So-net無料ブログ作成

特定技能も少しずつ体制が整ってきてはいますね。 [特定技能]

スポンサーリンク




でも、まだ、固まって、
様々なレールが、幅が、出そろったワケじゃありません。

Buzzap_39355_1.jpg


最新ニュースに一喜一憂されている方も多いようですが、
結局のところ、
先行者メリットはある程度はあっても、デメリットの方がはるかに大きい。

先行者がつまづき、予定すら立たず、
目論む実利は当分上がらないのは当然です。

現実を考えれば、
実利面が整わねば、
様子見でスタッフ投入し続けられる事業主ならばともかくも、

ラッキー目当ての、出来高実利じゃ、
フツーの事業者は、資金もあっという間に底をつき、

どうにも目も当てられずに、下手をすれば悪質ブローカーに
成り下がっていきます。


実情を俯瞰的に、時系列的に見通せていない業者は、
相も変わらず、特定技能有資格者の元実習生を集めていたり、
それらのリストをどうにか売りさばけぬものかと、
アチコチに必死に営業してみたりしているようですが、
無理なものは無理なんです。


根性でどうにかなるモノじゃない。
知恵を絞れば、抜け道があるってモノじゃない。

スポーツにおいて、根源たるルールが出揃ってもいない。
いつ出揃うかなどのスケジュール見通しすらない。
あっても、期日の約束などない。

そんな中で、いくら戦略を練っていようが、
計画が立つわけがないんですから。


個人的には、現実習生が、帰国を前にして、
受入先での継続を、労使ともに相愛で契約が整う場合においてのみ、
そのタイミングで様々確認できる範囲で、
手続きを進めてみるくらいの対応が、現実では関の山です。


もろもろわかっている方は、
最低限のアンテナだけは張りつつ、
情報キャッチに余念がないだけ。

実際には、何ら積極的に動くこともない。


実績は始まったようですが、本当に不安定。


踊り狂っていた事業主が、
意識的か、知らなかったで通ると軽く考えて、
不法滞在者の斡旋に関与したり、
待ちきれずに食うに困って、
アホなコトばかりしでかし、
無駄にメディアを賑わし、
これ以上の法の細分制定や、
軌道修正的後出しじゃんけん対応に傾くことのないよう、
願いたいものです。







スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。