないので、
色々調べます。
話も様々聞き及ぶことでしょう。


その内容によっては、
足踏みをしたり、風呂敷を広げたり、
どうだ俺様ならではのアイデア、素晴らしいだろう!
って感じで、事業に取り組み始めます。



楽しいですよね、
何か事業の立ち上げをしているときって。



頭の良い方は、先行きが見えてくると、
途中でストップします。

頭よりも行動派の方は、
おカネが続くかなくなった時点で、
終了します。


もっとお金と時間にゆとりがあり、
長い目で見れる方であれば、
少しずつ形を築いていけるのかもしれません。



ただ、
最終的に参入を可とするのは、
この仕事に惚れ込んで当事者意識をもって取り組んでいる人たちが、
どれだけいるか、に関わってくるのだと思います。



以前、こんな相談をいただきました。

事業へ参入したいが、どうやったらいいか。
アレは良いか、コレはどう思う?...
あまりに個別で表面的な質問や相談が頻繁に多く、
これは個別コンサルを必要とするレベルだなぁと思い、
対応いただける方をご紹介したところ、
このコンサルを受ければ、稼げるようになるのか?とのご質問が。。。

お気持ちはわかりますが、
お相手を信頼できそうかどうか、
飛び込むべきかどうかの決断が出来なければ、
ご自身で少しずつ調べ確認し、
築いて行けば良いことでしょう。


この事業の個別コンサルって、みなさん気にされていないようですが、
本当に大切だと思います。
特に業界を知らない人たちにとっては、
一つのつまづきを、こうであろうとホッタラカシて進み、
結果、後々になって、不可逆的な欠点になる場合が少なからずあります。

もっと言えば、
一つのつまづきを乗り越えられず、
ずっと足踏みしていて次へ行けない。


よく時間をお金で買うと言いますが、
その通りだし、
なんならジャラジャラとお金が湯水のように流れ落ちる穴を
事前にふさいでおくこともたくさんあります。


本当のコンサルは、
ここの目的、ゴールへ辿り着くためには、
どこで何がどれだけ必要であって、
それは、これだけ稼げるようになれば、
元は取れるよね~、っていう説明ができる方であり、
そこへ実際に導いていくことが、コンサルですよね。


そして、それらをコミットできるからこそ、
安くはないコストを事前に支払う価値があるものです。

ただし、

コミットするのは、コンサル側だけではなく、
コンサルを受ける側にも求められます。


そして、

当然ですが、絵に描いた餅で終わるリスクはあります。
現実は、机上の計算通りにはいかないものですし、
なによりコンサルを受ける側が自身で取り組むことです。

コンサルをする側は、どこまでも寄り添い導くのみ。
実際に歩くのはほかならぬ当人ですので。


別にコンサルする側の言い訳を
事前に説明しているつもりでもないのですが、
こういう点をきちんと事前に話せないと、
互いに身勝手な解釈が進み、
それを交渉だとばかりに駆け引きする人までいるのが、
面倒くさい。


よって、金の貸し借りのように、
この人になら結果詐欺られてもしょうがないと
納得できる人でなくては、
コンサルを受けてはなりません。


逆に、
コンサルをする側は、
自分に頼ってもらえたら、何が何でも儲けさせる?
目的目標を達成させるという気概が必要なのでしょう。

あぁ、金額や求められる役割にもよるでしょうけど。




えっと、話がそれましたが、
もうソレついでに、そんなコンサルができる方いれば、
当方まで連絡下さい。

当方に並んで待ってるなんてことはないのですが、
もしかすると、
お繋ぎできることもあるやもしれません。



個人的に、新規参入を敬遠しているつもりはありません。
その前に、絶望を踏まえて乗り越えるだけの気概や責任感、
良識をお持ちかどうかだけです。
それと、体力的な資金ですね。



交流が深まり、
新しい人が増え、
新しい風ややり方、知恵や工夫が増えることであれば、
大歓迎です。

そこまでいかない方も多いのですが、
まともな考えの方も少なからずいらっしゃるはずです。


そんな方は、ご関心あれば、
ご相談ください。
お役に立てるかもしれません。



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------




スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント