So-net無料ブログ作成

未だ中国人技能実習生の受入を継続されていらっしゃるのですか? [監理団体と送り出し機関、他]

法務省から外国人技能実習生の失踪についての数字の公表があったようです。

話題の中国人の失踪が多い点について、想像の範囲で、
暴露すべき原因を列記してみます。

cfbc8_368_2190e007e63d2908b6c40bee670a1589-m.jpg


とりあえず元記事はコチラです。

消えた中国人 5年間で1万人超 昨年の失踪外国人が最多 治安に影響も
産経ニュース 2016.10.31 07:00
http://www.sankei.com/affairs/news/161031/afr1610310002-n1.html


以下、中国人の失踪が多い原因について、
様々列記してみます。


・今と昔の為替格差、所得格差の縮小

 言わずもがな、10年以上前は、田舎の中国の方は定職にもあぶれ、
 自営の農家のお手伝いをするか、職に就けても月収1万円前後の方が、
 ほとんどでした。
 よって、日本に出稼ぎに来て、当時は日本も残業が溢れていましたから、
 10万円の所得が可能であるならばと、何億人の方々が、
 列を作って並んで待っているほどでした。
 今となっては、出稼ぎに出るほどに魅力的なほどの所得差はありません。

・中国人の気質の問題

 韓国人や中国人に言える割合が高いのですが、
 率直に言って、所得差が十分にあった頃はともかく、
 今では、来日してから給与が少ない、残業がない、
 このままでは借金が返せない、など言いたい放題。
 相手の都合は考えられず、自己中心的な言動になりがちです。
 なんでも従順に従って欲しいというワケではありませんが、
 話し合いすらできない場合、問題があった場合の解決は不可能です。

・送り出し機関の問題

 中国が長く続いたせいか、送り出し機関(公司)の競争が激化し、
 監理団体との付き合いを増やすため、継続維持するため、
 管理費を安く、その分、実習生から多額の費用を支払わせている公司が
 非常に多くなりました。
 監理団体側にとっては、費用面だけ見ればありがたい話ですが、
 来日後に失踪の呼び水となるほどの借金の大きさでは、
 本末転倒です。
 公司は入り口一発もらえれば、管理費なんてもらえたらラッキー程度なのでしょうか。

・賄賂でがんじがらめの監理団体

 中国側の攻勢にハマり、理事長や専務理事などの送り出し機関選別決定権者には、
 個人に対して管理費のバックマージンがあったり、中国に行った時には、
 率直かつ下世話な話ですが、裏で、酒も女も金も、あれもこれもの接待攻勢の嵐。
 美味しい汁を吸うことにマヒした監理団体のトップは、
 中国送り出しを他国に切り替えるなんて、もってのほかですよね。
 ・・・情けない。


以上、ざっと記載するだけでも、クリティカルなことが盛りだくさんです。

*あくまで、私の個人的な想像の範囲ですので、
 個別に中傷しているワケではないことを重ねてお断りしておきます。
 今でも、マジメにコツコツと研鑽を重ねているまともな送り出し機関も
 あろうかと思います。
 誤解なきようご注意願います。


もちろん、中国は広いので、田舎に行けば行くほどに、
スレてない純粋な真面目な純朴な人財も、
まだまだいることとは思いますが、

じゃあといって、送り出しがそこまで真面目に取り組むことに
メリットを考えていないのも現実です。



ちなみに、これも一情報として全部ではないのですが、

中国に見切りをつけた中国の送り出し機関は、
陸続きも含め、
ベトナムの北のほうに資本から入り込んでいるという話も聞くほどです。


上述とは別に、ベトナムも年月が経てば、
似たような経緯をたどりそうな気がして、
実はここ数年、危惧しています。


法改正後、3年実習の出口までを、入り口からつつがなく進めるためには、
どの国を選定して受入を進めるかは、悩むところです。

とはいっても、受入企業側にユニークな事情もあろうかと思います。

先の話も含め、現状のベストを探りつつ、受入を進めていくことが、
現実的ではないでしょうか。


ただ、残念ながら、
とにもかくにも、実習生として中国は、
総合的にも、個人的にも、あまりお勧めはしていません。





nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事