So-net無料ブログ作成

けっきょく人手不足対策の技能実習生受入で良いのか?! [人口減少社会]

昨今のニュースでは、さんざっぱら人手不足のため、
外国人技能実習生を受け入れるという記事が蔓延しています。

images.png


先日、記事にも取り上げましたが、この制度は人財育成を通した、
国際貢献の制度です。

そのため、本音と建前の乖離が大きく、表っ面を整えるのに、
現実とのはざまで困難を極める場合があります。

法は大事ですが、ある意味、トランプ大統領が当選するように、
現実の前では、建前が通らないこともしばしば。
*いや、トランプ大統領を是とすることでもないですけど。


ニュースで言われているように、
お役所ですら、人手不足に労働力確保のために、実習生受入との記事が、
これでもかと掲載されています。


入管は、労働力確保のための実習生受入であるならば、
申請を却下するハズですが、建前さえ整っていれば、
申請を受け付け、認定書を交付し続けています。


つまりは、入管様もわかってはいるけど、法律だから建前守ってね!としか、
言いようがないということでしょう。


であるならば、組合を作って、建前を尊重して、
現実を取りに行くことに、歯止めがかかるワケがありません。


個人的には、『悪質』かどうか。

この1点において、外国人技能実習機構が動いてくれるならば
大変ありがたいことですが、

どうも法律の重箱の隅を突いて違反する監理団体や受入企業の数を、
それなりに上げようとするようにしか思えません。


企業側も、現実論として交通事故にあうか合わないかの瀬戸際でしょう。


本当に、白黒はっきりしてもらいたいと強く願うばかりです。


労働力確保の策が、外国人技能実習制度にしかないのであれば、
堂々と人手不足を助けてもらうために、受入をしていますと、
胸を張って言える日が待ち遠しいものです。



宣伝です。


ご関心のある方は、以下よりどうぞ。


『受入企業専用メール配信登録フォーム』

対象:実習生受入企業の社長またはご担当者の方、
   また受入を希望、検討されている方。

*推薦できる監理団体の紹介(斡旋ではないです)であったり、
 法改正後の具体的ルールなど、不定期に配信します。
 現監理団体へのご不満や確認事項、セカンドオピニオンなど、
 個別相互のご相談も可能です。
 監理費が適正価格なのかどうかも、
 私の主観でしかございませんが、お答えいたします。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/5y



『監理団体専用メール配信登録フォーム』

対象:監理団体の方

*協同組合(監理団体)の方、良かったらご協力ください。
 様々お困りの受入企業の方のご相談対応等、お願いする場合がございます。

 http://www.gaikokujin.link/member/cf/qmcsb7



※当ブログでの上記案内記事はコチラ

 http://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/2017-01-06

※就業ビザでのお受入や人財会社向けの登録フォームもご用意いたしました。
※他に送出し機関や、上記に当てはまらない方は、
 サイト内のメールアドレス宛に直接メールください。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事