So-net無料ブログ作成

外国人技能実習生の上手な使い方とは。 [技能実習生の法改正]

答え・・・わかりますか?


受け入れた後でも、様々企業ごとに、その国毎に、それぞれトラブルが発生します。

外国人技能実習生をいかに上手に使うのか。
注:こういった伝え方をすると、すぐ低賃金で奴隷のごとく、上から目線で
  人権無視の人種差別だなどと言い出す輩がいますが、
  そもそもお互い敬意をもって接するも、組織としての上下関係まで
  否定しないでくださいね。


key.jpg


御社では、どういったトラブルが発生しますか?


社内の人間関係?
言葉の問題?
パワハラ?
セクハラ?

特別教育に対応できない?
給与計算がうるさすぎる?
労務に対して厳しすぎるから面倒で嫌気がさす?

使えない人選をしてしまって、帰すに帰せず困ってる?

実習生が借金多すぎて失踪が多く頭を悩ませている?

監理費などが高くて他に安いとこを探してる?

組合職員が頼りにならずに困ってる?

頭や体をこずいて接していて、実習生からクレームを言われてしまう?

対象職種がグレーゾーンで、JITCO(今後は外国人技能実習機構)の監査時に
上手に対応できない?

実習生が技能検定に受からない?

実習生の日本語能力がいつまでたっても成長せず困っている?


・・・色々な角度からトラブルは様々ふってわいてきます。


一つ一つ対処していくしかありません。
その積み重ねを経験値とし、次に活かし、御社独自の実習生の使い方の
生きた貴重なノウハウとして修得していくほかありません。

実習生には『普通』に接しましょう。気遣いしすぎず、甘やかしすぎず、
厳しくしすぎず、様々キャッチボールが必要不可欠です。


ちなみにこれらは、少し角度を変えれば、実は日本人にも同じことが言えます。

別に監査対策ではなく、日本人従業員、一人一人とたまにはお話していますか?

それらの会話の中から、未然に摘み取れるトラブルの芽を感じ取っていますか?

そして、ちゃんと対応していますか?


確かに外国人ならではの、扱い方や指導の仕方もありますが、
所詮人間、ヒト対ヒトでしかありません。


人が人を使うというのは、やはり簡単ではありません。
私自身ももちろんですが、絶対的な正解などないからです。
そして、一律的な答えもない。


急がば回れ。

一つ一つ経験を増やし、大事にノウハウを育みましょう。

それが私の思う『外国人技能実習生の上手な使い方』です。


追記:インターネット時代

コンプライアンスにのっとって整備を進めていけば、間違いはありません。
下手に企業に傾いた解釈によっては、実習生にも関係各機関にも、
刺される可能性がある時代です。
この点も、十分お気を付け下さい。





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事