So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

大切なおカネの使い方について [新しい試み]

おカネってすごく大事です。
みんな汗水たらして稼いだおカネは、大切なことに使います。

okane-fusigi.jpg


その多くは、生活費です。

家賃や電気ガス水道、電話、ネット、などなどは、
必ずかかりますし、限りある所得の中で、
どういう配分をして、おカネを使うかについては、
だいたい行き先が決まっていますよね。


そんな中でも、わずかばかりの自由に使えるお金を、
月のお小遣いを、タバコやお酒のお付き合いなどの接待交際費に、
はたまたパチンコ?などのギャンブルに、
もしくは、ちょっとした旅行などに使っていることが一般的なのでしょう。


そして、日本人であれば、周りで不幸があったとか、
事故やケガ、病気などのために、
ある程度の貯蓄をしている人が多いと思われます。



現在、色々騒がれてはいますが、
給与は上昇傾向にあります。

ですが、根本的に子供がいれば年々増え続けるコストに対して、
所得の伸びは、十分ではありません。


よって、私たちは選択の岐路に立たされます。


かつてのように、大学まで行かせたいと、
夫婦で必死に副業やアルバイトもして、
子供の学費を稼いだり、借金までたくさんするのか、

時代は違うとばかりに、高校卒業したら、
社会に出して自分の分は自分で稼げとするのか。
(一般論として高校までは卒業させてあげたいですね)



個人的に思うのは、
今までと違って、自分の向き不向きは考えずに、
社会に、組織に無理にでも合わせて、そういうものだと我慢して働くよりも、
今では、素直に自身の強みを見つけて、ソレが活きることで、
おカネを稼げるようになるのが、ベターなんじゃないかと。

ベーシックインカムなんてルールになったら、
それこそ、働かなくても生きていけますから。
(やりがいや生きがいなどは別にして)


話がそれましたが、
要は食っていくためには、どこかで何かしら働いて、
食い扶持を稼がねばならないということ。


そして、縁あってこの業界で食っていくためには、
アレもコレも知っていて、先々を見通して、
事前に適切な選択をすることが必要です。


どんな業界でも、一人前になるためには、
それ相応の時間がかかります。

そして、一人前になれねば、食い扶持を十分に確保することなど
なかなか難しいのが現実です。


であれば、いかに早く一人前になれるか。
どれだけ早く色々習得すればよいのか。

一カ月、昇給が遅れれば、一か月分、苦しい想いを続けねばなりません。
一年遅ければ、一年も。


であれば、ワープするしかないでしょう。


じゃぁ、どうすればワープできるのか。


それは、自分で環境を整備して、
適正な信頼のおける情報の渦に飛び込んでいき、
何が大切で、何が不要なのか、
何に気をつけねばならないのかなど、
判断できるような人財に、一日でも早くならねばならないということです。


そして、社会に必要とされる人財に成れたならば、
例え所属する組織がおかしくなったとしても、
別の組織で活躍できるため、食い扶持に困ることはなくなります。


私はそう思って生きてきました。
常に成長し続けなければ、時代に取り残されると。

生活に必要とする以外のおカネは、そのために使ってきたつもりです。

個人的には、モノにはほぼ興味なくて、
人と会うための交通費や飲食代ばかり使ってきました。

また、途中からは、自身が興味のあった高額なセミナーや講習など
出ていました。
(意味がないとは言いませんが、実際にはセミナーとかあまり好きじゃないんです。
 だけど、出てました。私にとってタメはなってます。)

この一年でも、100万以上は使ってます。

回り道もしたし、進んでみた道を引き返したりもしたし、
ふたを開けてみたら、あまり意味のないことにもたくさんおカネを使ってきました。

その分、美味しいものも新しいクルマもTVも、
ちょっとした贅沢も、あまり縁はなく生きてきてしまっています。



人と同じことができないというか、
みんなが笑い、当然と思うことを思わなかったり、
たぶん誰もが感じる孤独を、今でも味わい続けています。



でも、もだえ苦しんできたおかげで、
たくさんおカネを使って、答え合わせしてきたおかげで、
今の自分があります。



おカネって便利です。
人が苦しんでやっと勝ち得た気づきや発見などを、
おカネで買うこともできるのですから。



それは、あくまでも他人の経験でしかありませんので、
自身に合うか合わないかもありますけど、
間違いなく、選択するために必要な判断材料が増えます。



例え何年か経って忘れてしまったとしても、
自分の心の奥底には、必ず何かしら残っています。

おカネは都度、消えていってしまいますけどね。


実習生たちの日本語習得と同じ。

頑張って日本語を多少なりとも話せるようになったおかげで、
相手の日本人との距離が縮まり、良好な関係を築けますが、
日本語が話せること自体の価値は不透明です。
(ここではN1、N2などの資格のことを意味してはいません)


日本で働いた経験や構築した人間関係は、
目に見えていくらと値が付くものではありませんが、
その価値は人生にとってプライスレスです。



これからは、こういうところに、大切なおカネを使っていける人が、
生き残っていけるのではと思っています。


自身を成長させることを怠り、
現状に安寧としていると、
自分が気付かないうちに、いつの間にやら時代に取り残されます。


昔と違って、特に年をとればとるほどに、
嫌なら辞めて違う仕事につけばいいじゃん、と軽々に考えていたならば、
外国人やAIに、あっという間に取って代わられてしまいます。
怖いのは、その後です。


大切なおカネですが、おカネよりももっと大切なことにも、
ちゃんと目を向けて、直視して、
大切なおカネを使っていくべきだと思います。

自分と家族や周りの仲間たちのためにも。

生涯獲得賃金?を長期的に増やすためにも。



言葉にすると、ありきたりになってしまいますが、
常に、自分への投資をし続けましょう。

私や私たちがご案内するコミュニティへのご参加じゃなくてもいいので、
人と会い、人と話することは、とても楽しく勉強になります。

その人が、苦難の末にたどり着いた結論などは、
本当に貴重なお話です。



今までとは違う時代を生き抜くためにも、
今までとは違うおカネの使い方をしてみてはいかがですか?




--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事