So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
経営者や企業のレベルの問題 ブログトップ
前の10件 | -

視覚化されない事に鈍感過ぎる経営者たち [経営者や企業のレベルの問題]

今の時代、どれだけ目に見えないコトに重きをおけるかどうかで、
考えを巡らせ、具現化していくことにこそ、付加価値がある。

teian.gif


今日は抽象的な話でスミマセン。


これは、経営者や一担当者レベルでも同じ。
誰でも同じ。


今と同じ時代が、永遠に続くと無意識的に思っている。
自身の目の前に、実際にトラブルが降ってわいてこなければ、
誰も何も行動に移そうとしない。

なぜならば、誰も予防に力を注げないから。

困ったら、困ったときに、
さぁ、どーすればいいかって考えれば良いと無意識に思っているから。



ある人財会社の社長さんとお話していて、
(実習生受け入れじゃないトコ)

やっぱり、借金でも背負ってこなくちゃ、
(ココは来日前の諸経費を肩代わりしてあげて、
 受益者負担として、労働者へ貸付、
 労働者は働いた稼ぎの中から少しずつ返済していく仕組み)

外国人は、すぐどこかへ行ってしまうから...

と、常々本音をもらしている。


いやいや、お気持ちはよっくわかりますが、
それって、どうなのと。


本質的なことが、まるきりお分かりでない。


法は労働者保護が前提だから、
基本的には、会社が負けるようにできている。


外国人だから余計に、
借金していようが、していまいが、
トンズラするときには、トンズラする。

いや、生活苦に追われている日本人ならば、
同じく踏み倒してトンズラするかもしれない。


労働者がたとえ1000人いようが、
1万人いようが、
一人ひとりをちゃんと見ていて、
声かけて、
外国人であれば余計に、
仕事面も生活面も、様々ケアして、気遣ってあげて、
一律的にも、個別的にも、
十分な関係性を構築していない限り、
また、その維持に労力を費やしていない限り、
労働者の心は、従業員の気持ちは、グリップできない。

いや、可能であれば、
報酬を高く設定していることが、
特に外国人にとっては、イチバンのグリップであることに、
間違いはないのですが、
それができるところばかりではないし、
それは金の切れ目が縁の切れ目でしかなく、
本質的には、やはり人間関係がイチバングリップしやすいし、
確実です。


先日、Twitterで、色々お話していましたが、
銀行口座だって、会社の担当の方が口座開設に同行し、
給振り口座を開いてあげたり、
携帯電話の契約などに困っていれば、
一緒に窓口までいって、手伝ってあげたり、
生活面のみならず、
一つ一つを丁寧に対応していけば、
相手も人間なんだから、
注:話が分かる常識的な人財の選別は大前提
伝わるものです。



労働者との関係性を自らがデザインしていく時代。


コレは、ナニジンを問いません。

ちゃんと定着化を図るには、
例えば、業者へ丸投げの派遣社員対応などしていれば、
ご本人は楽なのでしょうけど、
そのラインの稼働責任自体を、
派遣会社へ押し付け、責任転嫁できるはずもない。


特定技能のニュースでも、
直接雇用が原則との概要が漏れ始めているようです。


当然ですね。
使う側が雇用責任を負うべきでしょう。


こういうコトに、目がいかない、
考えが及ばない、
考えることすらしない、できない経営者の会社は、
遅かれ早かれ、人で苦労し、
人に困ることになるのでしょう。



特に、今の日本人は、良い意味でも選り好みが激しい。

だから外国人と言っても、
そう簡単にスイッチできる仕事ばかりでもない。

まして、外国人なんだから、
給料の違いで、アチコチ行くのは当たり前。


いつまでイタチの追いかけっこを続けるのでしょう。



目に見えない、見えにくいからこそ、
殆どの人が気づかない。

また、気づいても、面倒だし、考えるのは大変なので、
現状が続く限り、何もしない。


困ったときには、手遅れなのかもしれません。

だって、トラブルで人がいなくなったら、
すぐに代わりの人を補填できる時代ではないのだから。



風が吹けば桶屋が潰れる時代です。

風が吹いていることは理解できても、
そのせいで桶屋が潰れることにまで、
まったく展開の流れが読み切れない。





実は、コレって、人手確保のみならず、
会社経営自体にとっても、同様なことが言えます。

今はもう、お客様の役に立ちます...的な社風や方針は、
あまり意味はなく、


お役に立つのは当然ですが、
誰がどうやって、アナタのお役に立つのかが、求められています。

つまり、
会社にもキャラクターが見えないと、
誰もお願いしたくなくなってきているということ。


逆を返せば、
キャラが立っていて、
信頼と共感を勝ち得なければ、
そういう会社とお客様との関係性をデザインできなければ、
ビジネスがうまくいかない時代。

役に立つという機能的な価値だけなら、
AIで十分賄えることが増えていくだけです。

アナタがそこにいる意味はありません。



話を元に戻すと、
労働者の確保や、その定着化については、
自社での求心力を高め続けることが、
本質的な解決策であると、

目に見えないコトに重きを置いて、
逃げずにちゃんと立ち向かい続けることこそ、
これから人手不足に苦労しない会社であると思います。


アナタはどう思いますか?

そんなこと言ったって...と、ウダウダし始めますか?

時間はドンドン過ぎていくし、
時代はドンドン移り変わっていきます。


アナタはどうしますか?



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

外国人労働者支援業界の方へ...もっと上見て盛り上がろうよ! [経営者や企業のレベルの問題]

なんか、つまんないな、面白くない。
もっと色々トライしていきたい。

68d1a9d5.jpg


私自身、ナゼか少々くたびれていたのか、
最近、少し落ち着いてきた感のある今日この頃。

率直に言って、つまんない。苦笑


もっと、アチコチ見聞を広めて、
会員の皆さんにフィードバックしたい。

おそらく、もっともっと私自身がレベルアップして、
もっと皆さんへ気づきや学びを届けたい。

もっと皆さんの近くまで出張って、
交流を深めたい。


でも、

残念ながら、期待していた以上には、
私の訴えは、いや私自身が社会では受け入れられないらしい。苦笑



有料会員さんは、
100人を超えたところで、頭打ちみたいです。


とてもお金を支払ってまで、
ご支援いただける方ばかりではないようです。


よって、もしかすると、
この毎日続けてきたブログも、
社会には受け入れられず、自己満の域を出ないようなので、
集っていただけた方々にだけ、
発信を絞っていくことにしようかと考えています。



というか、おかげさまで、
有料会員にご参加いただいた方の中にも、
本ブログをイチバン参考にしていただいているなんて、
マニアックな方もいらっしゃるので、
せっかくご支持いただいているならば、
続けていこうと思ってはいますが、
ただただ不特定多数へ吐き出すのも、
申し訳ない。


当初は王様の耳はロバの耳からのスタートでしたが、
途中からは、少しでも業界を、世界を変えようと思い、
色々気づいたことや学んできたこと、経験してきたことを、
それぞれ伝え続けてきました。


でもね、

やはり無料だと、
私自身が言い続けているように、
ただただ愚痴の言い合いであり、
身勝手な言い合いであり、
私が求める具体的な解決策まで辿り着かない。


FBなどでは、コメントいただく方々に、

「だからどうしたらいいと思いますか?」

と意見交流をしていると、
相手の方も解決策まで考えを進めていただくこともあり、
ちょっと楽しかったんですが、
やはり、その時だけで、なんかこう続かない。



私は、どうやら問題があると解決したくなるタチらしい。
答えをその場で出さないという選択肢があることも、
わかっているくらいには大人でもありますが、
それでも性分とすれば、答えを出したがる。

そして、

同じ場所に留まれない。苦笑


次へ行きたい。


もっとより豊かな、もっと楽に、もっと早く、
もっと先へ、もっともっと...


諸問題はすぐに次から次へと解決していき、
いつまでも振り返ってグズグズなんてしていられない。


ブラッシュアップし、無駄をなくし、適切な先回りとかばい手を準備し、
お互いに時間や労力を必要最低限にしかかけずに済むようにし、
実習生を安心させ、企業への求心力を築き、良いサイクルで回るようにする。

余ったリソースで、他の受入や新しい手法などへトライする。

国を広げ、見聞を広め、視察を繰り返し、
色んなビジネスを経験し、自身でケアできる範囲を増やしていく。

様々な優秀な方々と出会い、交流し、
刺激を受け、お互いに発展を目指す。



気づけば、向こうから様々な相談がやってきて、
勝手に交流が広がっていく。


そういうサイクルをもっとレベルアップしていきたい。



介護であれば、まだ見ぬ4者が整う王道を見つけたい。

色んな受入先が、それぞれの見つけた道で、
生き残りや海外進出を応援したい。

どこの国でどう進出してみたいって想いに応えていきたい。

ご縁があった方々同士をタテヨコ斜めと交流を図って、
相互に発展を促していきたい。



今でもいくつかしているけど、
もっともっと深く濃く絡んで楽しく取り組んでいきたい。



ただただ、目の前のことをこなしていくだけじゃ、
面白くもなんともない。


だから、
発信も実践も、すぐにはたくさん広がらないならば、
限られた方々ともっともっと深く絡むことに、
注力していこうと思う。


法とは違う意味で、
私の発信の仕方も内容も、
色々移り変わっていきます。


できれば、見てるだけの方より、
交流を実際に図れる方々と、
お一人お一人もっと深く知り合って、
なんかこう違う展開を図っていければと思います。


今までもそうですが、
ご参加いただいたもの勝ち、
コンタクトいただいたもの勝ちなので、
一方的に依存心で寄りかかってくる方でなければ、
お早めにどうぞ。



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

いくら説明しても理解できない受入企業の社長たち [経営者や企業のレベルの問題]

聞いちゃいない。苦笑
自分のコミュケーション能力の低さに、情けなく思う。

292xNx2014070700056_3.jpg.pagespeed.ic.yiqplt5w-s.jpg


本当に苦労を乗り越えて、↑のような現実が実現する。


入口の時点で、アレコレ説明すべきこと、
伝えておきたいこと、承知しておいてほしいことが、山ほどあるのに、
それを、わかってはいても失礼ながらクドクド説明しても、
社長は聞いちゃいない。


こんなにかかるとは思っていなかった。
こんなに面倒で大変なことだとは思わなかった。
オマエの説明不足だ。

初めて受入をされる会社さんでよくあるのは、
配属前にどうしてこんなに支払わなくてはならないのか。
フツーは納品(ここでは配属)されて初めて支払いが発生するのではないのか。


...説明申し上げてきましたよね。

覚えちゃいない。
聞いちゃいない。


じゃあ、止めましょう。

そういうしかない。


そんな経営者であれば、
この先も、アレもコレも聞いてない、
こんなハズじゃなかった。


そういう事態になりかねない。


困るのは、自分。


たいていは、話し合いを進めて、
受入まで持っていきますが、
ホントに止めることになった場合です。


止められるタイミングならば、
送り出し先含め、申し訳ない...で済みますが、
送り出し先も募集コストをかけていたり、
みんな総出で動いているので、
なんとも申し訳ないで済まない場合もあります。


でも、コレばかりは、なかなか防ぎようもない。
担当者の責任なので、担当者が何とかするしかない。


イチバン厄介なタイミングは、
AさんBさんCさんと決めて、申請手続きをし、
許可が出た後に、こういう事態が発覚する場合。

AさんBさんCさんは、例えば建設ならば、建設での履歴がついてしまい、
建設以外ではこれない事態となる。

なので、AさんBさんCさんには、事情を説明して、
なんとか同業他社で救えるよう動くのみ。

でも、実際のところは、AさんBさんCさんは、
合格を出した会社で受入したい人財であって、
合格基準が全く同じ会社などないので、
他をあてがえたとしても、うまくいく保証はどこにもない。

よほど懐の深い企業さんでもない限り。

強いて言えば、ソコまでにかかる諸経費などは必要ないというところか。

こういったリスクをヘッジするのは、
本当に難しい。


内情を知らない人たちからすれば、
安易に誰が悪いだの、どうすべきだのと、
机上の理屈でものを言われることばかり。


当方では、そういう現場もくたびれ果てているので、
今でも、取り組み続ける方々は、本当に尊敬に値する。

同時に、こういう事態に陥った時に、
どうにか何とか解決して行けるように支援できないものか、
そういうことを考えてしまう。


外国人技能実習機構は、
実習生の保護について、その責任と権限を有してはいるものの、
十分に機能しているとはいいがたい。


人数枠や許可などについても、ある程度の優遇はあるようではあるものの、
制度の根幹である、業種については、
どこでもいいとはとても言えない。


けっきょく、業界として、どこまでフォローしてあげられるか。
善意の方々の努力に頼らざるを得ない。


みんなそれぞれ日々忙しいのに、
実習生一人のために、どうにも大変で面倒なことを、
誰もしたがらない。


担当者しか、その実習生たちの顔も素性も人柄も生い立ちも、
今に至る背景も、誰もわからない。


送り出し機関であっても、
同じ職種の違う受入先からの募集があった際に、
推薦できない事情などない限り、
事情を説明して、お願いする以外に、フォローのしようがない。



来てから、やれパワハラセクハラ、
また約束違いの強制奴隷騒動などの問題もありますが、
それ以前に被害に巻き込まれる場合もあり、
本当にこの制度事業は、なかなかに奥が深い。



改めて、監理団体の担当職員の責任の重さは、
経営責任とは違って、ことさらに重いものがあると思い知る。


事前に受入希望先の企業の姿勢の是非を判断するのは、
実際に付き合ってみないと分からないことはあるにせよ、
なかなかに難しい。


受入を止める会社も、それがアンタらの商売のリスクだろと、
平然と言い放つのが現実であり、それはその通りなのだから。




--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

まともな受入ができないならば外国人労働者を使うな! [経営者や企業のレベルの問題]

情けない経営者があまりに多い。
そして、そんな経営者とも付き合う監理団体も情けない限り。

02.JPG


久しぶりに記事を題材にコメントしてみます。


失踪実習生、多額借金・低賃金も=政府がデータ開示-法務委員長解任案、20日否決
https://www.jiji.com/jc/article?g=pol&k=2018111900917&p=20181119ax18&rel=pv


この失踪まとめを見て、本当に改めて思う。
情けない日本人が未だにいるということ。

そして、経営者の先見性がないため、
明るい将来展開を切り開けないため、
弱い者いじめになっていく人間の愚かさを直視させられている気がして、
なんとも残念で仕方のない気持ちになります。


無論、自分を戒めるために書いています。
こうなってはいけないと。


事業なんてものは、極論、なるべくしてなっていくものです。

人の気持ちがわかり、
相手が喜んでお願いしたいとなって、
初めてお金を支払ってくれて、ビジネスが成立します。


失踪させてしまう受入先は、
顧客先に対して、十分な魅力を、付加価値を提供できないからこそ、
売上や利益が確保できず、
結果、従業員にしわ寄せがいく。

お願いだから、自分の力不足を認めて、
周りに迷惑を撒き散らすことなく、
一人で沈んでいってください。
それがモラルであり常識です。

他人様(身内)に迷惑をかけてまで進める事業なんてありはしない。

事業をしていれば良い時も悪い時もあるけど、
お互いにリスクを取り合って進めているならばともかく、
従業員まで巻き込むことは、ありえない。

だからこそ、経営者は成功すれば、
従業員とは比べ物にならない収入を得られるのであって、
リスクを取って、それを踏まえて乗り越えた場合は、
利益を取ることができるのに、
自身の失敗を従業員にも押し付けるのは、あまりに情けない。



そして、そんな会社を経営者を見極めることもできずに、
付き合いを続ける監理団体。
無理をして入り口を超えたとしても、
続かないのがわからないのでしょうか。

迷惑を撒き散らす片棒を担いで、
それで数字が上がったと喜べる神経が理解できない。
それこそ、悪質なブローカーそのもの。


実際には、付き合ってみないと分からないことは確かにあります。
だけど、付き合ってみて、ダメだこりゃ...と判断できた時点で、
水面下で転籍探しを始めましょうよ。

機構にも相談すればいいじゃないですか。
時間はちゃんと稼いで、転籍可能な救済先を見つける努力をしましょう。

それでもダメなら、実習生とも話し合いをして、
最悪静かに去るか、お役所と共に揉めるだけもめ繰り返して途中帰国かを、
選択し、最後まで後始末の責任を負いましょうよ。

それが監理団体の業務であると思います。



こんなハズじゃなかった...
そんなつもりじゃなかった...

経営者の中には、気持ちはあっても、
受入の現実を理解できていない場合もあります。

でもそれは、自身のアンテナが低かった、
時代の温度の変化にまったくついていけていない、
自身を呪いましょう。

また、監理団体はそうならないためにも、
入り口をくぐる前にこそ、出口までの様々なハードルを、
十分事前説明し、経営者の意志の確認をしておくべきです。

それだけの覚悟も責任も負えないならば、
最初から受入するなと。



業界では、少なくとも私たちにとっては、
当たり前のことが、あまりにできていない方が少なくないから、
こういうメディアをにぎわず事件が起きる。


大企業ならともかくも、
特に中小企業には、共に二人三脚して歩むパートナーがいなくては、
そっこく身勝手な振る舞いになるのは、当然の現実。


最初から身勝手を地で行く企業とは付き合うことすらないし、
ましてパートナーがグルになって、好き勝手し放題とは、
まったくもってありえない。


実習生の保護、悪質な受入先や監理団体、また送り出し機関を
摘発することすら、人手不足なのか何なのか、
行政は十分機能することもない。


ならばと、好き勝手やる輩もいそうですが、
せめて、私たちは、自助努力を通して、
業界の健全化を図るべく、
悪質な輩とは付き合わない。
近づかない。
儲けさせない。

信頼関係の築ける、持続的な発展を歩める方々とだけ、
お付き合いをより深めていき、
上っ面の輩の相手はしないことに限ります。


記事タイトルには、外国人労働者を使うな!と書きましたが、
正確には、残念な人とは付き合うな!って意味になります。


こんな時代だからこそ、法がどうこう以前に、
もっと本質的なところで、モラルや責任やプライドをもって、
目の前の業務に取り組みたいものです。


そして、そういう方々を心から応援し、
少なからず支援して行けたならと強く思っています。


だって、まともに取り組んでいればわかりますが、
若い各国の様々な外国人の方々を通して、
改めて日本を、日本人を、日本の会社を客観視でき、
人を支援することで、たくさんの気づきや学びを得られ、
自らも成長し、よりたくさんのことができるようになっていく、
そんな素晴らしい仕事だと実感しているから。

みんな幸せになれる仕事だと、それを確かに築ける仕事だと、
笑顔と感謝が溢れる世界にすることができる仕事だとホントに思うから。



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------

nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:仕事

外国人労働者招聘ビジネスの活きた情報が圧倒的に足りない [経営者や企業のレベルの問題]

みんな余力がなさすぎる。
あまりにも十分とは言えない知識や経験で始めすぎ。

Buzzap_39355_1.jpg


時間は孫さんにも前澤社長にも、
安倍総理にもトランプ大統領にも、
私にもアナタにも、平等に訪れている。

情報も、かつてと比べて見れば、
探せば有象無象の中にも、ピリリと辛いスパイスのきいた、
素晴らしい学びや気づきを得られる情報も無料で手に入る。


おカネやモノや人(マンパワー)には、
人や環境によって差があるものの、
特に時間に差はない。

何が違うのかといえば、それはスピード。
そして、必要な価値のある情報をどれだけ入手できているか。


今回は、情報に焦点当ててみますね。

最近、本当に国レベルで日々ニュースが飛び交っています。
それもそのはず、時代の変化に遅ればせながら対応しようと、
政府も国会も紛糾してます。

それに応じて、新規参入されたい方々が、
本当にまた一段と増えてきている感じがしています。


既存先でも、お客さんから、

「ウチでももっと外国人労働者を受け入れられるようになるのかなぁ?」

「これからどうなっていくの?」

そんな話を聞かれる方も多いのではないでしょうか。
それは、裏返すと、

『オタクとこのまま付き合っていてウチは大丈夫なのかなぁ?』

うがった見方をすれば、そうとも聞こえてきます。



そんな時に、日々目の前の業務にバタバタ駆けずり回っていて、
肝心なニュース速報やその中身まで、
ちゃんとチェックしおおせていない方もほとんどなのでしょう。


例えば、そういうことは、
当方のSNS発信をチェックしていただければ、
日々飛び交い続けている、外国人労働者関連のニュースを
チェックできると思います。


そりゃもう、毎日何度もコメントつけてシェアしてますので。


そして、
この技能実習制度ビジネスのみならず、
技人国、留学生、難民関係、日系人、色々色々ありますが、
あまりにも深さもなければ広さもない。


技能実習法をはじめ、入管法上の様々な細則やその幅、解釈、
また、労基上の細則や整備のテクニック、
送り出し側の法や現実、様々な事情、
それも一国だけじゃなくて複数の国、
(一国だけだとモノサシに幅がなく、二カ国以上がモアベター)

まぁ、言い出すとキリがない。


それぞれにプロはいるけど、
いわゆるジェネラリストはなかなかいない。

それも表面的な知識バカではなくて、
実務経験のあるプロの方。


技能実習受入だけじゃなくて、
技人国や留学生などに関わると、
また違う角度で技能実習受け入れの良し悪しがわかります。

国もベトナムだけじゃなくて、
中国やインドネシア、フィリピンなどの現実がわかると、
ベトナムの良し悪しがまたわかります。


日本人だけじゃなくて、外国人を雇用すると、
日本人の良し悪しがまたわかります。

会社の労務管理の手法も、
一社だけじゃなく、複数社とお付き合いすると、
なるほど、そういう管理手法もあるのかととても勉強になります。


他の方の実務への取り組み方を知ると、
なるほど、そういうやり方があるのかと、
とても参考になります。



情報には、密度も温度も様々あります。
琴線に響く言葉もあれば、怒れる言葉もあります。

新しい情報(事例やルール)を知ることもあったり、
考え方や学び、気づきを得ることもあります。

そういう良質な情報のシャワーを浴び続けていると、
自然と自分自身が成長していきます。


知見も増えれば、経験値も増し、
どんどん出来ることも増えていきます。

同時に、リスクヘッジにも目が行き届くように。


つまり、情報を制すれば、
自身の環境を自身で整えれば、
健全に成長して行ければ、
自然と道は繋がっていくのではないかと。


そして、ここが肝心ですが、
同じ仲間を増やすこと。

つまり、周りの仲間を巻き込んでいくこと。


一人じゃできることなんてたかが知れてます。

特にこの業界、入口から出口まで、一人でできる仕事じゃありません。


周りも同じような環境にもっていくことが、
共有言語や、同じ想い、ネタ、会話のレベルが、
温度が同じくらいでなくては、
一人で気を吐いていたって、
あぁ、〇〇が一人で吠えてらぁって浮いてしまうだけです。


活きた情報を日々浴び続けて、
それを周りの仲間とも共有し続けて、
周りと一緒に、自身のレベルも上げていく。
(環境も変えていく)

それを、ストレスなく自然にできるようになれば、
自然と組織自体もレベルが上がっていき、
もっと無駄なく、もっと行き違いなく、
もっと効率的に、効果的に、経済的に、
仕事ができるようになり、
結果的に、もっと利益も積み上げられるようになると思います。


自分一人でできることはたかが知れてますが、
自分一人でもできることをしていれば、
また、それを無理なく広めていけば、
みんなで変えていくこともできます。



書いてる途中でちょっぴり会話した〇〇さん、
また見てくれてますか~?笑
その話が紛れ込んで、ちょっと結末がよれましたが、苦笑
そんなことを思った今日この頃です。


生意気に色々書き連ねてみましたが、
これも全ては私自身が様々な方々から、
色々教えていただいたり、学びや気づきを得てきたおかげです。

まだまだ足りないとこだらけですが、
取り組み始めた頃よりは、いくぶんかマシになれてきたんじゃないかと
自己肯定してみました。
誰も言ってくれないから。笑


願わくば、みんなドンドン成長して、
もっと平和な世の中になったらいいなぁ。




--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

受入企業があまりにぞんざいに扱われている?! [経営者や企業のレベルの問題]

様々な外国人労働者保護の動きがありますが、
たまにハナについてしまう時があります。

img3.jpg


最近、
受入企業側を大事に思う姿勢が、
少し崩れてきているようにも思います。


バカな企業が悪い。
実習生を大事にしない企業はダメだ。
実習生の立場を考えるべきだ。


先日の日立の賠償表明も含め、
全ては実習生を都合よく使う企業が悪いと、
全員大合唱です。


みんな、実習生の方ばかり向いて、
可愛そうだとか、人権問題だとか、
そんな一方的な視点ばかり。


実際に、言われて致し方ない企業も少なくありませんが、
まっとうに取り組んでいて、
どうにも手が届かなかったり、
監理団体の支援がなかったり、
適切な対応がわからなかったり、
もっといえば、モンスターがゴネ得狙いで揉めてるとか、
一概にただただ企業が悪いという論調ばかりではなく、
現実は本当にケースバイケースです。


これだけ、人手が足りないとか、
特に地方などでは、実習生くらいしか来てくれない、
=実習生がこれなくなるリスクが、
人手不足倒産に近しいリスクにすらなりうる。

また、田舎に行けば行くほどに、
業者も選べるほどなく、
嫌なら言うことを聞け、受入手配してやらないぞ...
立場が逆転しているところすらありそうです。


それって、どうなの?


適正監理といえるの?



確かに、新制度に変わって、
グレーゾーン色が強い受入先からは、
手を引く組合も増えました。

同時に、遠隔監理が事実上適正監理とは言えなくなり、
地元の監理団体に引き継ぎの打診まで
複数筋から聞こえてきています。


つまり、ご縁で遠隔受入支援をしていた先には、
その件数が少なければ少ないほど、
少しずつ手離れさせていく。


結果、地方によっては、
見事に一択しかできなくなっていく。


それは、前述のように、
嫌なら受入止めたらと。。。



同時に、ちゃんとしている組合を探し求めて、
組合乗り換えに動く受入企業も増えました。
いや、現在でも増え続けているのでしょう。



ある意味、競争が激しいエリアであれば、
まだ他の選択肢が様々あります。


でも、例え選択肢が複数あったとしても、
どこの組合が良いのかは、さっぱりわかりません。


また、担当者が変われば、
その担当がちゃんとしていなかったならば、
どこの組合でも同じです。



う~ん、この事業って、受入企業が
監理費他様々なコスト負担を申し出てくれなければ、
そもそも始まらないお仕事です。


別に取引において、
どちらが上も下もないと思いますが、
(この制度事業においては特に)

おカネを支払う側に対しての一定の礼儀と、
感謝の気持ちや姿勢があって、
初めてうまく回るようにも思います。


別のサイトには、win4allなんてサブタイトルをつけていますが、
受入企業も実習生も、両端がちゃんと満足してこそ、
真ん中にいる監理団体や送り出し機関が順当に回るようになります。



実習生のお世話や保護ばかりではなく、
受入企業への対応やフォローも、
ちゃんと丁寧に取り組んでいきましょう。


受入企業の方、
ご不満があれば、お気軽にご相談ください。

少なくとも、業界健全化にコミットいただいている監理団体が、
50強は当方に集っていただけています。


お約束はできかねますが、
適正に頑張って取り組んでいる監理団体をご紹介することは可能です。


今までにも、何件もお繋ぎしています。
くどく申し上げますが、当方に一切の謝礼は必要ありません。


良いご縁が紡がれ、笑顔と感謝が溢れて
よい世の中になれば何よりです。



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------











nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

日立の技能実習生解雇問題:誰が責任を取りどう解決すべきか [経営者や企業のレベルの問題]

日立の続報が続きます。この問題について、
誰も言わない視点について指摘してみます。

benefitjapan.jpg


今回の問題の原因を整理しておきますと、

旧制度で受け入れしていた1年目の実習生について、

新制度移行に伴い、2号(2年目、3年目)への実習計画を
外国人技能実習機構へ申請したものの、
メディアの報道もあって、職種不適合となり、
実習計画認定が下りなかったため、

3年実習を予定していた実習生が、
1年で帰国せねばならなくなったことにあります。


ここで前提があります。
実習制度は人手不足への穴埋め目的、いわゆる労働者確保策ではなく、
あくまで人財育成による国際貢献の制度です。


つまり、本分はあくまで『技能実習生』であり、
純然たる『労働者』ではありません。


ただ、便宜上、バカなことばかりする企業が多かったので、
労基法上の労働者として扱うよう、法律が定めているだけです。
つまり、労働者としてちゃんと賃金を支払ってあげなさいと。


なので、
当然、在留資格が下りることが前提の上で、
雇用契約が結ばれています。


そして、日立は、そのため、解雇予告手当として、一カ月分の賃金を支払い、
途中帰国してください、といっているだけです。


法的には、何の問題もありません。

日立だって、当然色々調べて、適正な判断として、
そう対応していることでしょう。
知らないはずがありません。


ただし、在留資格が下りなかったのは、
日立が監理団体と共に作成した技能実習計画が通らなかったからであり、
今回の『職種不適合』と判定されていることは問題です。

また、実態として、出稼ぎと分かっていて、3年分の出稼ぎのために、
実習生たちは、個々にその算段を立て、来日してきているので、
そこには、道義的な責任はゼロではないと思われます。


特に日立クラスでは、当然求められるCSR、社会的責任ってやつですね。


そこにすがりたく、ユニオンさん方は、相手が日立であり、
なおかつ100人近くに及ぶ人数がいるので、
売名行為なのか、引っ張ったら手数料を何%もらうのか、
どういう取り決めなのかわかりませんが、
勝ち目とその利益を計算して、
弱者救済の名の下、タカっているわけです。


さて、本題に入ります。


まず日立。

職種不適合ならば、天下の日立さんであれば、
職種不適合にならない職場など、いくらでもあることでしょう。
なんならグループ会社や下請け先に当たれば、
まったく問題ないことだと思います。

ナゼ、安易に解雇としたのか、
ナゼ、解雇を避ける手段を模索してこなかったのか。

この制度が社会的に一定の注目を浴びている
そんな時代だとわかっていなかったのでしょうか。


次に、監理団体。

ナゼ、職種不適合だと後ろ指指される状況を許容していたのか。
どうして、監理指導、是正を図らなかったのか。
旧制度上での入管へ上げる監査報告書には、
虚偽の内容を記載していたのか。

そして、ナゼここで日立に解雇の選択をさせているのか。

また、解雇となったならば、
真っ先に、ナゼ転籍先を探さないのか。
ナゼ入管や機構に相談しないのか。

(水面下では相談していたのかもしれませんね)

そして、ナゼ、そこそこの規模の監理団体内でも
転籍先を見つけないのか。

数十人規模は、確かに難しい現実なのは承知していますが、
せめて、数人だけでも、動いた実績はないのか。

コレだけの事態で、不公平でケンカするから全員一緒でないととか、
意味のない言い訳は通用しないと思いますが。


そして、入管、外国人技能実習機構、JITCO。

全部同じに言えば、国として実習生保護をうたっていて、
特に外国人技能実習機構は、その監督責任を負っているにもかかわらず、
こういう時にまで、旧制度は管轄外だと、
縦割り行政で責任の押し付け合いを入管としているのか。


本来であれば、現時点での責任は機構にあるのは明白で、
法の隅をつつき、責任逃れをするのか。

率先して、全許可監理団体先に、転籍受入相談をしないのか。



注:フィリピンの場合は、特にフィリピン独自のルールのため、
  転籍はほぼほぼ成立できない現実となっているのを承知で言ってます。


JITCOにだって、できることはたくさんあると思います。

どこもかしこも、カネばっか請求して、お尻をふくのは誰もやろうとしない。



個人的には、現実を知っていると、
解雇し、多少はイロを付けた金額を支払い、
帰国願うことにしかならないと思います。


でもね、カネ以外にもできることって、たくさんあるはずです。


日立クラスならば、フィリピンにも関連会社はたくさんあるでしょうから、
帰国後、そういったところへの就職斡旋を約束してあげるとか。


監理団体だって、送り出し機関へ説明と交渉をして、
送り出し機関へ、次に他国へと出稼ぎに行ける先の機会を優先してあげるとか、
国内での就職先を見つけてあげるとか、
そういったフォローを依頼し、実行させる努力だってできるハズです。


入管も外国人技能実習機構もJITCOも、
こういう時には、アテにしてはいけません。
期待するだけくたびれちゃうので、必要な報告以外は、
頭に入れないのが賢明です。


ナゼ、こういう点にフォーカスできないのか。

どうして、法ありきを踏まえた、人を大事にする動きとならないのか。


大変だから?
面倒だから?
一銭の得にもならないから?


確かに、実習生本人の問題も、現実としてはあるかもしれません。

目の前のカネカネしか言わず、いくら説明し説得しても、
駄々ばかりこねている子供たち相手には、
相当な骨が折れます。

しまいには、こんな奴らのために動いてやりたいとは思えなくなります。



それでも、こと日立の問題は、ここまで大きなっているし、
世間に注目されてしまっています。


こういうところを踏ん張ってやり切ると、
それはまた自然と次へとつながっていくことでしょう。


今まで通り、臭いものにふたを閉めて、人々の記憶が薄れていくのを
静かに待つという選択しかできない人たちに、
明るい将来はないと思います。


我が身を振り返り、気をつけていきたいものです。



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

外国人技能実習生との上手な付き合い方 [経営者や企業のレベルの問題]

とても参考になる記事でしたので、ご紹介まで。
こういう姿勢が受入企業側でも必要です、この先は特に。

main@2x.png


↑こんな感じの上から目線な経営者の方はいらっしゃいませんか?

指示に従わせるために、従業員からナメられないために、
威勢を張るスタイルの中小企業の経営者は、
今までよく見てきた姿です。

ですが、今は時代が違ってきています。


群馬)増える外国人農業実習生 建前と本音
朝日新聞DIGITAL 森岡航平2018年9月28日03時00分
https://digital.asahi.com/articles/ASL9V1PLNL9VUHNB002.html?rm=224

以下は、記事の抜粋引用です。


受け入れ先の農家 やる気維持に腐心

9割近くは3年間滞在するが、
仕事が合わないなどの理由で数カ月で帰国してしまう人もいる。
2011年の東京電力福島第一原発事故の際には数人が去った。

いかに3年間やる気を保ってもらえるかに腐心するという。
買い物や外食、地元の祭りなどに連れて行くことも。
一方で、お互いが疲れないためには「適度な距離も必要」という。

中国人同士で生活しているため、
日本語を話せるようになる人は少ない。
必要があれば漢字を紙に書いたり、
スマートフォンの翻訳機能を使ったりしてやり取りする。

最低賃金より14円高い時給797円で働いている。
日本人を雇っても途中で辞めてしまう心配がある。
実習生は、最低賃金に近い給料でも
一定期間は確実に働いてくれるという安心感がある

農業就業者の平均年齢は59・7歳から66・3歳に上がっている。

懲役3年執行猶予5年の判決を受けたタイ人の1人は、
来日前から覚醒剤を使用。
興奮する効果を利用して、
「もっと仕事の量を増やし、いい給料をもらいたかった」などと述べた。

このタイ人を受け入れていた農園の代表者は
「運転免許を取得するなど、日本語もできて優秀だった。
家族のように接してきたのでショックだった」と嘆く。
同じ出身国の実習生同士が農場を超えてSNSを通じて
交流していることもあるといい、
「いい情報も悪い情報もすぐ手に入る環境にある」と話す。

約250人の実習生の受け入れ窓口になっているJA利根沼田では、
毎年数人程度が失踪。
複数人で行方をくらますこともあり、
失踪者が10人程度の年もあるという。

不法滞在や不法就労などの捜査を行う群馬県警外事課の担当者は
「SNSなどで『もっと給料の高い仕事がある』などと
甘い言葉で誘うブローカーがいる。
人手不足で、失踪した実習生と分かっていても
雇ってしまう業者もいる」と説明する。

以上。


現実がまざまざと記述されています。

せっかく大枚をはたいて、
配属前に一人頭数十万のコストを支払っているのですから、
失踪されたんじゃ、割に合うはずもありません。

ちなみに、その負担は受入企業側にあって、
失踪したからと言って事前受入コストの返還を求められるはずもありません。

例え、道義的に監理団体などから返金対応などがあったとしても、
アテにしていた実習生がいなくなったら、困るのは受入企業側です。

よって、その現実を理解していればいるほど、
媚びる必要は全くありませんが、何かと腐心するのは当然です。


特に、ここで言われている『適度な距離』。
この距離感が、とても重要です。

近すぎれば、ウザいと思われますし、
遠すぎれば、見て気にしてもらえていないとなり、
心が離れていきます。

日本人スタッフとの距離感も同じなんですけどね。


それと、スマホなどで、翻訳こんにゃくのサービスを活用することも
当然必須です。
使えるものは使いましょう!
それだけ、技術は進歩が速いんです。

アプリで無料サービスのものも色々ありますが、
どれも今一つの使い勝手。
でも、たった3万ちょいで、継続の支払いすら不要な便利機器が出ています。





以前もご紹介しましたが、上手に使えば、
コレこそ面倒な通訳などを介さずとも、
日本語が不慣れな外国人技能実習生と、
コミュニケーションが割かしスムーズにとれる優れものです。

活用先はドンドン増えています。
知ってる知らないで、他の受け入れ先とも差別化が図れるので、
ぜひご活用を!
74か国対応してくれます。


最近では、その都道府県の最賃以上の設定で、
募集条件を少しでも良くし、
より間違いのない実習生を受け入れたいと、
また新制度でのハードルを気にして、最賃のままでの受入を控えようと、
色々多様化してきているようにも感じています。

いつまでも昔のままでは、取り残されかねない時代に
突入しているということですね。


SNSによる失踪勧誘や、覚せい剤などの犯罪行為などまで、
諸問題にも触れていますが、
ここも、程よい距離感をもって、日々実習生と接している中で、
行動がどうもおかしいと、早期発見、早期治療がイチバン有効です。

早めに芽を摘まなければ、大きく育ってしまったあとでは、
対応にも限界があります。


それでも、どこまでも「人」なので、
絶対はない世界です。


外国人技能実習生と上手に付き合っていくコツを知ることは、
自社のコスパを成立させるためにも、とても大切なことです。


これ等を業者任せと言わんばかり、監理団体に依存している先ほど、
諸問題の発生率は高まりこそすれ、なくなることはないでしょう。


今回は、

「適度な距離感」



「文明の利器の活用」

について、強くコメントしてみました。


願わくば、労使相愛が続き、
よりよい結果へとつながる先ばかりとなってほしいなぁと。



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

日本語が話せないと意味がないという受入企業の方へ [経営者や企業のレベルの問題]

ある先で、ある方から、
この日本語のレベルだと受け入れる意味がない...と言われました。

kaiko01.gif


監理団体のアナタ、どうしますか?

受入企業のアナタ、そうは言っても帰国させるわけにもいかず、
どうしますか?


一週間やそこらの滞在ではありません。

まして、招聘した責任もあります。

人財側もそれぞれに事情があります。


どうしますか?



一方では、しゃべれもしないのに受け入れを続けるのは、
本人にもかわいそうだし、
会社もお荷物を抱えてコストばかりかかって、
どうにも意味がないから、帰すしかない...と結論付けますか?


それとも、

そうはいっても受け入れた責任は企業側にあるのだから、
手間をかけてでも、色々思い悩んで苦労してあの手この手で会話を繋いで、
使ってあげられるよう何とかしますか?


今の時代、一長一短はありますが、
こういう手法もあります。


【送料無料】
ソースネクスト
〔通訳機:Wi-Fi or SIMカード〕
ポケトーク Wシリーズ POCKETALK W W1PWW ホワイト

https://www.gaikokujin.link/member/cf/e



先日、メール会員の方々へはご紹介させていただきましたが、
こういう時には、活用できることでしょう。


口コミ紹介
--
ポケトークW かなりの優れものです。
我々が話しかける方法(簡潔かつ短く言う)にもよりますが、
正確性、速度、操作性、申し分ありません。

少し残念なのは、英語、中国語、韓国語など問題ありませんが、
ベトナム語ですら、文字には表しますが、
音声出力には完全対応できていないところ。

あんな小さな機械で74ヶ国対応させろと言う方が無理かもしれません。

昨日、ベトナム、ミャンマー、タイの実習生に試しましたが、
完璧に伝わり、相手の会話も日本語に変換してくれました。
フィリピンのタガログ語も、
スリランカのシンハラ語も文字対応していただき、
実習生も驚いていました。
監査訪問の際、実習実施責任者の方には個別紹介しようと思っています。
--

毎日、多国籍実習生と接している方からのコメントです。


使えるものは使う。

当然の理屈です。


しかし、本当は、こういう便利な文明の利器を使うことなく、
顔見て、目を見て、ジェスチャー交えて、
懸命にコミュニケーションをとる機会を重ねたほうが、
本人も日本語を早く覚えるんですが、
現場はそうもいっていられませんし。


うまく使うと、お互いの問題が解決されやすくなるのも
現実です。


そして、この反省を生かして、
日本語能力が最低限必要であるならば、
そのレベルを採用決定する前に、きちんと確認することをおススメします。


ただし、今後、それだけの日本語での会話にストレスのない人財は、
高くはない給料では企業へ来てもくれなくなっていきます。

結果、日本語がうまく話せない人財を、
どうやって相互に有効活用していけるのかについての、
自社独自のノウハウがある先のほうが、
今後も、多少なりとも安い給料で雇える外国人労働者を
受け入れることが可能となっていきます。


あまり安い給料で雇える現実をおススメはしてはいません。
なぜならば、安く安くを求める先には限界があるからです。
同時に、安くない給料を支払えるような仕組みを作ることのほうが、
正解です。


そのほうが外国人労働者ではなく、
優秀な日本人を雇えるようになりますから。


何はともあれ、ご参考まで。


--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

悪質ブローカーを撲滅するためには [経営者や企業のレベルの問題]

99%の人々は、自分が一番、他人が二番。

l_care0001-n1.jpg


現在の私のコミュニティ活動においては、
実質的には、理念に賛同していただける方を集めているからか、
当ブログ他、色々ご覧いただいている方の数に比べたら、ほんの一握り。

(個人的には、それでも構わないと思っています。)


残念ながら現実は、自分へのメリットがどれだけ具体的にあるかで、
行動する方がほとんど。


それは現在は、理想でご飯は食べられない現実が横たわっているから。

誰もが大儲けしてゆとりのある状況にならない限り、
理念なんてほとんどの人が気にもかけません。


だから、
私がビジネス的に儲けたくてコミュニティ運営をしているのならば、

例えば、

「笑顔と感謝を増やすコミュニティ」というタイトルより、

「将来に渡って食いっぱぐれの心配がない業界で、
 リスクなく大儲けし続ける3つの方法、教えます!」

などの売り方のほうが、たぶんとてもたくさん売れるでしょうね。苦笑

でも、絶対にそうしません。

(ふと思いましたが、
 結果として、大儲けはともかく、
 食いっぱぐれなくリスクを回避して稼ぐ方法を教えている、
 ともいえそうですが、ソコを目指すにしても、ソコじゃないんですね。)

なにはともあれ、
商売上手な方々ならば、

現実的な側面の入り口をつくり、
現実を通して、理想に気づくようにする。
出口では新しい世界を用意しておく。

もし会員を増やしたいのならば、
それがセオリーだといわれるように思われます。



でもね…

ブローカーを増やしたいわけじゃないんです。

薄っぺらいブローカーは、その志を問わず、
今でもいくらでもいます。

あ、間違えないでくださいね。
私の言うブローカーってのは、送り出し機関も監理団体も国も全てです。
労働者と企業の間に介在して、特にコストを請求するものは、
全てブローカーです。
*強いて言えば、単なる日本語教師は違いますね。



実際には、どんな業界にもブローカーはいるし、
ブローカーそのものが悪いわけじゃない。

別にね、余計なお世話なんです。
自身の選択は、自己責任で自業自得なんだから。


でもね、この業界では、ブローカーが、
「悪質」なブローカーへとなり下がっていく姿を、
何度も何度も何度も見てきているんです。


思えば、
特に海外の諸事情がフツーの方々には見えていないから、
いくらでも騙せる。

99真実を述べて、信用と信頼を築き、レールに乗ってきたところで、
肝心な金の動きに裏で一枚かめば(1を抜けば)、
責任を取ることなく、表に出ることなく、
ぼろ儲けできてしまう。


タチの悪いのは、
本気で両国の懸け橋になろう…
真摯に経済的弱者である海外の田舎で生活に苦労している人たちのために…
ここに取り組むことが自身の仕事にもなるから…
優しい日本人は、その全容すら見えてもいないのに、
下手をすれば人生かけて勝負に出てしまう。


大中小問わず、時代背景とマーケットの大きさと、
自身の今までの実績を、十分かどうかの基準もわからず自信と根拠にして、
果敢にお金や労力を投資?して業界参入してくる人たち。

全員とは言いませんが、1000人中、999人は、
見事に片道切符にまで成り下がっていく。
突っ込んだ金の大きさや、今まで自身が取り組んできた年月を考えたら、
もう後には引けない、後少しで成立する、水が流れる、
なんて言いつつ、早何年。

既存事業側の金まで手を付けて、自分のメンツなのか何なのかはともかく、
どこまでも突っ込んでいく。
株と同じ、損切の決断ができない。


結果、冒頭申し上げたように、
自分が一番、他人が二番。

返すアテのない資金を、また欲の皮が突っ張る誰かから借りて、
周りに期待以上の迷惑をまき散らすブローカーがほとんど。


我こそは、ほんの一握りの成功者、その一人だと信じて。

事業とは確かにそういう側面はあるものの、
日本国内の箱入り経営者にとっては、
今までの実績は根拠とは言えない。
特に二代目三代目経営者には。


振り回される側にすれば、良いことは一つもないので、
悪質ブローカーは生み出したくないんです。


これだけネットを含め、情報格差が薄まってきているとはいえ、
風が吹けば桶屋が儲かる、
人間万事塞翁が馬、
全ては、入口から出口まで連携して繋がっている以上、
入口のステージだけの仕事だからと取り組んでも、
決してうまくいくとは限らない現実までは、
未経験者には、想像すらつかない。


情報弱者という言葉があります。

ことこの業界に限って言えば、
経験者以外は、すべて情報弱者なんです。

これだけ情報格差があり、情報弱者が多い業界では、
悪質ブローカーを、今後生み出さないためには、
業界常識を底上げし、一般レベルまで市民権を得る以外に、
無くしようがありません。

つまり、悪質ブローカーは相手にされない。
儲からないということが、常識になって、
初めて駆除ができると思います。





個人的には、この業界であるがゆえに、小手先はなるべくしたくない。
堂々と理念そのものを最前面に掲げてトライし続けられるよう、
努めています。

特に物売りなどと違って、
人をお世話する業界では、
ソコがとても大事だから。

特に、自分「だけ」一番、他は二番どころか、後はどうでもいいとの考え方では、
成立すらしないし、まして健全な継続は無理だから。

一人や一団体じゃできない事業なのでね。



民主主義法治国家において、
大衆はいつも間違っている分、
人気商売の政治家も間違っていて、
更に酷い事件が何度も相当な期間にわたって
実際に発生し続けなければ、
新たな法は生まれず、改正もされません。


あっという間に、時代の変化に取り残されていきます。
法だけを見ていて、生き残れる人は、たぶん法を作る側だけでしょう。

そして、これだけ法が変わるのであれば、
悪質ブローカーも暗躍しやすいことでしょう。
だって、何がホントで何が嘘なのかさっぱりわからないんですから。


だから、私は監理団体だから、送り出し機関のことまではよくわからない。
受入企業だから、監理団体やまして送り出し機関のことはわからない。

国の法すらよくわかっていない。

俺の仕事じゃないってね。

そんな姿勢でいたら、体よく悪質ブローカーの餌食です。


参入自体が悪いことではありません。
謙虚に、信頼できる情報から、見えること、わかることをちゃんとポイント押さえて
全体像を理解してから、確認に入るくらいが必要最低限です。


有象無象が色んな感情をむき出しに、言いたい放題ではありますが、
SNSなどをはじめ、情報発信する人も増えてきました。


色々ちゃんとリサーチしてから、決断するよう、
お気をつけください。


--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - 経営者や企業のレベルの問題 ブログトップ