So-net無料ブログ作成

貴社では実習生からのクレーム大合唱にならなくて済みそうですか? [技能実習生の法改正]

法の厳格化の致し方ない面が出始めてきているように思われます。
貴社の実習生の寮は大丈夫ですか?監理団体の方、チェックされていますか?

IMG_02091.jpg




外国人実習生の宿舎待遇策 改善規定、3カ月で後退
東京新聞 2017年10月9日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201710/CK2017100902000123.html



関係者は、記事を一読することをお勧めします。

貴社の実習生は、貴監理団体先の受入企業では、
実習生からのクレーム大合唱にならなくて済みそうですか?


実習生間のネットワークは想像以上のものがあります。
SNS含め、私たち日本人が知らない母国語の情報サイトなど、
どのように接点ができているのかの実態は、
私たち日本人にとっては、なかなかにつかめません。


以前から寄宿舎規定なるルールもありましたが、
新制度以降、実習生保護の強化の観点から、
こういうチェックも厳しくなっていくようです。


記事のケースは、相当数の実習生受入をしている企業にしてみれば、
寮費負担がもったいない。
実は昔、私も浅はかながら不動産での不労所得の画策を考えてしまったくらい。汗


どうやっても受入が続く実習生という入居者がほぼ間違いなくいることを考えれば、
企業とすれば、資産ともなりうる自社物件を準備することは、
自然の流れです。

3年、5年と受入れ、実習生が十分戦力として認められることが分かれば、
ほぼ100%の確率で、数十人規模の受入先では、寮の建設、新設に
舵を切ります。



その時に、気をつけねばならないのが、このルールです。

記事にある企業では、実習生の部屋の広さをケチったのか、
狭くしている様子。

やれプライバシーを守ってほしいだの、
受け入れ人数が入れ替えの狭間では変動することも考えれば、
3人以上の部屋などよりは、二人部屋、いやワンルームですら、
考えてもおかしくありません。


コストのバランスを考えても、新設の寮の寮費は、
今までの築ウン十年の寮費よりも高くなることでしょう。

おそらく建設前に実習生に聞いたとしても、
絶対キレイな寮が良い!と言うに決まってます。

でも、寮費が高くなるよ!というと、沈静化します。
沈静化しなかったとしても、そのまま建設して、
いざ入居、寮費が高くなるとなったとたんに、
やっぱり前のほうが良いとなります。


こういう点は、えてして身勝手な実習生が多いのが現実です。

これ、労使協定などにて合意を取り付けても、
けっきょくもめ事になるのでご注意ください。

記事後半でも、法が許容してくれたから違法じゃないとなっても、
同様にもめてますよね。


以前、ある方に情報共有いただいた際には、
できるできないを別にして、配属当初はともかくも、
数か月後には、他の選択肢も提示したうえで、
実習生自らが住まいを決めるという過程や踏み絵をふませておくと
企業側としても、法令違反のそしりを免れる可能性が高いとのこと。
注:当時は、労基の担当者のさじ加減にもよる様でしたので。


もちろん、一人当たり約三畳以上のスペース、
並びに、細々とした寄宿舎規定などを踏まえた上での選択肢の提示に
ご留意ください。


ご参考にこちらもどうぞ。


外国人労働者の寮の手配を全国的に安く対応するNPO法人
http://gaikokujin.link/blog/?page_id=910


寄宿舎規定
https://gaikokujin.link/blog/?topic=%E5%AF%84%E5%AE%BF%E8%88%8E%E8%A6%8F%E5%AE%9A



面倒が増えますが、記事のようになったら、
大事です。
受入企業はもちろん監理団体も、
また実習生本人も送り出し機関も、
誰もがわだかまりやコスト、労力、時間がかかります。
誰も得をしない。


こういう点からも、ナメてあぐらをかいていると、
痛い目にあいます。

ご注意ください。






実は、そろそろサービス体制の変更を準備中です。
ご関心のある方は、お早めにご登録いただいたほうが、
お得かもしれません。(笑)
当然無料ですのでご安心ください。


●『受入企業専用メール配信登録フォーム』
●『監理団体専用メール配信登録フォーム』
○『業者(関係者)専用メール配信登録フォーム』
各種登録フォーム入口はこちら。

https://gaikokujin.link/blog/?page_id=965



★不適性検査スカウターのご紹介

対象:受入企業、監理団体、送出機関、社労士、行政書士、他採用に関わる方々
※採るべきではない人材排除チェックが、一人500円で可能です。

 http://gaikokujin.link/blog/?p=824







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事