So-net無料ブログ作成

外国人技能実習生の受入は、今、どの国がいいのか?! [技能実習生輩出国、送り出し機関の現実]

久しぶりに送り出し機関の方と色々お話ししました。
ベトナムの送り出し機関では、日本国内において、
日本人を雇って、日本対応をさせているほどです。

12449655_1111051508929274_1161126962_o1.jpg


かつて、中国が絶世期であったころ、
実習生が背負う借金額がみるみる大きくなっていくことに気づけるわけもなく、
結果、手痛い失敗をしたのは、はるか十数年前。

競争は激しくなり、監理団体の責任者が賄賂で手籠めにされたり、
一人受け入れたら、管理費を支払うどころか、いくら支払ってくれると、
ウキウキしてボロ儲けをたくらむ組合も少なくなかったと思われます。

それでも、中国もまっとうに取り組む送り出し機関がないことはなく、
日本のサービス、品質、責任感という点から、教育やシステムの健全化に
磨きをかけ切磋琢磨していた送り出し機関もありました。

3年、5年過ぎ、リーマンショックがあり、日中の国家間の問題もあり、
東北大震災もあり、気づけば中国の経済成長の早さから、
日本との経済格差は見る間に近づき、結果出稼ぎに来る魅力は
かなり失われてしまいました。


並行して、ベトナムが注目され、かつては空港に降りたら、
10人中8人がいなくなる時期を越え、万引き事件も少しずつ少なくなり、
中国の代替国としての位置を築き始めます。


日本がお客となるこの制度に、ベトナムでは、
あっという間に送り出し機関の乱立が始まります。

国営企業がもつライセンスを間借りする代理店業が増え、
プチ中国化し始めます。

インターネットの普及のせいか、
時代のスピードは超絶早く、
ベトナムの経済発展も右肩上がり。

結果、中国の経験から、今後来るベトナムの実習生は
3年半後、はたして借金を背負って出稼ぎにきた意味が
あったのかどうか、心配になってきています。


他国はどうなんでしょうか?

個人的には、フィリピンを推してきていますが、
フィリピンも一長一短があります。

国のシステムとして送り出し機関は、良質な中国、ベトナムの送り出し機関と比べ、
とてもではないですが、レベルが低すぎる。

インドネシアはよくはわかりませんが、
イスラム教の断食や礼拝、豚肉拒絶の習慣が、
日本企業には合わないと思われます。

ミヤンマーはパスポートなど明らかに偽造と分かる書類が多く、
日本の入管が非公表ながら在留証明を下さないという噂を
教えてもらいました。
マレーシアもスリランカもネパールも同様の様子です。


国を変える(増やす)という行為は、受入企業はもちろん、
監理団体にとっては、大変大きな決断です。


国ごとに、日本では想像つかないルールもありますし、
そもそも送り出し機関が、日本の常識の温度では
機能してくれません。
例えば、実習生のサインが必要な書類に、
サイン漏れがあるのを平気で期日ギリギリに送ってきて、
いったい入管にどう説明しろと。
そんなくだらない理由で、受入がまた一カ月遅くなる始末です。

また、送り出し機関は、なんとか人を集め、
なんとか送り出した後は、まったく知らん顔なんてことは、
ザラにあります。

なんのために管理費を支払っているのか、意味が分かりません。


話がそれましたが、結果、どの国が良いのでしょうか。


強いて言えば、この先それなりに長く安定的に続けられる、
日本との経済格差が長く続いてくれる(不適切な表現をご容赦ください)、
素直で頑張る、文句も言わない楽な実習生を、
きちんと送り出して、フォローしてくれる送り出し機関の有る、
国はどこにあるのでしょう。苦笑


苦笑いするしかありませんが、
法律は、制度が改正され、全てのハードルが上がります。

その上がったハードルに監理団体はもちろん、
送り出し機関も結果的には、つき合わされれます。

そんなハードルに付き合いきれる国が、送り出し機関が
いったいどこにあるのか、本当に教えていただきたい。


ナゼかご縁があって、私が気にかけていた国は、
先日議会の解散を宣言し、政局が不安定です。

そんな国でも、正直困ります。
政治が、治安が、不安定な分、
その国にある大使館でビザ発給してもらえなければ、
実習生は日本には来れないからです。


監理団体の方々、ぜひご教授ください。

よろしくお願いします。



宣伝です。

こんなサイトも作ってみていますので、
まだまだ鋭意作成中ですが、
ご興味ございましたらご参照ください。
昨日と今日でガラッと変わるくらい、まだまだ試行錯誤中です。汗

『外国人労働者受入の円滑な進め方』
http://gaikokujin.link/blog/




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事