So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
新しい試み ブログトップ
前の10件 | -

色々つながる狭い外国人労働者業界 [新しい試み]

立て続けに聞いたのでちょっとご紹介。
会員さんそれぞれでもリアルで交流があるようです。

img01.png


入管法改正法案が衆院を通過しましたね。
2,3日、海外出張している間に色々動いています。

少しずつ少しずつ、既存の取り組み先も、
新規参入組も、色んな動きに対応しようと、
情報入手や交流が活発になっているようです。


そして、狭い業界だなぁと改めて思うほどに、
会員さん同士での出会いも様々なところであるようですね。


ある行政書士の先生は、
チャットワークでお名前を出していたこともあってか、
行政書士同士の交流会?で、
このコミュニティに参加してませんか?
とお声をかけられたようです。


ある送り出し機関の方は、
ご紹介先の監理団体へ伺った際に、
このコミュニティに参加していると思われる会話が
たくさん出てきたようです。


ある監理団体では、
当ブログが話題になり、
上司に参加したいと相談されていらしたようです。


私自身に届くお話でさえこんな感じなので、
もしかすると、もっとたくさんのところで、
色々ネタになっているのかもしれませんね。


ちなみに、当方に色濃くコンタクトいただく方には、
諸状況にもよりますが、
色々なご縁を紡ぎ続けています。


それこそ、会員さん同士での交流やビジネスにまで
発展していくようなお付き合いも始まっています。


特に、ご尽力くださっている方々へは、
何かしらおカネじゃ買えないご縁を紡いでいます。


どこかで解体新書企画(当コミュニティ)にご参加、
ご支援を募る際に、書き連ねていましたが、
自発的に、積極的に、発言し、
交流を深める姿勢を持つ方こそ、
イチバン、ご自身が求める果実を得やすいと思っています。
*事実、概ねその傾向です。

見てるだけ~
の方が多いのは現実ですが、
自ら発言する、発信することが、
めぐりめぐってどういう効果をもたらすのか。

結果、自身へどう返ってくるのか。

取り組み続けている方にしか、
わからないことです。


適切な送り出し機関を紹介して欲しい...

適切な監理団体を紹介して欲しい...

その背景に、どういう思いがあるのか、
どういうご苦労があったのか、
どうしてそう求めるのか、
だからどうしたいのか、


思いの丈があればあるほど、
気持ちが強ければ強いほど、
発言し、実行すればするほど、
一つ一つ実現していくものです。

それも、一個人だけじゃ、
一組織だけじゃ到底見えない、届かない世界へ
駆け足で進むことが可能です。


狭い業界なので、
探し求めている情報やご縁は、
意外と同じ所へ集約していきます。

それは、信頼できる人は誰か、
ほぼその1点に集約されていきます。


そうして、この国ならばこの人、
こういった問題であれば、この人、
この受け入れ手法ならば、この人、

そんな感じで、ご縁が紡がれ、
事業が成立していきます。


この外国人人財ビジネスは、全ては人です。

これも言い続けてきていますが、
一人じゃできない仕事なので、
組む相手によって、成果は大きく変わってきます。

それは、能力や経験はもちろんですが、
それ以前に考え方や姿勢、
価値観のバランスに大きく左右されます。


事業規模や実績、経験に左右される部分もありますが、
しょせん、大規模であればあるほど、
業務の質は一職員にかかってきます。


一職員がどれだけ当事者としての意識を自覚しているか。
一職員がどれだけ当事者としての責任を自覚しているか。


そういう一職員が、組織の枠を超えてまで、
どれだけの信頼のおける仲間を築けているのか。


法がどんな器を用意しようが、
仏に魂を入れるのは、一担当者である一個人です。


送り出し機関側、
監理団体側、
受入企業側、
士業側、

それぞれが、どれだけ実習生や、
関係各社の顔を思い出し、
自身の良心に恥じぬよう、
周りに迷惑をかけぬよう、
いやそれ以上に相手に笑顔で感謝されるよう、
取り組めるかどうか。


更には、一人で頑張っていても、
そうそう続くもんじゃない。

そんな時に、同じ想いで頑張っている人が、
隣に、あそこに、ここに、いるかどうか。

同じステージで話し合える仲間がいるかどうか。


それでこそ、
自身も頑張り続けられるし、
成長できるし、
社内にも新たな風を吹かせられるし、
時代の流れもキャッチアップして行ける。


そんな仲間が増えれば増えるほど、
良縁が紡がれ、
みんなで次のステージへと自然と駆け上がっていける。


日本も世界全体との競争にさらされ、
オールジャパンで勝ち上がっていかねば、
ワールドカップにも出れないし、
まして優勝なんてできるワケない。


日本だからこそ、
曖昧で目に見えない良心や相手を思い遣る気持ち、
相手からの笑顔と感謝を集められる人たちを、
量産できる国はない。


そう思える日本であり続けることが、
今の平和を切り開いてきた先人に恥じぬ、
また次世代を託す子供たちにも、
バトンリレーしていける世界です。


人はそれぞれに全く同じ考え方や価値観など持ち合わせられませんが、
コミュニケーションを図り、
情報や想いを共有することで、
分かり合える、互いを尊重できる生き物です。
それが人としての社会性であり、
人類皆持ち合わせているものです。


騙されるほうが悪いといった輩などに負けず、
後ろ指を指されることなく、
健全に取り組み続け、更なる発展を目指していきましょう。


組織に依存することなく、
また所属する組織になくてはならない人財になるためにも、
一緒に仲間になって取り組んでいきませんか?



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

正しい人に選ばれたい [新しい試み]

私が中心となって取り組んでいるコミュニティですが、
何も上から目線で言っているつもりではありません。

sozai_11166-257x300.png


でも、人によっては、上から目線にしか見えないのでしょうね。
そういう誤解を恐れていると、何も言えなくなるので、
今回も、いつも通り、好き勝手書かせていただきます。汗


求めている人が、求めているタイミングで参加していただきたいだけ。

必要ない方にまで、わざわざご参加いただきたいワケではありません。


わかりやすく言えば、
それこそ、おカネさえ払ってくれれば、
受入先はどんなところで、実習生がどうなろうと知ったことか...
みたいな方々には、ご参加願ってはいないということです。


それと、

お金がない、
入りたくても結局アナタ(私)もビジネスなんでしょ、、、

書いてあることがあまりにたくさんあり過ぎて、
面倒くさくて、イチイチ目を通してなんかいられない。

カネ取るなら、もっと簡単に、もっと早く、
誰にでもわかるようにしろよ!...

そういう心持ちをしている方も、
少なからずいらっしゃると思います。

で、そういう方には、
丁重にご遠慮願っているということです。


そうする必要があるから、そうしているだけなんです。

それはつまり、
今、ご参加していただいている方々は、
そういう薄っぺらい方ばかりではないので。

そういう気持ちや姿勢で取り組んでも、
事業は成功しないので。

変な方にご参加いただいても、
それはお互いに不幸になるだけなので。



コミュニティに参加して、
知らなかったことを知る、知るべきことを知る、
成すべきことを成す、
極論を言えば、人生が変わる可能性のある人にのみ参加してほしい。

そんなことすら願っています。



金額が高いといっても、たかが知れています。
厳密な意味で reasonable(=合理的)だと思っています。
いや、廉価だとすら思っています。

1日10万円出して欲しい、なんてことは言ったことがありません。

読み込むのが大変だといってもたかが知れています。
文章を読むのが苦手な方は来るな、などと言ったことはありません。


ただし、これらの「たかが知れている」ものに手が届かない人については、
正直無理してこのコミュニティにきてもらっても、
人生を変えるお手伝いができる自信がないのです。

おカネを支払ったから、与えられてしかるべきだと、
自動的にドンドン成長して行けると、そういう他力本願の方には、
あまりお勧めはできないのです。


以前、大学生の方が、必死にバイトをして、お金をためて、
友達と遊びに行く回数を減らし、ほしいものをあまり買わないようにし、
そのお金でコミュニティに参加してくれました。

こういうことが「当然」できるのに、
それすらもできない大人に私たちがしてあげられることがあるとは、
到底思えないのです。


一日だけで数千円、数万円もする無意味なセミナーに参加するお金はあるのに
コミュニティに参加するお金はない、
知り合いと飲みに行き、一晩で1万も2万も使うお金はあるのに
コミュニティに支援するお金はない、
という「見る目が違う人」に対して私たちがしてあげられることは、
残念ながらないと思うのです。


その人たちは、まだコミュニティに来るステージにないし、
一方、私たちはその人たちの助けになれるステージにない。


初歩的なことですら、コミュニティ内での質問や相談には
丁寧にお応えしているにもかかわらず、
それ以前の方々へは、FBのコメント欄やTwitterなどのリプライ程度しか、
対応し続ける時間もゆとりもできないんです。


だから、そういう人の心に少しでも
「引っかからないような」コメントを重ねていくことが、

逆に私でお手伝いできる方には何とか、一単語でもいいから
引っかかるようなコメントを書いていくことが、

私の役目なのだと、思っています。

(もちろんこの営みにゴールなどはなく、当コミュニティに来て
 「意味が分からない」という状態を残念ながら楽しめない、
 何か「解答集」みたいなものを求めてきてしまった人も実際にはいると思います。
 そういう人を一人でも減らすのも、当事者勝つ主催者たる私の仕事のひとつなのです。)


「来るべく方に来ていただきたい」


これが、「正しい人に選ばれたい」という意味です。

従来のビジネスの頭のままでは、
ほとんどの人が勘違いしていることなので、
というか、自身で勝手に思い込んでいる人が多いので、
どうか、ご理解願いたいばかりです。



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

やればできる!やっても大丈夫! [新しい試み]

ここ最近、さんざん頭にくる悪質な人たちの批判をしてきていますが、
新規参入自体を全否定しているものではありません。

point-300x300.png


むしろ、こぞって参入してきて欲しいとすら思っています。

おカネよりも自身の儲けよりも、
バランスを考え、整えることができる人たちには。


いい加減に、時代は変わりつつあるのですから、
変化に対応すべく、自身もドンドン新しい考え方や価値観も取り入れて、
次のステージを切り開いていきましょうよ。


やればできる!

この考え方が強すぎると、
あまり調べもせずに、ドンドン進んでしまい、
失敗を繰り返すことになります。

でも、やってみなくちゃわからないことは確かにあるものです。
その時に、相談できる相手。
しかもその間柄には、駆け引きや損得のない、信頼できる相談相手が必要です。


やっても大丈夫!

目に見えないことだらけで、
わかりにくく、心配ばかりが先に立って、
進んでみたくても進めない人たち。


行動を起こさねば、何もわかりません。
調べることはとても大切ですが、
しょせん、私も含め、諸先輩方であっても、
誰もが失敗一つせずに今を生きているワケではありません。

調べたことが生きるのも、実際に歩みを進めていく中で、
発揮されるものであり、自身で経験せねば、
知識などをダウンロードはできていても、
インストールされていないことが多いので、
ダウンロードしただけでは何の意味もないのです。

この時にも、そばに誰かしら頼れる仲間がいることで、
常に自身の立ち位置など確認しながら、
都度都度相談できる相手がいると、とても心強いものです。

よく言われますが、ホントの失敗は、
「挑戦しなかったこと」だということですね。


自身の成長を求め、
外国人や外国との交流や経験を求め、
働く事の意味、意義、教育指導を通しての共育、
確かに社会に貢献している実感、
素晴らしい人たちとの切磋琢磨、

こういった素晴らしい環境に身を置くことこそ、

やればできる!

し、

やっても大丈夫!

であると思います。


何より、私自身がそう思い、願い、
求めたからこそ創り育んでいるコミュニティです。


真意参入したい方で、

『趣旨に賛同できる方』は、

ぜひご参加、ご支援ください。


能力の高い方々にこそ、業界に参入して、
素晴らしい次のステージへと、共に駆け上がっていけたならと、
本当に願ってやみません。


お願いだから、
底の浅い、上っ面な机上の皮算用だけで参入してくる方は、
ご遠慮ください。

そういう方にとっては、面倒極まりないことしか言っていないので、
何の価値もないと思います。
おカネ支払うだけ損しますから。苦笑


コミュニティ=企画の内容は、
当ブログのトップページをご確認ください。


既にご参加の方々は、
もっともっと活用いただければと思います。


関係各所に聞けばわかることまで、
何でもかんでも聞いてきて欲しいとまでは言いませんが、
それこそ、私たちにとっても、
特に参加者にとっては、再確認であったり、
再認識になり、とてもありがたいことでもありますので。





--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

有料級、無料級の情報提供の違い? [新しい試み]

私が、またコミュニティ含めて、
有料と無料をどう区分けしているのかについてお伝えします。

images.png



誠に僭越ですが、
当方の有料会員の方には、
有料でご参加くださっているのに、
当方のブログがイチバン参考になるとおっしゃっていただける方が
チラホラいらっしゃいます。


有料ならではの体制や場をご用意しているのは
もちろんですが、
無料で綴り続けているこんな私の、
ボヤキだったり、
自身の頭の整理のため、
自身のアンテナを磨く行為の延長線上でしかないのに、
そのコメントを心待ちにするファンかのように、
毎度チェックいただいている方が
そこそこいらっしゃることには、
心からこそばゆく、また大変ありがたいことであり、
改めて感謝申し上げます。



そして、昨日の記事に対して、
玄人の方から、こんなご意見を頂戴してしまいました。

--
(昨日の記事は)
一般の方々に閲覧されるにはもったいない内容な気がしました(^^;)
あれこそ有料会員向けのお得感のある情報提供だと思います。
私の〇〇する監理団体出身で、
同じような活動(有料情報提供)をしている方も多々いますので、
パクられるともったいないと思いました。
--


お世辞にしても大変過大なご評価に、恐縮です。汗

コレをお聞きした時に、
お返事に困りましたが、
こうお返事させていただきました。
(少しアレンジしてます。汗)


もったいないお言葉、ありがとうございます。

難しいところです。汗

有料級?の発信をしていなければ、
当方を信用信頼いただけないし、
そもそも訴え続けていることに
どなたも関心もお寄せいただけないことでしょう。

当方では、有料も無料も発信している内容に区別はつけていません。
どこまでも、有料の方には色濃く、
無料の方には、その一部をお伝えているつもりです。

なので、無料で満足されている方もいらっしゃると思いますし、
もっと知りたい、近づきたいという方、
お返ししたいとさえ思っていただける方が、
有料というハードルを越えてまで、ご参加いただけるのかと。

同業さんが増えるのはむしろありがたい...
趣旨さえ同じ方向を向いているのであれば...
もっと正しい適切な情報や考え方や姿勢が広がってくれて、
それらが常識といえるまでのスタンダードにすらなってもらえるなら...

そんなことすら思う私は、やっぱりおかしいのでしょうか。汗

こんな私の発信をパクるほどご評価いただけるくらいならば、
どんどんパクってどんどん広めていただければ、
それでかまわないとさえ思いました。



上っ面だけ、ビジネスニーズやチャンスを狙う、
浅いパクりはご容赦いただきたいものですが。


*余談です。
どこかのベンチャー?の方が、
(特にWEB系のマーケティング会社がほとんど。苦笑)
おススメ送り出し機関サービスを始めたと
プレスリリースが出ていましたが、
送り出しのおススメは現実とても難しい。
人も変わるし、いくら現地へホントに何度も出向いていても、
結局、素人の方にはとても人財からの横抜きは見極められない。
(極論、誰にも分らない)
さらには、そこがお勧めと言えるだけの横のリサーチ根拠も薄く浅い。
そんな実質的な中身以上に、そもそも紹介送り出し先からの
バックマージンをもらう契約になっているであろうことが、
そもそも好きになれない、、、あくまでも個人的にですが。
そして、そういう先に限って、
そこまでは自身のビジネス範疇じゃないというのでしょうし、
そもそも自身のビジネスしか考えていないから。
そして、キックバックを支払おうが、
提携客先が欲しい送り出し機関ばかり
=実習生候補者に借金させて回収すればよいというところばかりが、
お勧め先として提携しているのでしょう。
そういうことまで、わからない方ばかりでしょうから、
そういう意味で、
浅いパクリはご容赦願いたいと思います。



私が発信する情報が全て正しいのではなく、
むしろ振り回したり、混乱させてしまうこともあるかもしれません。

ですが、
色んな考え方や視点、気づき、学びが深まること自体は、
業界に関わる方々に、ご自身だけではない、
違う人がどう考えどう見ているのか、
色々取り入れてみることは、
決して良くないことではないと思い、
そう述べている次第です。


大事?なことなのでもう一度...

当方では、発信する内容自体に、
有料無料でその内容に区別は特にしてはいません。

当然ながら、有料の方には、
他の方のご意見までいただけたり、
その伝達の量や頻度については、雲泥の差があります。
そして、そこに付加価値を見出せる方しか、
ご参加を募ってはおりません。


でも、無料も大事。

なぜならば、
そもそも偉そうに、
9割ボランティア1割ビジネスとか、
笑顔と感謝を掲げ、
悪質ブローカーを撲滅し、
広く業界全体の底上げを目指すべく、
また、より適正に適切に稼ぎが可能となるよう、
努めている私からすれば、

言ってて自分がやりきれていないのは、
そもそもどうかと自分で思うから。


区別している部分があるとすれば、それは対応でしょうか。

当然、有料会員の方からのご相談には、
優先的に対応させていただいてますので。



私も聖人君子ではないので、
パクられて儲けている方がいるとすれば、
そりゃ気分の良いものではありません。

でもね。
私もSNSなどではよく引用させていただいたり、
様々勉強させていただいているメディアの記事だって、
当方もパクって使わせていただいていることだし、
そもそも情報は、情報自体に価値はなく、
その情報をキャッチした人が、どう活用するかにこそ、
付加価値を実際に生み出すことなのではと思います。


本物しか生き残っていけない時代であるならば、
私が本物になれれば、生き残っていけるのでしょうし、
パクる人が本物であれば、
またもっと違うステージへと導いてくれる方が増えるのでしょうし、
そうではないことを祈るばかりです。


そんなことを、ツラツラ考えていました。

取り留めもなくスミマセン。


--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

私のコミュニティビジネスの売上について [新しい試み]

現在募集中の解体新書ですが、
ご支援金を集めて何をしたいかについて、少し書いてみます。

20151011094949.jpg


キレイごと抜きに、いつものぶっちゃけトークです。苦笑

この一年、ずっとですが、
毎日、誰かからのメールやコメントへの返信で数時間かかってます。
毎日、このブログ、SNSなどのニュース速報シェアなどと、
法務省、厚労省、機構、JITCOのHPチェックとそのメール配信と、
色々やっていて数時間かかっています。

数は少なくしてしまってはいますが、
色んな種類の現場の実務や訪問もあります。


そう、自分が好きで始めたことなので、
後悔も何もないのですが、かなりの時間を費やしているので、
これ自体仕事にしていないと、回らない...汗

なので、私の生活費の一部の足しにも、
もちろんさせていただいています。


さらに、ご支援いただいた半分は、私にお付き合いいただき、
ご多忙な中、ご協力くださっている方々へ感謝をもって、
分配していますので、
100人強からご支援いただいていますが、
実際はそれぞれ微々たるものです。苦笑

特に最初は今よりもご支援金は格安でしたから。

(実績もコンテンツも今ほど手厚くなかったので当然ですね。)
(でも、先にご参加いただいた方がイチバンお得な状態です。)


いっときますが、私はビジネスはヘタクソです。
えっへん、自信も自覚もすごくあります。笑&涙


正直もう少し会員さんを増やさないと、
とてもご飯すら食べられないので、
大変なんです。

でも、誰彼構わず入ってね!とは言えないので、
自分で自分の首を絞めてます。汗


えっと、いつものごとく話がそれました。
私の生活もそうですが、
それ以上に、まだまだやりたいことがたくさんあり過ぎます。
できればご支援いただきたい。


以前も開催していますが、

『各国の視察ツアー』

お集まりいただく方々から、
また多数の入国後講習を受け入れている先から、
またまた現地にいる方から、
色々情報収集して、ここは素晴らしい、
もしくは、この方がいる送り出し機関を見てみたい、
など、私たちが与り知らぬ現地の現実を
プロの方々と視察に行って、
色々な発見や気づきをえて、それらをまた会員さんにお伝えしたい。
できれば年に数度、アチコチの国へ伺い、
定期的にチェックし相互評価し、シェアしていきたい。


『リアルお茶会』

セミナービジネスがどうも好きになれない私は、
どうせならコストもそれほどかからずに済むので、
=これで収益上げようとは露も考えていないので、
会員さん同士でのお茶会を定期的に開きたい。

リアルでのコミュニケーションは、やはり求められるし、
何より、同じ想いをもって集っていただけている、
全然違う立場でご活躍されている方々同士で、
ご面識をいただいての交流は、
かなりプライスレスです。
1テーブル4人くらいでやりたい。
でないと、話が盛り上がらないし、
ちょうど良い塩梅だから。


最初はやはり東京でやりましたが、
できれば、地方都市を少し回ってみたい。


地方ごとに違いもあるし、
取り組み方もまるで違うから。

そういうことも、配信していきたい。



『送り出し機関セミナー』

これはちょっと難しそうですが、
真摯に取り組む送り出し機関を紹介したい。
小さくても、特徴や強い想いで取り組んでいるところ。
大手のまともな一部門。
特に、それらを動画にとって、
各資料と共に、
他の送り出し国を検討したい方々に、
必要とするタイミングで、伝えられるようにできたらと思います。

各国各送り出し機関が横一列で並べば、
比較もしやすいし、特徴もわかりやすいでしょ。


『監理団体口コミサイト』
(送り出し機関や特定技能の登録支援機関もあるかな。
 逆に実習生向けにそれぞれの母国語で、
 受入企業の求人票サイトも面白そうですね。
 でもどれも、言ってはいけないことまで言い出しそうです。汗)

これは監理団体側には
あまり好まれないのかもしれませんが、
受入企業側にとっては、
求められている食べログ口コミのようなもの。
じゃらんや楽天トラベルの口コミサイトのようなもの。

ちょっとこれも2000強もある監理団体の一覧を、
リアルタイムでの情報整備が難しいんですが、
システム的におカネさえかけられれば、
またできそうな気もしています。
ただし、有象無象の抽象批判を避けたかったり、
管理上、これもまた大変そうだし、
何より口コミを自然発生的に集めることに、
時間がかかりそうなので、どうしたものかと。


『合宿』

コレは単にお祭りイベントみたいなものでしょうか。
協力者と共に、各地へお泊りでお出かけしてみて、
その間、お付き合いいただける方と交流を図ってみたいですね。

希望者がいれば、合宿的にプチ講習会などでも
かまいません。
一年に一度くらい、
お疲れ様会みたいなことができるといいかなぁと。

リアルお茶会のちょっと豪華版みたいな。

協力者と共に、専用サイトのブラッシュアップ的見直しなどの
合宿も考えています。
お互いバタバタ都合もあるので、
集中して皆で顔を突き合わせて、できるといいなとも思っています。


『その他企画色々』

一から何度も説明するのも大変なので、

・監理団体事業に取り組みたい方にとっての組合設立の仕方
・組合設立後、機構への監理団体許可申請の具体的なポイント
・技能実習計画の作り方
・月例訪問の仕方
・監査業務の仕方
・外部監査人業務のポイント
・現地送り出し提携先の決め方
・・・

既に書いてあるものも書いていないものも、
もっともっとドリルダウンして、ケーススタディを入れて、
場面場面ごとに、解説し、ココまですべきでしょう的な、
ひとつのモノサシ基準を提唱してみたいとも思っています。

今話題と興味沸騰中の(苦笑)特定技能の登録支援機関の
登録の仕方なんぞも、特に行政書士の先生方は、
ビジネスとして考えて、下調べ中な気もしていますが、
その補強版としても、
実務の現場の現実を知るからこそ指摘できるポイントとして、
準備してみたら、喜んでいただけるかなぁとか。


それぞれ当方の勝手な想いでもあり、
求めていただけているのかすらわかりませんが、
色々色々やりたいことや、知りたいことがあふれ出てきます。

他にも、日本語教師の集いとか、
外国人への教育指導の仕方とか、
共生のコツとか、国内各国の通訳の集いとか、
留学生の年収300万就職斡旋の現実とか、
インターンシップの活用方法とか、
介護や業界に特化したこともしたいし、
国ごとの集まりもしたいし、
受け入れた実習生の母国へ帰国してからの活用事例とか、
海外進出事例とか、
逆に日本人スタッフを受入したい海外需要と、
それに応じたい日本人がどれほどいるのかとか、
特定技能の送り出し国は、東南アジアに限定されなさそうだとしたならば、
オーストラリアとか米国、欧州での需要はどれだけあるのかとか、
もうそりゃもう、次から次へと興味があることだらけです...


勘違いしないでいただきたいのは、
私の勝手な想いもありますが、
特に最初に例に挙げた一部は、
やはり会員さんからのご要望でもあります。

つまり、会員さんが求める声に応じて、
どうプラスアルファを提供していけるのか。
決して独りよがりで実行には移していません。


時間もお金もあればあった分だけ、
やってみたいことは限りなくあり、
それらは全て、会員さんにとっての
プライスレスなネタや経験になることでしょう。


そして、そんなことしてる暇もコストもない方々にこそ、
共有していきたいものですし、
必要に応じて、経験値の個別供給や、
水先案内の一事例ともなれば何よりです。


アホみたいにウソ偽りを言えないタイプの当方からすれば、
何より私自身が、成長したいし、楽しみたいし、
そうしていくことが、会員の方々に対しても、
楽しく伝えられると思うし、
選択肢が増えたほうが、活性化するし、
色んな需要にお応えできるし、
そんなことを考えている次第です。


なので、悪質ブローカーや、
〇〇の一つ覚え営業の相手をしている時間は、
ありません。


もっともっと先へ、次のステージへ、
早く歩みを進めていきたいと思っています。


良かったら、ぜひご支援ください。

お仲間になってくれたら嬉しい限りです。



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

解体新書企画、第3期募集のお知らせ [新しい試み]

さて、今年最後の解体新書企画募集の準備が整いました。
コチラでも少しご案内させていただきます。

sozai_11166-257x300.png


残すところ2018年も後2カ月。
今日からはクリスマスシーズンスタートでしょうか。
ホント、月日の経つのは早いものです。


外国人技能実習制度も、昨年の今日、
新制度がスタートし、介護開襟元年でもありました。


まだ振り返るのは少々早いのですが、
私にとっても、初めて『NEXT STAGE』なる企画を立て、
コストをお支払いいただいてまで、
ご参加いただける方を募り始めて、
ちょうど1年が経ちました。


このネクステにてご縁をいただいた方々と共に、
年末年始辺りから準備に励み、
この解体新書企画も春先にスタートし、
1期、2期と経て現在に至ります。


おかげさまで有志の方々も100名を超え、
多少なりとも、業界にお役立ちできているのではないかと、
自負させていただいてもよろしいでしょうか。苦笑



たぶん、もっと営業的に、
損得や勝ち負けを煽って案内をしていれば、
欲を突っ張る数百余名の方々に、
『営業販売』できただろうとも思いますが、

そういう行為は特にしてきていません。


名前を売っての、セミナービジネスなども、
よくありますが、
そういうことをしたかったワケでもありません。


特にこの業界では、2,3時間のお話をしたからといって、
とても全てを網羅し、総合的にお役に立てることはないと思い、
それで大切なお金をいただくのは、いかがなものかと、
私自身が考えてしまっているからです。


それでも、実際はリアルが求められることもあり、
じゃあと、ささやかながら、
「お茶会」というスタイルで、開催させていただいたこともありました。


大金?を支払ってまでおいでいただく必要はないですから。

また、わざわざ当方までおいでいただける方には、
個別にお会いし、お話も様々してきていますし。



何を申し上げたいかといえば、
継続的に支え合える関係でない限り、
つまみ食いだけで適切な助言や意見は言えません。

もっと根っこを言えば、
相手を信用、信頼していない限り、
まったく無意味です。

その為にも、相手が何を考え、どういう姿勢で、
何をどうしたいのか、について、
理解すらできない間柄では、
お互いにプラスになることなど、なかなか。


特に、当方のことは、継続して、
これでもかと、素っ裸に近い形で、
その考え方や思っていることなど、
お伝えしてきていますので、
長々お付き合いくださっていらっしゃる方には、
多少なりとも伝わっているのかと思います。

特に、
生意気な点も、くどい点も、口うるさい点も、
理屈っぽいところも、プライドの高いところも、
偉そうに言っていながらも、人間関係がヘタクソなところも、
その割に、知らない方々とお話して刺激を受けることが大好きなところも、
すぐ調子に乗ったり、鼻っ柱が伸びてしまったり、
ダメダメなところも、
優等生ぶって、ええかっこしいなところも、
素の等身大の私を、色々お伝えしてきたつもりです。


いつもながらの手前味噌ですが、
そういった私を見て(?)、
会ったこともないのに、
顔を見たこともないのに、
大切なお金をお支払いいただいてまで、
ご参加くださっている現有料会員の方々には、
感謝してもし切れません。


特に、ご多忙なところ、様々お付き合いくださっている、
専用サイト作成者であり、
チャットワークなどで返答いただいている、
私を除く4名の方々。

また、責任もないのに、
返答する側でコメントいただくご参加の方々。


この場を借りて、
心から感謝申し上げます。




ある方から、

『もっと儲けなきゃダメ!』
『アナタが言ってることでしょ!』

とお叱りを受けることもありますが、

ココまで来ている以上、
やせ我慢をおして、続けていけるよう、
努めてまいります。



お恥ずかしく情けない言い方ですが、
メールなのかチャットワークなのか、
はたまたブログやSNSなどへのコメントなのか、
毎日毎日、返信対応し、
各役所関係の複数のサイトチェックをし、
会員さんへ配信をかけ、
各原稿作成をしていると、
ぶっちゃけ現場って、あんまりできません。汗


なので、少なくとも私は、
コレで飯のタネにするしか道がない、
正に片道切符状態です。苦笑

*事業なので、他にもアレコレ種もまくし、
 実際に動くこともしてますが。汗


だから、どのみち、
やってみたいこと、
やりたいこと、
やるべきであろうことが、
たくさんたくさんありすぎるので、

どうせならば、
もっともっと手厚く、
本気の方がいらした際には、
もっと早く、
もっと効果的に、
もっと便利に、
あの手この手で、
もっと付加価値を高めて、

新人さんは一日でも早く一人前になれ、
諸先輩方には、もっとリソースを余らせられるよう、
効率化を図り、

水が高きから低きへと流れるかの如く、
自然と業界が良くなり、
共に健全に栄えていけるよう、
努めていくことをお約束いたします。



なんかご案内でもなんでもなくなってしまいましたが、汗
ご関心をいただける方は、
以下よりご確認いただき、
共感いただけるものならば、ご参加、ご支援願います。


https://37-man.com/cf/x3m



*詳しくは当ブログのトップページにあります、
 メッセージをご確認ください。



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

ぼくのゆめ もとしょくいん [新しい試み]

ぼくのゆめを、かいてみました。
よかったら、よんでください。

82186105-282x400.jpg


かいいん 1000にん

たとえば、2まんえんだと、2せんまんえん、あつまるから、
そのおかねを、つかって、


サイトも、SNSも、メールも、
オリジナルに、カスタマイズして、

ことばも、それぞれのくにで、よめるように、ほんやくされて、

しゃしんや、どうがが、
だれかわからないように、へんしゅうされたものが、
たくさんのせられて、
ことばで、せつめいしなくても、パッとみて、わかるようにできて、

サイトは、ページごとに、カキコミできて、
キーワードで、けんさくできるようにして、

SNSも、いいねじゃなくて、ありがとうボタンにして、
たくさんありがとうを、あつめるコンテストとかして、

ていきてきに、あちこちで、おちゃかいとか、こうりゅうできて、

ていきてきに、あちこちのくにに、しさつにいって、
たくさんのげんじつを、たくさんシェアして、

そして、しつもんや、そうだんに、
しんしにこたえてくれるひとが、
100にんくらいに、ふえたらいいなぁ。



かいいん 10000にん

2おくえん…1まんえんで、1おくえんでも、だいじょうぶ、かもしれない。

おかねは、たくさんありすぎると、いいことないから。

あ、ぼくのきゅうりょう、いまとあまり、かわらなくていいから。


ゆうしゅうなひとに、かえさなくていいおかねを、たすけてあげたり、

にほんごきょういくや、
がいこくごのきょういくとか、
くにのルールのしくみとか、
トラブルちゅうさいとか、

かくちで、きょうせいのために、
てがまわらないことを、たすけられたりとか、

だまされるひとより、だますひとが、
やっぱりわるいせかいを、つくりたい。

ひとを、だまそうとする、わるいことは、
するほうが、そんするって、せかいを、

ぎょうかいをこえて、もっともっと、
えがおと、かんしゃが、あふれるせかいを、

じつげんしたいです。



やりたいこと、
やれること、
やるべきことが、たくさん、たくさん、
あるから。


あ、しゅしに、きょうかんし、さんどうしてくれるひとだけで、
そんなひとが、たくさん、ふえてくれると、しんじてます。

そして、
しぜんと、ふえてくれるように、かえていきたい。


ぎょうかいを、しゃかいを、せかいを、
もっとよくかえていきたいです。


ホントは、みんな、
よのなかに、やくにたつ、しごとがしたい、
ひとに、よろこんでもらえる、しごとがしたい、から。


あと、なんねんもしないうちに、かならず、できるから。


--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

外国人労働者招聘業界の人は当方の企画をうまく使うべき?! [新しい試み]

皆さんヒマがない、勉強したりアンテナ張ったり、
人を抱えるゆとりもない、だから...

20151011094949.jpg


...私たちを安く雇ったら(?)いかがでしょうか。

みんな現場実務に励む方々には、
リソース(人、モノ、カネ、情報、時間、気持ちのゆとり)がないから、
最近の時事ネタも法改正もとても掴んでいる余力がない。

もっと突っ込んで個別に言えば、

まず受入企業側。

色んな業者がいる中で、何がホントで、
どの程度のフォローが適切で適正で、
どこまでを業者側に求め、もしくは求めることができ、
自社でどこまでをすべきなのか、
さっぱりわからない。

労務管理や入管、技能実習法上では、
何をどこまで気を配り、整備すれば必要十分なのか、
皆目、その線引きがわからない。

そんな時には、当方が募集している、
技能実習制度の解体新書企画にご参加いただけるのが、
イチバン多面的に総合的に網羅して把握することができます。

また、受入企業側で他の方々が、どこまでどれだけのケアをしているのか、
どんな問題に巻き込まれ、どう対処しているのか、
そういった内容が、受入企業側同士でも相互にコミュニケーションが図れます。

なんなら、有志の方々から、助言や知恵、工夫などもいただけます。


そして、業者側。

他の業者はどこまで、どれだけの手間暇をかけているのか、
どこまで業者側がすべきなのか、
どうやって手掛けているのか、
そういった内容が、都度、事あるごとに質問と返答が飛び交っています。

また、最近改めて思うことは、
新規参入者も増えてきており、
また既存先でも業務量が増えているため、
新人採用が盛んなようですが、
そういった人たちに、膨大な業界のイロハから、
懇切丁寧に教えていくことは、とても大変な時間と労力を必要とします。

特に、外国人技能実習機構のHPを隅から隅まで読んでおけと言われても、
言われた側はちんぷんかんぷん。
ナゼこれらを全てチェックしなければならないのか、
夏休みの宿題同様に、そのボリュームを見るだけでも、
嫌気がさし、どこまでも能動的には取り組めません。

ですが、解体新書の専用サイトをご覧いただければ、
どう取り組むべきか、どこまで考え実践すべきか、
そして、ナゼそこまでせねばならないのかについて、
入口から出口まで、一通りの法に書かれていない、
様々なポイントについて、指摘、解説しています。

また、もう一つ言えるのは、
受入企業側にもご参加を促すことです。
大変僭越なのは百も承知ですが、
受入企業に参加いただくと、
日々の教育がとても楽になります。

つまり、教育の自動化に効果を発揮するということです。

受入企業には当事者意識を植え付けねばなりません。
それこそが、受入企業にとってイチバンの利益につながることだからです。

技能実習制度は、日本国において、
外国人労働者の適正受入のガイドラインとして、
現実的に守らねばならない法や法以外の実務について、
現実的に、イチバン進んでいます。

つまり、ストライクゾーンが明確であるということです。

このストライクゾーンを把握することこそが、
事業として、安定継続を図ることのできる唯一の秘訣です。


ぶっちゃけ、もっともっと上手に使えば、
業界はもっともっと良くなり、
不適正な輩を排除でき、
これからの大転換を迎えるうえでは、
徒手空拳で立ち向かうよりは、
よほど現実的に対応力が増し、なんなら次のステージまで
歩みを進めることすら可能です。


この一年近く、様々な活動をしてきたうえで、
心の底から、そう思いますし、その手ごたえも感じています。


誰も言わないし言えないので、誠に上から目線の、
生意気なお話だとは思います。

ですが、ご参加いただき、肌で感じていただいている方々には、
多少なりとも伝わっていようかと、勝手ながら思っています。



こんなことを言いながら、
未だ次の募集の準備ができてはおりませんが、
ご参加いただいていない方は、ぜひとも今のうちに、
当方の無料メルマガにご登録ください。
近日中に再募集のご案内ができるよう、努めております。

*当初の企画では来年の3月いっぱいまでとなっていますが、
 継続できるようお話がまとまっています。

*初めて当方の記事などにたどり着いた方は、
 何のことやらという感じでしょうけど、
 ご面倒ながら今までの活動を振り返ってご確認いただければ、
 お伝えしている意味や意図を、少しでもお分かりいただけるかと
 思います。

テキストでどこまでお伝えできるか、
定かではありませんが、心の底から、そう言えます。


お金は多少なりともかかります。
それもこれも、僭越ついでに申し上げれば、
私が、ないしご協力いただく方を含めた私たちが、
そのステージへとお連れします。
そういった活動へのご支援金としています。

キレイごと抜きに私たちにも生活費は必要です。
ですが、それをも含めて、
ご参加いただいているコミュニティの発展に寄与すべく
その活動費として、わずかばかりをご支援いただいているのみです。


私たちは、
いや、ご参加いただいている方々全員が、
全員で、切磋琢磨を図り続けていることこそが、
自然と、自動的に、次のステージへと歩みを進めていくことでしょう。


上手く私たちをご利用ください。
そして、上手くアナタも利用されてください。

お互い様で利用しあう、
利用という言葉が率直すぎるのであれば、
お互いに支え合う、協力し合う、共育しあう、

コミュニティを骨の髄までしゃぶりつくすほど活用していただけるほど、
次のステージへと歩みを進めていけるものと確信しています。


アナタもそんな仲間になりませんか?

--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

お試しで開催してみるお茶会について [新しい試み]

実は本日、ある場所で、会員の方にお茶会のお誘いをしてみたところ、
10名の方にご参加を表明いただきました。

puzzle.png


監理団体の方が多いのですが、
設立前の方、送り出し側の方なども一部混じってのお茶会です。

お茶会と言っても、そんな優雅なものではありません。

狭い会議室のような部屋で、ペットボトルのお茶くらいはご用意して、
場所代払って、オヤジが集まって、ワイワイお話しするだけのことです。

会費も2千円ぽっきり...ほぼ場代実費。笑


そうそう、本当は解体新書企画をフォローいただく側、
質問や相談に応える側でコミットいただいている方との
面識や相互の懇親を図る場で考えていたものでしたが、

以前から、リアルでの懇親を希望される方も少なくなく、
ついでにやってみますか?的なノリなので、
お気楽にお気軽にお試し企画で開催するものです。


でも、こういったことに積極的にご参加いただく方は、
どういった方々なんだろうと、興味津々です。苦笑

いや、たぶん、ご参加される側こそ、私たちに興味津々なのでしょうか。苦笑

別にしがないオジサンたちなんですけども。汗


それでも、私が馬鹿の一つ覚えのように、
ちょっとイタイ人みたいに、赤裸々に色々お伝えし続けてきたことに、
ご賛同いただいている方々ばかりと思われ、
共通の話題で、話が弾んで楽しくも有意義な時間となればと願っています。


遠方からのご参加表明もありましたが、
はたして今日、本当にいらっしゃるのかどうか。
(行けたら参加するとの柔らかい返答の方でしたので。苦笑)


また、後日、その内容についても、
当たり障りのないところで報告させていただく機会もあるやもしれません。


でもね、たぶん、
このブログタイトル自体が「全て暴露します」ではあるんですが、
実際には、リアルでしか話せないことも色々ありそうで、
またそんな機会もやっぱりご参加いただいた方同士だけの会話にもなることでしょう。

特に、個を特定しての批判につながりかねないようなことは、
さすがに言えないし、当方に届く個別のご相談や各情報も、
とても公表できないことだって、ご本人の希望ではどうしようもありませんから。


色々なご意見があろうかと思われますが、
このお仕事、本当にコミュニケーションって大事だと常々思い知らされる中で、
こういったテキストでの一方的なコミュニケーションもあれば、
テキストだけでも、双方向のコミュニケーションもあれば、
電話でのコミュニケーションもあり、
リアルでのコミュニケーションもあり、

それぞれに一長一短があるものです。

今回は、リアルでのコミュニケーションです。
また今までとは違った意味で、
他人様のご意見や取り組む姿勢、価値観の微妙な違い、
話し方、実績、手法、様々まったく同じ方は一人もいません。
なので、よけいに、知らないことや、新たな気付き、学びが
たくさん生まれることと思います。

あの手この手で、知識や経験を共有し、知恵や工夫を絞り出し、
同じ方向を向く仲間と切磋琢磨しながら、
次のステージへと歩んでいきたいと思います。


ご覧になっていただけているかわかりませんが、
本日、お会いする方々、
良いご縁や楽しい時間を過ごせるよう、
お付き合いのほど、本日、宜しくお願いいたします。


それでは、これから遠方より、会場へ向かいます。



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

外国人技能実習制度の解体新書企画を推す理由 [新しい試み]

たかだかこの数カ月でも、色んな動きが出ています。
介護の実習生受け入れの動き、特定技能、その対応業種の拡大化、留学生の就職条件緩和方針...

ダウンロード.jpg


国が今までと打って変わって、
矢継ぎ早に新たな方針を打ち出してきています。

これも巷で言われるように、選挙前だからとしたら、
なんだかなぁって感じです。

それはともかく、こういう色んな動きがあるので、
アンテナを張っておくことはとても大切ですが、
基本はこの外国人技能実習制度であるとの考えは、
あまり変わりはありません。


なぜならば...率直に言いますね。

他の受入もさんざん挑戦し、経験してきている私に言わせれば、
いくら動いても、所詮ビザがおりるかどうかわからないものにトライしても、
事業としては成立しないからです。


新たなビザの創設も、ストライクゾーンがはっきりするまでは、
紆余曲折があることでしょう。

見切って会社まで興して、派遣会社だの職業紹介会社だのと、
高いお金を積んで体を整えても、いったいいつから申請を受け付け、
ビザがちゃんと降りて、キャッシュフローに実際に代わっていくのかのスケジュールすら
見えない中で、どれだけの余力のある先であれば、大丈夫なのか皆目見当がつかないからです。
あ、行政書士も弁護士も社労士も、全員同じです。


その点、良くも悪くもがんじがらめの外国人技能実習制度では、
膨大な書面さえ整えれば、ほぼほぼ実習生の受入は可能です。

最悪は予定通りの期日に間に合わなくなるかどうかのリスク程度でしょう。


そういう意味では、当制度の仕組みを知っていて、
なおかつ、それらの書面を応用させる、
つまり、お役所的にポイントを押さえた、
ある程度のストライクゾーンが法的に定められた範囲での
事例となり、お役人が許可を出すうえでの逃げ道や根拠と
なりうるのではと考えるからです。

そもそも、特定技能ですら、
実習制度で言う技能検定が根幹条件ともなっていくようですし、
入管行政の基礎となりうる書類を把握できるからです。

それらを通して、労務管理を含め、どれだけ多面的にケアしなければならないのか、
成立している入管ビザ関連のビジネスモデルはどうあるべきなのか、

そういうことが、よくわかるようになります。

やりながら一年、二年かけて悠長に自身の手探りでノウハウを身に着けていく選択ならば、
とやかく申し上げるつもりもありませんが、
本質や現場の現実からたどり着く手法、またそのレールを知りたければ、
当解体新書企画にご参加、ご支援いただくことをおススメします。




また、ついでにお伝えしたいことがあります。


解体新書企画についてですが、
実は今月9月いっぱいで、また第二次募集を締め切らせていただこうと予定しています。

理由は、9月いっぱいで、当初より提示させていただいているサポート期間として、
半年を切るようになるからです。
せめて半年程度は、専用サイトのアップデートや、変わりゆく各種法などのアラートメールや、
チャットワークなどをご活用いただきたく、
また総合的にコミュニティとしての活動にご参加いただき、
ご支援いただいた分としての一定の期間と考えているからです。


それともう一つ。

ぜひ参加してみたいんだけど、
悩んでいる方、迷っている方も少なくないようでしたので、
無理に入ってくださいではなく、
あくまで背中を押すところまでは、お伝えすべきかと、
先日、本ブログにて書いてみたところ、

迷う方からコメントをいただき、その返答などもさせていただきました。

同じような方がいらっしゃれば、ぜひご確認ください。


https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/2018-08-27#comments


やり取りさせていただいて、私自身も初めて思い当たりましたが、
実は、スマホだけでPCを使わなくとも、
利用は十分可能なんですね。

私自身がPC利用ばかりでしたので、あまりそこまで気には留めていませんでしたが、
PCを離れた場合でも、ソファーに横になりながら、
お問い合わせやご相談のメール返信やチャットワークへの返信対応をしているときがあり、
それは確かにスマホをいじっているだけですから。

なんか、自分で言うのもおかしいんですが、
すごい時代だなぁと。苦笑

また、おそらく若い方かと思い、
今は既にそれが当然の時代なんだなぁと。


でも、制度事業の実務を始めれば、
PCに触らずに済むことはなくなってしまうと思いますが。汗



ついでのついでに、9月18日は一部の会員の方と、
初めてのお試し的なお茶会を開きます。


基本的にはコミュニティの主戦場はネットの世界ですが、
6月の視察ツアーや今回のお茶会など、オフ会(って今でもいうのかしらん)や、
いわゆるリアルでコミュニケーションを図れる機会が創れるものならばとは、
考えていましたので、
色々やってみたいことを、希望者を募って、
一つ一つ実践していっています。


もし時間と予算が許されるならば、
できれば、日本全国、送り出し各国、回ってみたいと思っているくらいです。
それだけリアルでの臨場感、肌感覚、コミュニケーションは、
とても大事だと思っています。

そりゃそうですよね。
実習生ともLINEでヴァーチャルで顔合わせるだけで、
十分なコミュニケーションが図れるとは思いませんから。


要は、それだけ会員同士であっても、密度の濃いコミュニティに
していけたならと思っています。
強制はしませんけどね。



最近、メールでお伝えすべきか、このブログでお伝えすべきか、
私の中でも、垣根があいまいになってきています。汗
ですが、ブログはわざわざ見る人だけ、
メールはブログをたまたま見落とした方へもお伝えすることができるといった、
お伝えする方法が違うものとして、またメールでもお伝えしますね。
その時は、また違う情報も入れて。笑


えっと話があちこち飛びましたが、
ベースとして抑えるべきは、実習制度だと思っています。

だから、ご参加をお考えの方は、早めがお勧めです。

できれば、営業的な意味ではなく、言葉通り受け止めていただければ、
大変ありがたい限りです。



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - 新しい試み ブログトップ