So-net無料ブログ作成

今日も聞かれた「介護の技能実習生」はいつからスタートなのか? [介護 技能実習生]

色んな方々が動き出していますね。

『介護の外国人技能実習生は、いつから受入ができるのか?』

そんな相談が今日も来ました。

setsuritsu.jpg


振り回されないほうがいいですよ~


私の返事はいつも同じです。


とりあえず、個人的な現状での読みを申し上げます。
あくまで私の勝手な見通しです。


現在、第192回臨時国会にて、参議院の法務委員会にて審議が行われている最中です。

今臨時国会は、期間が今月末。11月30日までとなっています。

まず、今臨時国会中に、参議院も議決され、通過して法案成立となるのかどうか。


衆議院でも、法案提出されてから継続審議となり、1年以上経過した後に、
やっと議決されました。

さすがに衆議院ほどの時間はかからないと思いますが、
今月中に法案成立となるかどうか。

お役所のやることはわかりません。
まして、お役所のお偉い連中がやることですから、余計にわかりません。


そして、成立したとしたら、次は施行日がいつになるか。

普通に考えれば、早くて来年、2017年の3月でしょう。

その通りになったとして、4月1日から公表され、公式に受入スタートです。


怖いもの知らずで、見切り発車している方々の中には、
もしかしたら4月1日に、申請書面など入管に持ち込むつもりの方々がいそうですが、
そんなことが、お役所でまかり通るのかどうか。


いや、今までの門戸が開けた職種で見ても、
お役所も技能実習計画などの許可を、何をもって許可していいのか、
責任逃れの根拠が不十分かつ浸透しきれていないでしょうから、
申請は受け付けても、実習計画そのものの許可が、
はたして通常通りに下りてくるかはまったくわかりません。


縦割りかつ担当部署の担当責任しか考えないお役所ですから、
申請先が遅れようがまったく意に介しません。


ここでも在留許可が下りるまでのスケジュールがよめないので、
受入希望施設側にも、いつ頃なんて、私では見通しすらお伝えできません。


加えて、法改正後は、許可を出す機関は、入管の手前で、
外国人技能実習機構への事前お伺いが必要となります。


いや、その前に、監理団体ごとに適切な機関かどうかの
判断も改めてあるものと織り込むと、もはやスケジュールの立ちようがありません。


加えて、介護の実習生での入国については、
N4相当の日本語能力が必要と指摘がなされています。
2年目に移る際には、N3相当です。


誰がどうやって判断して、その許可を与えるのでしょう。



お伝えしたいのは、冒頭申し上げた通り、
振り回されないことです。



ぶっちゃけ、今日聞かれたのは、わかっているようで全くわかっていない、
マーケットを数字でしか見ていない経営者の方です。
(介護業界ではありません)


こういう方が、踊り、飛び跳ね、結果責任は取れないし取るはずもないんだろうなぁと。


皮算用は、一人1万円でも抜けたら、100人入ったら100万円が毎月か!なんて
非常にあまっちょろいことしか、頭にはないのでしょう。


現実はそんなに甘くはありませんし、
実務に従事するなら別として、
そんなブローカーに分け前を回せるほど、
監理費コストは高く出せるワケがない。

高い監理費で受入ができるワケがない。


だから、イチバン振り回されてほしくないのは、

受入企業となる施設の経営者の方々であり、そこで働くスタッフの方々。

また、対象となる知識も現実も理解していない、理解できない実習生候補者の子たち。


決して、興ざめさせたいワケではないんです。


むしろ、早くレールを確定して欲しいくらい。
困ってる方々にとってのwin-winが成立するのであれば、
もう今すぐにでも。


だけど、そうもいかない現実を踏まえて、話を進めていかねば、
行きつく先は、にっちもさっちもいかない不幸な結末のみです。



『風が吹けば桶屋が儲かる』この事業。

悪い意味でも、不可逆的に一直線です。


見えない方々が、落とし穴にはまらないことを祈るばかりです。





宣伝です。

こんなサイトも作ってみていますので、
まだまだ鋭意作成、試行錯誤中ですが、
ご興味ございましたらご参照ください。


『外国人労働者受入の円滑な進め方』
http://gaikokujin.link/blog/



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事