So-net無料ブログ作成

外国人労働者就労支援事業の成功の秘訣 [特定技能]

スポンサーリンク




個人的な考えですが、ズバリ、申し上げます。
それは...

teian.gif


知ってるか知らないか。
動いたか動いてないか。


もうそれだけ。

特定技能だとか、外国人技能実習制度だとか、
留学生、就労ビザなど在留資格の別を問わず、です。


つまり、資本主義の世界において、
事業=金儲け...と考えるのであれば、
知識や経験があるかどうか。


ココにつきます。


あぁ、いつも通り、大前提とすれば、
人を人と思わない人には、そもそもが無理ですが、
たとえそういう人であったとしてさえも、

知ってるか知らないか。
動いたか動いてないか。



事業というのは、そもそも会社を作っただけじゃ、
全く意味はありません。
設立にお金を使っただけ。
社長になるだけなら誰でもなれるのと同じ。


きちんと、安定して事業が継続していくことでこそ、
事業の成功と言えます。


この業界では、ご存知の通り、
とても足が長い。


つまりは、利益のキャッシュインまでに、
早くても数カ月という性質があります。

なぜならば、人財が入社配属されるまで、
基本的にはお金は支払われないからです。

無論、先にかかる諸経費というのはバカにならず、
どうにもうこうにもかかるコストは、
受益者負担として、時に企業に、また時に外国人労働者に、
それぞれかかってきますし、
それらの負担はそれぞれしますが、
その額面が決して小さくないことと、
間に入る業者的には、
そこに利益を乗せることはなかなか難しい現実があります。

もう一つ、在留資格が関係する以上、
120%保証された許可案件など一つもないからです。

業者側にすれば、
事前準備や手配、段取りなどにこそ、
相当な労力や時間がかかり、
本来であれば、そこに利益が乗ってこなければ、
並行して進んでいる案件の数だけリソースが必要となり、
なかなかに難しいところがありますが、
今度は支払う側の諸事情や、
そもそも入社配属という現実が成立してからでなくては、
そもそも商品が納品された(失礼)ことにもならず、
支払い義務が発生しないさえ思うからです。


だからこそ、受注できたとしても、
まずは入社配属まで頑張るワケですが、
じゃぁ、商品が納品されたから、
全ての利益を支払ってくれるのかといえば、
そうとは限りません。


それに、完納が業務終了とはならない場合も少なくありません。
*就労ビザのビザ取り業務や有料職業紹介事業は別かもしれませんが。


その外国人労働者が、適正に健全に、
受け入れた企業が求める労働力を提供できているかどうか。
外国人労働者それぞれに、ちゃんと不安や心配や問題を抱えることなく、
元気に時間通り働きに行き続けられるかどうか。
また逆に、受入側は適正に労務管理ができているかどうか。
などなど、支援し続けることまでを責任として、
受入支援に励む場合も多く、

結果、細々と労力と時間を注ぎ続けなくてはなりません。


それらを考えるに、安定継続した受入が続かない限り、
途中帰国や失踪などは、歩留まりが悪くなり、
何のために受入のため、事前に長いこと諸経費や労力を費やしてきたのか、
全くの赤字となってしまうからです。


じゃあ、そのために、何をどこまで何のために整備しておかねばならないのか。
どこまでどれだけ適正支援し続けすべきなのか。


様々知らなかったら、気をつけるべきこと自体も、
どこまでケアすれば大丈夫かなども、
受注を増やし、どれだけ積み上げても、
いっこうに利益はたまらず、少なくとも資金は行き詰まっていきます。


じゃあ、どうすれば知るべきことを知ることができるのか。

それは、ひとえに自身で複数の経験をするのがイチバンです。
でも、そんなこと言ってたならば、
始まらないし、始められないし、
他社にドンドン先を越される焦りにさいなまれることにもなります。


いったい、どうすれば...

答えは簡単。

実際に取り組んできた人へ、
また手痛い失敗を繰り返してきた人へ、
直接聞いたり、助言や支援を求めれば良いだけです。



ただし、そんな方、どこにいますか?
ましてや、そんな方にとってみれば、
自身の競合先を増やすために、
尽力してくれる方ってホントにどこにいると思いますか?
自身で探せますか?

探し出せた方は、はたしてアナタが求める事業に対して、
十分と言えるだけの助言や指導を責任もって対応してくれますか?


いないし、お金がかかるとしたらもったいないよ、
ぶち当たって走りながら考えて対応していくからいいよ、
そんな前時代的な経営者も未だ少なくないでしょうね。


これまた何度も言い続けていますが、
しょせん、自身で痛い目見ないとわからない人ばかり。


それでも、勘が鋭い方は、
当業界事業を真剣に考えている方は、
少なからずいらっしゃいます。


そんな有能な方々のために、

お試し/『個別コンサル』マッチング
https://www.gaikokujin.link/member/cf/00


こんなサービスを作ってみました。

このサービスの大前提は、
当方の主張し続けていることに、
心から共感いただけるような方、
それは当方への一定の信頼を置いていただけている方でなくては、
まったく絵に描いた餅でしかないのかもしれません。


であれば、
当方が厳しいアナタの目で、信頼するに値するかどうか、
ご自身でご判断ください。



どこまでいっても、
実際にアナタが、行動に移さなければ、
絵に描いた餅のまま、何ら現実が変わることなく、
イタズラに時間だけが過ぎていくことでしょう。


当然、知るべきを知り、
それらを実際に自身で行動に移してこそ、
事業の成立に必要な様々なことがわかり、
着実に積み上がっていくことで、
利益もまた積み上がり続け、
健全経営が可能となります。


...お分かりでしょうか。
お分かりになりますでしょうか。


具体的に上げだすとキリがない。
それらを時系列的に、体系的に、
理解している方々でなければ、
適切な必要十分な助言指導はできません。


極論を言えば、
100万をケチって、1000万じゃきかない損失を負うか、
何なら200万を支払って、背負いきれない潜在リスクを回避し、
支払った200万を優に超える適正な利益を生み出し続ける事業体を、
一日でも早く築き上げるか。


意味が痛いほどわかっている私ならば、
迷いもなく後者を選択します。


どうせ乗るビッグウェーブならば、
乗りこなせずに溺れてしまったなら、
乗っかった意味もないですからね。


--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------




スポンサーリンク



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント