So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
新しい試み ブログトップ
前の10件 | -

外国人労働者招聘業界の人は当方の企画をうまく使うべき?! [新しい試み]

皆さんヒマがない、勉強したりアンテナ張ったり、
人を抱えるゆとりもない、だから...

20151011094949.jpg


...私たちを安く雇ったら(?)いかがでしょうか。

みんな現場実務に励む方々には、
リソース(人、モノ、カネ、情報、時間、気持ちのゆとり)がないから、
最近の時事ネタも法改正もとても掴んでいる余力がない。

もっと突っ込んで個別に言えば、

まず受入企業側。

色んな業者がいる中で、何がホントで、
どの程度のフォローが適切で適正で、
どこまでを業者側に求め、もしくは求めることができ、
自社でどこまでをすべきなのか、
さっぱりわからない。

労務管理や入管、技能実習法上では、
何をどこまで気を配り、整備すれば必要十分なのか、
皆目、その線引きがわからない。

そんな時には、当方が募集している、
技能実習制度の解体新書企画にご参加いただけるのが、
イチバン多面的に総合的に網羅して把握することができます。

また、受入企業側で他の方々が、どこまでどれだけのケアをしているのか、
どんな問題に巻き込まれ、どう対処しているのか、
そういった内容が、受入企業側同士でも相互にコミュニケーションが図れます。

なんなら、有志の方々から、助言や知恵、工夫などもいただけます。


そして、業者側。

他の業者はどこまで、どれだけの手間暇をかけているのか、
どこまで業者側がすべきなのか、
どうやって手掛けているのか、
そういった内容が、都度、事あるごとに質問と返答が飛び交っています。

また、最近改めて思うことは、
新規参入者も増えてきており、
また既存先でも業務量が増えているため、
新人採用が盛んなようですが、
そういった人たちに、膨大な業界のイロハから、
懇切丁寧に教えていくことは、とても大変な時間と労力を必要とします。

特に、外国人技能実習機構のHPを隅から隅まで読んでおけと言われても、
言われた側はちんぷんかんぷん。
ナゼこれらを全てチェックしなければならないのか、
夏休みの宿題同様に、そのボリュームを見るだけでも、
嫌気がさし、どこまでも能動的には取り組めません。

ですが、解体新書の専用サイトをご覧いただければ、
どう取り組むべきか、どこまで考え実践すべきか、
そして、ナゼそこまでせねばならないのかについて、
入口から出口まで、一通りの法に書かれていない、
様々なポイントについて、指摘、解説しています。

また、もう一つ言えるのは、
受入企業側にもご参加を促すことです。
大変僭越なのは百も承知ですが、
受入企業に参加いただくと、
日々の教育がとても楽になります。

つまり、教育の自動化に効果を発揮するということです。

受入企業には当事者意識を植え付けねばなりません。
それこそが、受入企業にとってイチバンの利益につながることだからです。

技能実習制度は、日本国において、
外国人労働者の適正受入のガイドラインとして、
現実的に守らねばならない法や法以外の実務について、
現実的に、イチバン進んでいます。

つまり、ストライクゾーンが明確であるということです。

このストライクゾーンを把握することこそが、
事業として、安定継続を図ることのできる唯一の秘訣です。


ぶっちゃけ、もっともっと上手に使えば、
業界はもっともっと良くなり、
不適正な輩を排除でき、
これからの大転換を迎えるうえでは、
徒手空拳で立ち向かうよりは、
よほど現実的に対応力が増し、なんなら次のステージまで
歩みを進めることすら可能です。


この一年近く、様々な活動をしてきたうえで、
心の底から、そう思いますし、その手ごたえも感じています。


誰も言わないし言えないので、誠に上から目線の、
生意気なお話だとは思います。

ですが、ご参加いただき、肌で感じていただいている方々には、
多少なりとも伝わっていようかと、勝手ながら思っています。



こんなことを言いながら、
未だ次の募集の準備ができてはおりませんが、
ご参加いただいていない方は、ぜひとも今のうちに、
当方の無料メルマガにご登録ください。
近日中に再募集のご案内ができるよう、努めております。

*当初の企画では来年の3月いっぱいまでとなっていますが、
 継続できるようお話がまとまっています。

*初めて当方の記事などにたどり着いた方は、
 何のことやらという感じでしょうけど、
 ご面倒ながら今までの活動を振り返ってご確認いただければ、
 お伝えしている意味や意図を、少しでもお分かりいただけるかと
 思います。

テキストでどこまでお伝えできるか、
定かではありませんが、心の底から、そう言えます。


お金は多少なりともかかります。
それもこれも、僭越ついでに申し上げれば、
私が、ないしご協力いただく方を含めた私たちが、
そのステージへとお連れします。
そういった活動へのご支援金としています。

キレイごと抜きに私たちにも生活費は必要です。
ですが、それをも含めて、
ご参加いただいているコミュニティの発展に寄与すべく
その活動費として、わずかばかりをご支援いただいているのみです。


私たちは、
いや、ご参加いただいている方々全員が、
全員で、切磋琢磨を図り続けていることこそが、
自然と、自動的に、次のステージへと歩みを進めていくことでしょう。


上手く私たちをご利用ください。
そして、上手くアナタも利用されてください。

お互い様で利用しあう、
利用という言葉が率直すぎるのであれば、
お互いに支え合う、協力し合う、共育しあう、

コミュニティを骨の髄までしゃぶりつくすほど活用していただけるほど、
次のステージへと歩みを進めていけるものと確信しています。


アナタもそんな仲間になりませんか?

--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

お試しで開催してみるお茶会について [新しい試み]

実は本日、ある場所で、会員の方にお茶会のお誘いをしてみたところ、
10名の方にご参加を表明いただきました。

puzzle.png


監理団体の方が多いのですが、
設立前の方、送り出し側の方なども一部混じってのお茶会です。

お茶会と言っても、そんな優雅なものではありません。

狭い会議室のような部屋で、ペットボトルのお茶くらいはご用意して、
場所代払って、オヤジが集まって、ワイワイお話しするだけのことです。

会費も2千円ぽっきり...ほぼ場代実費。笑


そうそう、本当は解体新書企画をフォローいただく側、
質問や相談に応える側でコミットいただいている方との
面識や相互の懇親を図る場で考えていたものでしたが、

以前から、リアルでの懇親を希望される方も少なくなく、
ついでにやってみますか?的なノリなので、
お気楽にお気軽にお試し企画で開催するものです。


でも、こういったことに積極的にご参加いただく方は、
どういった方々なんだろうと、興味津々です。苦笑

いや、たぶん、ご参加される側こそ、私たちに興味津々なのでしょうか。苦笑

別にしがないオジサンたちなんですけども。汗


それでも、私が馬鹿の一つ覚えのように、
ちょっとイタイ人みたいに、赤裸々に色々お伝えし続けてきたことに、
ご賛同いただいている方々ばかりと思われ、
共通の話題で、話が弾んで楽しくも有意義な時間となればと願っています。


遠方からのご参加表明もありましたが、
はたして今日、本当にいらっしゃるのかどうか。
(行けたら参加するとの柔らかい返答の方でしたので。苦笑)


また、後日、その内容についても、
当たり障りのないところで報告させていただく機会もあるやもしれません。


でもね、たぶん、
このブログタイトル自体が「全て暴露します」ではあるんですが、
実際には、リアルでしか話せないことも色々ありそうで、
またそんな機会もやっぱりご参加いただいた方同士だけの会話にもなることでしょう。

特に、個を特定しての批判につながりかねないようなことは、
さすがに言えないし、当方に届く個別のご相談や各情報も、
とても公表できないことだって、ご本人の希望ではどうしようもありませんから。


色々なご意見があろうかと思われますが、
このお仕事、本当にコミュニケーションって大事だと常々思い知らされる中で、
こういったテキストでの一方的なコミュニケーションもあれば、
テキストだけでも、双方向のコミュニケーションもあれば、
電話でのコミュニケーションもあり、
リアルでのコミュニケーションもあり、

それぞれに一長一短があるものです。

今回は、リアルでのコミュニケーションです。
また今までとは違った意味で、
他人様のご意見や取り組む姿勢、価値観の微妙な違い、
話し方、実績、手法、様々まったく同じ方は一人もいません。
なので、よけいに、知らないことや、新たな気付き、学びが
たくさん生まれることと思います。

あの手この手で、知識や経験を共有し、知恵や工夫を絞り出し、
同じ方向を向く仲間と切磋琢磨しながら、
次のステージへと歩んでいきたいと思います。


ご覧になっていただけているかわかりませんが、
本日、お会いする方々、
良いご縁や楽しい時間を過ごせるよう、
お付き合いのほど、本日、宜しくお願いいたします。


それでは、これから遠方より、会場へ向かいます。



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

外国人技能実習制度の解体新書企画を推す理由 [新しい試み]

たかだかこの数カ月でも、色んな動きが出ています。
介護の実習生受け入れの動き、特定技能、その対応業種の拡大化、留学生の就職条件緩和方針...

ダウンロード.jpg


国が今までと打って変わって、
矢継ぎ早に新たな方針を打ち出してきています。

これも巷で言われるように、選挙前だからとしたら、
なんだかなぁって感じです。

それはともかく、こういう色んな動きがあるので、
アンテナを張っておくことはとても大切ですが、
基本はこの外国人技能実習制度であるとの考えは、
あまり変わりはありません。


なぜならば...率直に言いますね。

他の受入もさんざん挑戦し、経験してきている私に言わせれば、
いくら動いても、所詮ビザがおりるかどうかわからないものにトライしても、
事業としては成立しないからです。


新たなビザの創設も、ストライクゾーンがはっきりするまでは、
紆余曲折があることでしょう。

見切って会社まで興して、派遣会社だの職業紹介会社だのと、
高いお金を積んで体を整えても、いったいいつから申請を受け付け、
ビザがちゃんと降りて、キャッシュフローに実際に代わっていくのかのスケジュールすら
見えない中で、どれだけの余力のある先であれば、大丈夫なのか皆目見当がつかないからです。
あ、行政書士も弁護士も社労士も、全員同じです。


その点、良くも悪くもがんじがらめの外国人技能実習制度では、
膨大な書面さえ整えれば、ほぼほぼ実習生の受入は可能です。

最悪は予定通りの期日に間に合わなくなるかどうかのリスク程度でしょう。


そういう意味では、当制度の仕組みを知っていて、
なおかつ、それらの書面を応用させる、
つまり、お役所的にポイントを押さえた、
ある程度のストライクゾーンが法的に定められた範囲での
事例となり、お役人が許可を出すうえでの逃げ道や根拠と
なりうるのではと考えるからです。

そもそも、特定技能ですら、
実習制度で言う技能検定が根幹条件ともなっていくようですし、
入管行政の基礎となりうる書類を把握できるからです。

それらを通して、労務管理を含め、どれだけ多面的にケアしなければならないのか、
成立している入管ビザ関連のビジネスモデルはどうあるべきなのか、

そういうことが、よくわかるようになります。

やりながら一年、二年かけて悠長に自身の手探りでノウハウを身に着けていく選択ならば、
とやかく申し上げるつもりもありませんが、
本質や現場の現実からたどり着く手法、またそのレールを知りたければ、
当解体新書企画にご参加、ご支援いただくことをおススメします。




また、ついでにお伝えしたいことがあります。


解体新書企画についてですが、
実は今月9月いっぱいで、また第二次募集を締め切らせていただこうと予定しています。

理由は、9月いっぱいで、当初より提示させていただいているサポート期間として、
半年を切るようになるからです。
せめて半年程度は、専用サイトのアップデートや、変わりゆく各種法などのアラートメールや、
チャットワークなどをご活用いただきたく、
また総合的にコミュニティとしての活動にご参加いただき、
ご支援いただいた分としての一定の期間と考えているからです。


それともう一つ。

ぜひ参加してみたいんだけど、
悩んでいる方、迷っている方も少なくないようでしたので、
無理に入ってくださいではなく、
あくまで背中を押すところまでは、お伝えすべきかと、
先日、本ブログにて書いてみたところ、

迷う方からコメントをいただき、その返答などもさせていただきました。

同じような方がいらっしゃれば、ぜひご確認ください。


https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/2018-08-27#comments


やり取りさせていただいて、私自身も初めて思い当たりましたが、
実は、スマホだけでPCを使わなくとも、
利用は十分可能なんですね。

私自身がPC利用ばかりでしたので、あまりそこまで気には留めていませんでしたが、
PCを離れた場合でも、ソファーに横になりながら、
お問い合わせやご相談のメール返信やチャットワークへの返信対応をしているときがあり、
それは確かにスマホをいじっているだけですから。

なんか、自分で言うのもおかしいんですが、
すごい時代だなぁと。苦笑

また、おそらく若い方かと思い、
今は既にそれが当然の時代なんだなぁと。


でも、制度事業の実務を始めれば、
PCに触らずに済むことはなくなってしまうと思いますが。汗



ついでのついでに、9月18日は一部の会員の方と、
初めてのお試し的なお茶会を開きます。


基本的にはコミュニティの主戦場はネットの世界ですが、
6月の視察ツアーや今回のお茶会など、オフ会(って今でもいうのかしらん)や、
いわゆるリアルでコミュニケーションを図れる機会が創れるものならばとは、
考えていましたので、
色々やってみたいことを、希望者を募って、
一つ一つ実践していっています。


もし時間と予算が許されるならば、
できれば、日本全国、送り出し各国、回ってみたいと思っているくらいです。
それだけリアルでの臨場感、肌感覚、コミュニケーションは、
とても大事だと思っています。

そりゃそうですよね。
実習生ともLINEでヴァーチャルで顔合わせるだけで、
十分なコミュニケーションが図れるとは思いませんから。


要は、それだけ会員同士であっても、密度の濃いコミュニティに
していけたならと思っています。
強制はしませんけどね。



最近、メールでお伝えすべきか、このブログでお伝えすべきか、
私の中でも、垣根があいまいになってきています。汗
ですが、ブログはわざわざ見る人だけ、
メールはブログをたまたま見落とした方へもお伝えすることができるといった、
お伝えする方法が違うものとして、またメールでもお伝えしますね。
その時は、また違う情報も入れて。笑


えっと話があちこち飛びましたが、
ベースとして抑えるべきは、実習制度だと思っています。

だから、ご参加をお考えの方は、早めがお勧めです。

できれば、営業的な意味ではなく、言葉通り受け止めていただければ、
大変ありがたい限りです。



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事

解体新書の各コースの違いと新しい試みについて [新しい試み]

アナタは外国人労働者招聘関連ビジネスで、
この先もご飯を食べていく気がありますか?

4-image2.jpg


みんな悩んでいます。
どうあるべきなのか。
そして、どう立ち回っていくべきなのか。

受入企業側も、監理団体側も、送り出し機関側も、
そして、行政書士、社労士、はたまた日本語教師他、
関係する方全て、それぞれに悩んでいます。

ナゼか。

4者の思惑がそれぞれに一つの方向へ向かっていないから。

そして、そのためにどうあるべきなのかを伝えているのが、
解体新書企画です。


そして、その中でも、必要に応じて、
3つのコースに分けています。

Aコース:専用サイト

入口から出口にかけて、外国人技能実習機構や、JITCO、
また他の関係法令などが伝えていない、
ネットでは出回っていない情報が、網羅的に記載されています。
それも、一個人ではなく、様々な関係者の諸先輩方のご意見が、
多種多様に載っています。

ただし、コレは忘備録的なもの。
膨大にカバーすべき範囲の一つ一つの詳細について、
とても覚えきれないので、
見直しチェックするものであり、
アップデートし続ける実用書です。

制度全体を把握したい場合は、ぜひご活用ください。
特に自身の立ち位置では見えない、他の立場の考え方や現実がよくわかります。


Bコース:チャットワーク

趣旨にご賛同いただく有志の方々が集っているグループトーク。
現在58名の受入企業、監理団体、各国の送り出し機関、士業、
他、関係する方々がご参加いただいています。

こちらは、リアルタイムで、今起きていること。
起きた諸問題について、生のご意見が、複数の方々から
自発的にコメントをいただけます。

生の情報が溢れています。

Cコースは、AコースとBコースの両方です。


AコースとBコースとの違いは一目瞭然ですが、

違う視点で見れば、

Aコースは、知識を増やす(確認する)ためだけのもの。

Bコースは、同じ思いをし、ブラッシュアップに励む仲間がいて、
それぞれに頑張っている姿勢が伝わってくることで、
また自身を振り返り、頑張っていこうと支えてくれるものです。
フィリピンで二国間のリストが出たとか、そのリストの取り消し先が出たとか、
ベトナムで6社以外に介護の扱い可能な先が増えたとか、
色んなアップデートアラートも早いですね。


個人的には、両方あって、制度実務のほぼすべての現実がわかり、
初めて一人でも歩いていけるようになれると思います。
(組合設立などはこの場ではあまり触れていません)


また、次の視察先の検討、
お茶会の開催、介護専用のグループトークなど、
また違う新しい試みも試験的に開催しています。

*有料会員限定、しかもお試しにて追加負担はなし。
 お茶会は当然少しだけありますけど、2千円で収める予定。



そして、あえて申し上げれば、この無料ブログについては、

私が思いついたり、
日々アンテナを張るため、学びのために続けていることを
お伝えしているだけ。

それは時系列的に整理されているワケではなく、
ただ思いついたことや、伝えたいことを書いているということ。

もちろん、ご覧いただいている方に少しでもお役に立つようにと、
そういう視点は入れているつもりですが、
どこまでも私一個人のつぶやきでしかありません。


解体新書は、複数の方々のおかげで作られています。

つまり、最大の魅力は、参加者の方々それ自体と、その関係性です。
私の独りよがりではない。


なんでもそうですが、趣味ではなく仕事な分、
客観的な視点、意見は必要です。


まして、実習生の子たちの人生を左右する影響すらあります。
もしかしたら、受入企業自体の運命をも変えかねません。

決して間違ってはいけないし、
おざなりのルーティンワークで扱っていいはずがない。


移り変わりゆく時代とともに、常に最適解を探し求め続けねばなりません。


これからもこの業界が健全に育っていくためには、
win4allを通して、笑顔と感謝を溢れさせ、
後悔と恨み、悲しみ、犯罪行為、嘘、偽り、
そこから生まれる徒労、不利益などを減少させることが必要です。

実習制度事業が引いては、日本国内において、
他国で起きている移民・難民問題が同様に起こることを阻止し、解決できる
唯一の場だといっても過言ではないと信じて
広がりをもって取り組んでいます。

そのためにも、
健全に食っていける方を増やしていかねばなりません。


つまり、大変僭越ですが、独断と偏見、そして誤解を恐れずに言えば、

日本の明るい将来のためには、
解体新書企画は、売れなければならないということです。
売れるというよりは、ご参加いただくんですけどね。

売れないということは、私の力不足でしかありませんが、
業界と時代を考えると、たくさんの方々にご参加いただけて、
初めて業界全体が健全化できるものと思わっています。


うまく伝えられませんが、
決して私個人や仲間の利益をどうのとは申していません。


むしろ、本気で千人規模にでもなるならば、
ご参加の方々のために、もっともっとできることが広がります。

ご関心をお寄せの方、
ご参加をお考えの方は、
ぜひご参加ください。


そして、もしご参加いただけなくとも、
当方が申しあげていることにご賛同いただけますようでしたら、
ぜひ広く世に知らしめてください。

お知り合いの方にご紹介ください。


少しでも、業界が良くなるための、ささやかなご協力を
宜しくお願いいたします。



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

技能実習制度の解体新書企画に参加したいけど、一歩が踏み出せない方へ [新しい試み]

あくまで参加したい、興味、関心があるけど、一歩が踏み出せない方へ
背中を押して欲しい方へ

20151011094949.jpg


ホントはメールでお送りしようと思いましたが、
ネット上で露出していますので、
こちらでお話してみます。


私が逆の参加する側の立場だったらと思い、躊躇している理由を
いくつか、考えてみました。


・自分のレベルが低すぎて、参加してもついていけなかったら、どうしよう。
 
私が、5名がフォローします。
いつでもメールください。
チャットワークの個別コンタクトでもかまいません。

もしホントにまだまだ業界歴が浅く、不慣れであったならば、
何がどれだけ足りていないかが見えて、
問題点や不足点がはっきりわかるので、補強できて良いんじゃないですか?



・参加しても自分の役に立たなかったら、どうしよう。

それはアナタのレベルがウンと高いか、そもそも価値観が私たちとは違います。
前者であれば、明るい将来の為に仲間や後輩を導いてあげてください。
何でしたら私たちと共に応える側に回ってください。
後者の方は、そもそもご参加前に企画趣旨をきちんとご理解願います。



・お金がない…

誤解や語弊を恐れずに言えば、なくはありません。
単純に違うことに支払いを優先しているだけです。
優先順位を、固定観念を変えてみることをトライしてみてください。
時代の変化は、その優先順位すら変える必要に迫られています。
AIやロボットに取って変えられる仕事していて、
この先の自分の人生を豊かに全うできるでしょうか。
(ご案内でお伝えしているとおりです。)




・そこまで考えてやってられない、
 この安月給じゃ、そこまでヤル気もない、

ならば、もっともっと儲かる仕事へ早めに転職すべきです。
儲かるならもっと真剣に考えられると思っているならば。
個々の適性は致し方ありませんが、
大半はそういった考えの方が何度転職しても、
自身が変わらなければ、周りのせいにしてばかりで、
いつまでたってもウダツは上がりません。
たぶん、直視していないだけで、みんなホントはわかっていることです。



・読むのも考えるのもめんどくさい、
 時間がない、

ならば、そのままいつまでも現状の出来高で過ごしていてください。
自分と家族の人生を運に任せて生きるのであれば、そうしてください。
強制はしません、意味ないですから。



・なんでオマエにお金を支払わなきゃならないんだ。

そもそも、私が気に食わない、相性がどうも合わない方は、
お互いにストレスでしかないでしょうから、
ご参加をご遠慮いただきますよう、謹んでお願い申し上げます。

私とはまた違う個性的な4名の方の中には、
相性の合う方がいらっしゃるかもしれませんが、
何より、私がムカつくのであれば、素直にうまくいかないと思われます。
本ブログにたどり着いてしまうだけでイライラしてしまうでしょうから、
静かに右上の×ボタンをクリックして閉じてください。


・返金保証して欲しい。

ご案内の中では、法的理由のない限り、
返金の対応はしておりませんと明記していますが、
実は、ちょっと考えていることがあります。

例えば、ご参加後、専用サイトをご覧いただいた後に、
不足点やご自身がお困りの件についてご相談いただき、
チャットワーク参加して、ご質問やご意見などいただき、
配信される各種メールなどもちゃんと受信しチェックいただいているにもかかわらず、
ご参加後、三カ月を経過してまで、
未だ実質的にご参加いただいたことに意味がないとのご判断であれば、
返金させていただこうかと考えています。

それだけのことはしてきていますし、
今後も変わりはありません。
今までご参加いただいた方からも、
おおむねご評価ご満足いただけているのは、
以前のアンケートの返信で確認しています。

懐疑的ながら飛び込んでいただけた方も、
飛び込んでみてよかったとおっしゃっていただけていて、
間違ってなかったのかなと、自信もつきました。


ホントは当方や他4名に信用や一定の信頼がなければ、
また依存心が強ければ、ご参加はご遠慮願うスタンスに変わりはありませんが、

誰もが初めから独立独歩できているわけじゃないし、
人間それほど強くはないことを、私自身、嫌というほど経験しています。
自らの力だけで自発的に、学び気づいてくれる、そんなスーパーマンばかりじゃない。

それでも、逃げずに飛び込んでみようと躊躇されている方がいたならば、
そっと背中を押すことまでは、すべきではないかと。

むしろまだまだ未熟だったり不慣れな方、自信がない方にこそ、
ご参加いただき、早く成長して頂きたいから。
実績を築き、自信をつけていただきたいから。

だから、どうしたら安心して一歩踏み出してみていただけるのかを考えていたら、
一つ、返金保証という手段に行きつきました。

※もし三か月後に、返金申請される方がいらした場合、
 システム上、登録メールでは無料配信も届かなくなりますので、
 どうしても無料配信を受信したい方は、
 新しいアドレスで改めてご登録いただく必要はあります。




聞くと、フツー、人は無意識に、今はまだ買わない理由を自分の中で作るようです。

何事も変わることに無意識にストレスを感じて、
現状維持したがるからのようです。

(脳科学的なことなので、私には仕組みの理屈はよくわかりませんが、
 なんとなくはわかります)


今はまだ参加すべきじゃない、後で参加しよう、
ギリギリで参加しよう、販売終了直前まで待とう。
そうやって、潜在的には、すぐに行動しない理由を作って、
結果、期限を過ぎ、少しの間、後悔するようです。

そして、その後、参加しなかった自分を正当化するため、
参加しなくて正解だったという理由を作り、
当企画や私に対して批判的になる…んですって、奥さん。苦笑

人はけっこうな割合で、そんな思考プロセスを進むようです。


批判も自由なので、私にとやかく言う筋合いもありません。

そもそも、参加したい意志がある方へは、上述のように、
背中を押してあげたいと思いますが、

約一年前の私のように、別の理由で会社を去らねばならなかったり、
人それぞれに諸事情がありますから、
どうにもタイミングが合わなかったり、
参加できない方もいらっしゃるのは承知しています。
なので、そういう方まで全否定しているつもりはありません。

むしろそんな方には、今回は残念でしたが、
その分、先にお仲間になっていただけた方々と、
地ならしして、次回の為により整備しておくので、
次にタイミングが合えば、ぜひご参加いただければと思っています。

時間が経つにつれ、さらにコンテンツは多様に積みあがっていると思われ、
後にご参加される時が、ちょっと大変かもしれませんけど。汗




でも、本気でこの業界でやってく気がある方は、
ご参加を強くお勧めします。

本気であればあるほどに。

むしろ、手伝っていただきたいくらい。
一人じゃ五人じゃまだまだ十分じゃない(52%)と思われるので。


ある方が、お金は投票権でもあると言われていました。

AKBの総選挙なんていい例かもしれませんね。

まったく可愛くないオヤジたちでしかありませんが、
私たちの活動を応援して欲しいがために、
もっとより良いコミュニティにしていきたいがために、
ご参加を、ご支援くださいと表現しています。

引き続きの視察ツアーや、リアルでのお茶会の件など、
他にも色々とネタを考えていることはたくさんありますが、
せめて経費くらいの先立つものがないと、
ボランティア的な動きの分、率直に限界がありまして。汗


この企画をもっともっと盛り上げて、
なるべくたくさんの方に適切な信頼性のある正しい情報をお伝えし、
仲間を増やして、個々のレベルを上げ、
日本が変われるかどうか。

一人一人がオピニオンリーダーとなり、
みんなで広めれば、失踪も減る、
悪質ブローカーが減る、
市場が健全化されて、市場自体が社会から信頼を得られる。
市場が広がる。

より適正に食える人が、適切に評価される人財が増える。

移民難民問題さえも、当事者意識をもって、
事に当たることができ、成長した自身の力で身の回りの解決に当たることができる。

国や政治や社会のせいにばかりして、
文句や批判しかできず、泣き寝入るばかりの大人にならず、
子供たちに、堂々と明るい未来をバトンリレーできる日本であり続ける。


そんな青臭くも、理想を掲げつつ、
現実を直視し、踏まえて乗り越えていける唯一の手法であると、
今の時代だからこそ可能な、
趣旨に賛同いただける仲間が集い切磋琢磨するコミュニティという、
理想実現のあるべき道だと強く信じています。



良かったら、ぜひ飛び込んでみてください。

https://www.gaikokujin.link/member/cf/87n501


アホみたいに、まんま書いてみました。
独りよがりで痛い人に見られるのも、しょうがないかなぁと承知しつつ。
ただ、今まで綴ってきたことをご覧いただいてきた方々には、
少しでも伝わればなぁと。



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------


nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:仕事

大切なおカネの使い方について [新しい試み]

おカネってすごく大事です。
みんな汗水たらして稼いだおカネは、大切なことに使います。

okane-fusigi.jpg


その多くは、生活費です。

家賃や電気ガス水道、電話、ネット、などなどは、
必ずかかりますし、限りある所得の中で、
どういう配分をして、おカネを使うかについては、
だいたい行き先が決まっていますよね。


そんな中でも、わずかばかりの自由に使えるお金を、
月のお小遣いを、タバコやお酒のお付き合いなどの接待交際費に、
はたまたパチンコ?などのギャンブルに、
もしくは、ちょっとした旅行などに使っていることが一般的なのでしょう。


そして、日本人であれば、周りで不幸があったとか、
事故やケガ、病気などのために、
ある程度の貯蓄をしている人が多いと思われます。



現在、色々騒がれてはいますが、
給与は上昇傾向にあります。

ですが、根本的に子供がいれば年々増え続けるコストに対して、
所得の伸びは、十分ではありません。


よって、私たちは選択の岐路に立たされます。


かつてのように、大学まで行かせたいと、
夫婦で必死に副業やアルバイトもして、
子供の学費を稼いだり、借金までたくさんするのか、

時代は違うとばかりに、高校卒業したら、
社会に出して自分の分は自分で稼げとするのか。
(一般論として高校までは卒業させてあげたいですね)



個人的に思うのは、
今までと違って、自分の向き不向きは考えずに、
社会に、組織に無理にでも合わせて、そういうものだと我慢して働くよりも、
今では、素直に自身の強みを見つけて、ソレが活きることで、
おカネを稼げるようになるのが、ベターなんじゃないかと。

ベーシックインカムなんてルールになったら、
それこそ、働かなくても生きていけますから。
(やりがいや生きがいなどは別にして)


話がそれましたが、
要は食っていくためには、どこかで何かしら働いて、
食い扶持を稼がねばならないということ。


そして、縁あってこの業界で食っていくためには、
アレもコレも知っていて、先々を見通して、
事前に適切な選択をすることが必要です。


どんな業界でも、一人前になるためには、
それ相応の時間がかかります。

そして、一人前になれねば、食い扶持を十分に確保することなど
なかなか難しいのが現実です。


であれば、いかに早く一人前になれるか。
どれだけ早く色々習得すればよいのか。

一カ月、昇給が遅れれば、一か月分、苦しい想いを続けねばなりません。
一年遅ければ、一年も。


であれば、ワープするしかないでしょう。


じゃぁ、どうすればワープできるのか。


それは、自分で環境を整備して、
適正な信頼のおける情報の渦に飛び込んでいき、
何が大切で、何が不要なのか、
何に気をつけねばならないのかなど、
判断できるような人財に、一日でも早くならねばならないということです。


そして、社会に必要とされる人財に成れたならば、
例え所属する組織がおかしくなったとしても、
別の組織で活躍できるため、食い扶持に困ることはなくなります。


私はそう思って生きてきました。
常に成長し続けなければ、時代に取り残されると。

生活に必要とする以外のおカネは、そのために使ってきたつもりです。

個人的には、モノにはほぼ興味なくて、
人と会うための交通費や飲食代ばかり使ってきました。

また、途中からは、自身が興味のあった高額なセミナーや講習など
出ていました。
(意味がないとは言いませんが、実際にはセミナーとかあまり好きじゃないんです。
 だけど、出てました。私にとってタメはなってます。)

この一年でも、100万以上は使ってます。

回り道もしたし、進んでみた道を引き返したりもしたし、
ふたを開けてみたら、あまり意味のないことにもたくさんおカネを使ってきました。

その分、美味しいものも新しいクルマもTVも、
ちょっとした贅沢も、あまり縁はなく生きてきてしまっています。



人と同じことができないというか、
みんなが笑い、当然と思うことを思わなかったり、
たぶん誰もが感じる孤独を、今でも味わい続けています。



でも、もだえ苦しんできたおかげで、
たくさんおカネを使って、答え合わせしてきたおかげで、
今の自分があります。



おカネって便利です。
人が苦しんでやっと勝ち得た気づきや発見などを、
おカネで買うこともできるのですから。



それは、あくまでも他人の経験でしかありませんので、
自身に合うか合わないかもありますけど、
間違いなく、選択するために必要な判断材料が増えます。



例え何年か経って忘れてしまったとしても、
自分の心の奥底には、必ず何かしら残っています。

おカネは都度、消えていってしまいますけどね。


実習生たちの日本語習得と同じ。

頑張って日本語を多少なりとも話せるようになったおかげで、
相手の日本人との距離が縮まり、良好な関係を築けますが、
日本語が話せること自体の価値は不透明です。
(ここではN1、N2などの資格のことを意味してはいません)


日本で働いた経験や構築した人間関係は、
目に見えていくらと値が付くものではありませんが、
その価値は人生にとってプライスレスです。



これからは、こういうところに、大切なおカネを使っていける人が、
生き残っていけるのではと思っています。


自身を成長させることを怠り、
現状に安寧としていると、
自分が気付かないうちに、いつの間にやら時代に取り残されます。


昔と違って、特に年をとればとるほどに、
嫌なら辞めて違う仕事につけばいいじゃん、と軽々に考えていたならば、
外国人やAIに、あっという間に取って代わられてしまいます。
怖いのは、その後です。


大切なおカネですが、おカネよりももっと大切なことにも、
ちゃんと目を向けて、直視して、
大切なおカネを使っていくべきだと思います。

自分と家族や周りの仲間たちのためにも。

生涯獲得賃金?を長期的に増やすためにも。



言葉にすると、ありきたりになってしまいますが、
常に、自分への投資をし続けましょう。

私や私たちがご案内するコミュニティへのご参加じゃなくてもいいので、
人と会い、人と話することは、とても楽しく勉強になります。

その人が、苦難の末にたどり着いた結論などは、
本当に貴重なお話です。



今までとは違う時代を生き抜くためにも、
今までとは違うおカネの使い方をしてみてはいかがですか?




--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

当方のコミュニティが上手く回っている理由 [新しい試み]

我ながら、なぜ現状がうまく回っているのかを考えてみました。
上手くというよりは、まだフラフラしてるけど、何とかってところでしょうか。汗

838-15.jpg


手前味噌だけど、許してください。汗

たぶん、根底にあるのは、
今までコレでもかってほど、
ご覧の方々にとって、
少しでもお役に立てればとお伝えし続けてきたことに尽きると思います。

また、本当にお役に立てるケースが多かったからこそ、
ご参加いただけた方が複数いらっしゃったことと思います。


コレを「返報性の原理」というようです。


つまり、人は誰かから何かしてもらい感謝の気持ちが芽生えたならば、
その誰かに何らかのお返しをしたくなる性質があるということ。

別に意識してしていたのではなく、
逆にご意見いただける方々へ、
私の中でこの原理が働いていたからに他なりません。

こんな私にわざわざコンタクトいただける方には、
何かお返しせねばといつも考えて返信していましたから。


ちなみに私、お恥ずかしながら知らなかったんですが、
ウィキペディアを見てみると、
プロモーションでは常套手段の一つでもあり、
詐欺師やヤクザ、催眠商法にも利用されるんですって!

私、詐欺師なのかしらん。笑


ここでも、悪質なのかどうかで180度変わるんですね...
って、また話がそれますので、戻します。




実は、先日アンケートをお願いしました。
有料会員の方、無料会員の方、全員に。

別に、アンケートに協力してくれたら、
100円あげるとか、何かプレゼントするとか一切無しで。


そしたら、思いのほか、協力いただけた方が多かった。

3%でも戻ってくればありがたいと思っていたところ、

2割弱の方にお返事をいただけました。


こういうところも本当に感謝しています。

と同時に、
求めていただけている、伝わっている、
ご理解頂けている、見られている、
これからもちゃんと襟元正しく取り組んでいかねば、
もっともっとお返しをしていかねば、
まだまだ、もっともっと、できること、すべきことがあるはずだと、
気持ちを奮い立たせて、お返しすることを意識しています。


この時のポイントは、お返しはするけど、
そのまた返信は期待しないというところですね。


期待していないからこそ、返信があった時には、
とっても嬉しいので。苦笑



というようなことですが、実はコレが私だけでなく、
ご参加の方々に大なり小なり感じていただけていることが、
何よりありがたく、それぞれが積極的にご参加いただいているからこそ、
コミュニティが盛り上がっているし、
相乗効果を促し続けてくれているのではないかと思っています。



だから、昨日クドクドお伝えしてしまったように、
変な方には入っていただきたくないんですね。



みんなでコミュニティに喜んでエネルギーを提供し、
また、みんなでコミュニティからエネルギーをもらう。
こんな良い循環が続けられるように、精一杯、整えています。


いつかどこかに書いたかもしれませんが、
切磋琢磨は、より良い石?(意志?)同士で、
磨きあえば磨きあうほど、奥も懐も深くなっていき、
次のステージへと自然と成長が促されます。

そんな仲間が増えれば増えるほど、多様性も増し、
選択肢は広がり続けます。

だからといって、縛られるものはなく、どこまでも自分次第です。

考え実践できる人が、結果を手にできます。

特に、考え続けるのが苦手な方には、良い訓練だし、
ココから逃げると、この先の時代は生きにくいと思われます。


言うまでもなく、いつの時代も大変な世の中です。

一人や一組織でできることは、どうにも限られています。

また、方向性や価値観の優先順位が違う者同士では、
ストレス以外の何も生みだしません。

自分のためだけにしか、モチベーションがわかない方にとっては、
合わないんです。

他の価値観を否定し排除する意味とは違います。

あくまで、区別している場でしかありません。


誰かのために励むことで、笑顔で感謝されることに、
心からやりがいを感じている方。

方向性を同じくできるものが互いに、
寄り添い、支えあってこそ、たどり着けるステージがあります。

そこを目指したいだけなんです。

そこにたどり着くには、志を同じくする仲間が必要なんです。


似たような悩みや思いを抱えている方、
仲間になっていただける方、

ぜひ無料メルマガにご登録いただき、
近日のご案内を今少しお待ちください。



以下もご参照くださいね。


コミュニティの再募集について
https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/2018-08-03





--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

コミュニティの再募集について [新しい試み]

色々あって遅れていますが、近々コミュニティの再募集を行います。
今回は、ネクステと解体新書と同時募集となる予定です。

tomorrow-for-danpei.jpg


現在、鋭意準備中ですが、特に解体新書のフォローに当たっていただける方々と
お打ち合わせができ次第、真夏の募集を開始させていただく予定です。

具体的には、後日のご案内をご確認いただければと思いますが、
お伝えしているように、無料メルマガ内でのみのご案内となりますので、
ご関心をお寄せいただける方は、今のうちに無料メルマガにご登録ください。



なお、大変僭越ながら、以下、上から目線的な表現を何卒ご容赦願います。


先にお断りしておきます。
無理に大事なお金を当方までお支払いいただき、
ご参加いただかなくてかまいません。

また、当方からのご案内にご参加いただかなくても、
変わりなく、無料でのメール配信などは継続させていただきますので、
ご安心ください。


あくまでも、有志の方のみでお願いいたします。


当方が募集するコミュニティにご参加いただいたとしても、
自動的に儲かるようになったり、
失敗しないことを保証されるということではありません。

そんなサービス、この世のどこにもある筈ないんですから。笑

また、万が一、勘違いされている方がご参加いただいたとしたら、
丁重にお引き取りいただきますので、その旨もご了承願います。

特にクレクレ星人の方、
大切なおカネを支払ったんだから、アレもコレもしてもらえると
お考えの方は、どうかご遠慮願います。


後、ラーメン屋さんに入って、ラーメンを注文して、
一口食べてみたら、美味しくなかったから、
大将、悪いけど、返金してくれ、こんなハズじゃなかった...

というような方も、ご遠慮ください。

お子様やモンスターに構っていられるほど、
ヒマではありませんし、
そういう方々にご満足いただけるサービスではありません。


趣旨に合わないと、お互いストレスでしかありませんので。

むしろ、面倒な相手を入れないために、
アチコチでしつこいくらいに、ご遠慮願っています。苦笑





また、最近ちょっと感じることが...
外国人技能実習機構の方やJITCOの方に一個人としてご参加いただいても、
一向にかまいません。

むしろ匿名を許容しているため、発言していただきたいくらい...
でもお立場的に見てるだけ~なのでしょうね。苦笑





せっかくなので、お金について少しだけ...


お金は有限です。
手元にあれば、相対的に様々なモノやサービスなどと
交換できます。


知識や経験、ノウハウなど、目に見えないものに付加価値を見いだせる方は、
今回のようなコミュニティ募集では、
そんなおカネ(有限のモノ)で、無限のモノと交換できるチャンスでもあります。
(いつでもできるワケではありませんので)


知っている、知らない、だけで、前に進めない。
考え方や気づきがなければ、別の選択肢すら思いもつかない。
ずっと悩み立ち止まり続ける時間と精神的疲労を、
何かしらで解決できていく...
同じ悩みに直面している同士がいるのことも、とても勇気づけられます。

これらは、当然おカネじゃ買えないプライスレスな付加価値に変わっています。


つまり、心身共にストレスや、余計なことにとらわれる時間など、
まず無くすモノを無くさずに済むようになります。
それらが長じると、無限なモノは、新たな有限なモノ(おカネ)を、
また自身で生み出すことが可能となるのです。



もっと言えば、そういう会員同士で切磋琢磨して、
もっと貪欲に上見て前見て歩みたい方であれば、
最大限にコミュニティそのものを活用することが可能です。

勘違いしないでくださいね、決して私に価値があるのではなくて、
会員の方々がご意見を出し合って作っている
コミュニティそのものに付加価値があります。

例えば、コミュニティの仲間が、頑張っている姿勢が伝わってくれば、
それは自然と今日の自分のやる気にすらつながりますから。



こういう意識や考え方が持てる方だけでかまいません。
また、決断できる方だけでかまいません。

もちろん、殻を破りたい、環境を変えたい、
立ち止まっていたくない、もっと成長したい方も大歓迎です。



ただし、当方に最低限の信用も信頼もない方は、
ご遠慮くださった方が無難です。

嫌な思いをしなくて済みますからね。

だから、おそらくは、今までこのブログや無料メルマガ配信などで、
私がお伝えしてきたこと、訴えてきたこと、
警鐘と啓蒙をし続けてきたことを、
ご理解頂けていない方、共感、賛同いただけていない方は、
無理なご参加はお控えください。



...というように、


ある意味、傲慢そのものにも思われてしまうかもしれません。
でも、コレだけフィルタリングかけて、有志を集めてきていますから、
コミュニティ内は、お気持ちのある常識的な方が多くいらっしゃいます。

今、正にご参加いただいていらっしゃる方々がそうだからです。


少なからず、私自身の考え方や姿勢に、
また私が取り組みたいことにご理解をいただき、
共に歩みたいと共感いただける方、ご支援いただける方、
お互いに腹の探り合いから入ったりすることなく、
向かうべき方向性が少なからず重なる仲間がいます。


自身の利益や保身「だけ」を考えている方はいません。

いや、見てるだけ~な方はわかりませんが。
(見てるだけでもかなり勉強になり面白いと思いますけど。苦笑)



今回、ご支援いただくおカネを使って、
さらに今までできていなかったことにも、
挑戦してコミュニティに還元して行く予定です。
(ある程度十分な額面にならないと難しいことも多いのですが。汗)

といいつつ、万が一たくさん入っていただけた場合、
十分なお相手ができなくなってしまうなどのリスクを考え、
途中でセーブ(募集終了)させていただくこともあるやもしれません。


色々試行錯誤しながらも、
もっともっと良いコミュニティへとステップアップしていきたいので、
ご関心いただける方は、もうしばらくお待ちください。
ご理解いただける方には、本気でお勧めします。


無料メルマガに未登録の方は、
今のうちにご登録しておいてくださいね。

カミング、スーン。苦笑



--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

私が提供させていただいているコミュニティについて [新しい試み]

土曜日ですし、少し自分の頭を整理するうえでも、
お話してみます。

sozai_11166-257x300.png


ホントはコミュニティ内にてお話すべきことかもしれませんが、
たまにはコチラでも...ね。

まずもって、ご参加いただいている方々におかれましては、
色々お気遣いくださり、また様々ご協力いただき、心から感謝申し上げます。


私がご案内していたコミュニティは2種類あります。

一つは、NEXT STAGE。
もう一つは、『外国人技能実習制度の解体新書』企画。

*詳しくは以下リンク先の中に説明しましたので、
 ご確認ください。
https://gaikokujin.link/blog/



実は、私、少々反省しております。

ある方から初めて返金依頼をいただきました。


見ずらい、求めている内容ではない、
NEXT STAGEという別のサイトもあり、
私には、合わない...とのことでした。


注:以下、個別に攻撃?したいワケでも決してなく、
  たまたまこの方からのご指摘を受けて、
  同じ思いの方も多かろうと、
  色々省みてみるという意味です。
  誤解なきようお願いいたします。


①見ずらい

 ...そうです、見ずらいですよね。
 少しずつ少しずつ整理していきます。
 今少しお時間ください。改善していきます。
 でも、素人ですので、限界もあります。ご容赦ください。涙

 特に女性の場合、見た目の印象で嫌になる方も少なくないかもしれません。
 この方からは、事例がもっとあれば...箇条書きがあれば…とご意見いただきました。
 力不足で申し訳ありません。
 おっしゃる意味はわかりますし、実際にそう記載しているところもたくさんありますが、
 内容が内容だけになかなか難しい部分もあります。
 事例入れだすと、ケースバイケースはとても書ききれない相当なボリュームになりますし、
 具体事例よりは、抽象レベルでのご理解のほうが、応用がきくからです。
 大変僭越ですが、このお仕事、役所や法が絡む分、
 ああいう面倒な書面を読み解く能力も鍛えなければならないかもしれません。
 また、勝手な感覚でしかありませんが、コストと相対的に見ると、
 有志の半分ボランティアの世界では、なかなか非現実的なレベルかもしれません。涙

 *検索機能があれば…またコストをかけてデザインや構成を
  頼めれば良いのかもしれませんが、残念ながらそんな余裕ないっす。涙
  ウン十万のお金をかけて買ったシステム使ってやってますが、
  カスタマイズなんて能力、私にはなくて、現行システムが精いっぱいです。
  内容も、状況に応じて、少しずつ変えていきます。
  業者に頼むとかなりかかると思われ、
  アップデートや上方修正も都度かかってきそうです。
  どなたか、ご協力いただけるデザインなどできる奇特な方、
  いらっしゃればと思いますが。汗
  そんなこんなで現状では、少しずつ見やすいよう整理していく予定でおります。
 
  むしろコストをかけて、ご負担を願うほうが良かったでしょうか。
  後ほど、会員の方にはアンケートなど相談させてください。
  ご協力のほど、宜しくお願いいたします。


②求めている内容ではない

 ...どういった内容をお求めだったのか。
 ご参加いただく前に個別にご相談、お問い合わせいただければ、
 大切なおカネを支払ってまでご参加いただく意味がありそうなのかどうか、
 ご判断できたのかもしれません。
 また、ご意向お伝え願えれば、お応えしていけることかもしれません。
 
 こちらも会員の方には、アンケートなどでお聞かせいただけると幸いです。

 
③NEXT STAGEとの違い。

 こちらは大変申し訳ありません。
 なかなかうまく説明できていなかったかもしれません。汗
 そもそも、NEXT STAGEっていうまだまだ広く浅いものの、
 理想の世界を提示しておりました。
 その中でも、お集まりいただいた方の中には、
 やはり技能実習制度事業に関わる方が多かったので、
 それでは、この分野に特化した、『解体新書』を作りますとスタートしています。

 その際、単体売り?もして賛同いただける方を増やしてたくさん情報を行き来させようと、
 NEXT STAGEを募集終了して、ご案内していました。

 なので、NEXT STAGEと解体新書はその性質が異なっています。

 それと、システム的にメルマガ会員用のドメインアドレスとは、
 別のドメインサイトに改めて会員登録願うので、
 わかりにくかったのかなとも思います。


④私には合わない

 ...もうこれはどうしようもありません。涙
 無理に合わせようと思っても、ストレスをかけてしまうだけなので、
 不幸しか生まれません。
 私の力不足にて改めて精進に励みます。


よって、今回は、この方には返金対応させていただきました。

この方には、ずっとストレスしか残らないでしょうから。

また、コチラの方は、チャットワークにご参加いただく前に
返金依頼が届いたので、判断が難しいのですが、
せっかくコストをお支払いいただいてまで切磋琢磨していこうという
有志の方々にお集まりいただいていて、
ストレスを抱えたままの方に無理にご参加いただくのも
場の雰囲気を変えてしまうかもしれないとすれば、
ご参加いただいてもお互いに不幸になってしまうと思いましたので。


ただし、本来こういった情報のやり取りというのは、
ラーメン屋さんに入って、ちょっとスープ飲んだら美味しくなかったから...
っていうのと同じこととも言えますので、
返金は対応しておりません。

*ご案内の但し書きにてその旨記載があります。
*本屋さんで本を立ち読みできるのとも少し違います。
 本はアップデートや問い合わせ対応などしてくれませんから。


実は、返金対応するだけで、都度決済サービスに二千円弱持ち出しになってしまうので、
私も残念なのですが、返金依頼された方も辛いと思い、
コミュニティの健全化が大事だと考え、対応させていただきました。

今後も対応できる範囲でとは思いますが、
お約束はできかねますので、ご了承ください。


ここからは、今回の件とはまったく別ですが、
せっかくなので、ここでも書いてみます。

本ブログはおかげさまで長くフォローいただいていらっしゃる方も多く、
私の考え方や、思考のクセ、訴えていること、姿勢は、本ブログに加え、
ご登録いただいているメール配信でもいろんな角度からお伝えしていますが、
なんとなくご理解いただけていらっしゃる方も少なくないかと思われます。

特に、私のコミュニティサービスのご案内では、
すべからく他力本願、他責志向の方は、ご参加いただいても、
個別に抱える諸問題が自動的に解決するはずもなく、
ご遠慮いただかないとお手間をかけるばかりか、
せっかくお支払いいただいた大切なおカネも無駄になってしまいます。

特に、ご参加いただいただけで、どんな方にも対応でき、
悩みも解決でき、ぼろ儲けできますよ~とは伝わってはいないと思いますので。


私は、前見て上見て進むためには、どうすべきかについて、
お互い切磋琢磨していきませんか?ということを訴え続けています。

メール配信でも、変わりありません。


お金について、もう一度、当方の考え方をお伝えしておきます。

お金の使い方の優先順位も人それぞれですので、
無理なご参加をお願いしてはおりません。

ただし、困っている方の助けになっているとの声も
確かに増えているため、素直にお勧めさせていただいてもいます。


実際に、大事なお金を支払うからこそ、そこに付加価値を見出そう、
有効活用して元はせめて取ろうって姿勢になります。

要は真剣になるってことですね。

無料も良いのですが、
どうしても人の心理として、
タダだから、
いつでも見に来ればいいから、
といって、真剣にはならないし、なれないんですね。


それと、こちら側にも同じことが言えます。

大事なお金をご負担いただくからこそ、
もっとお役に立てる情報を、なるべく正確に、
なるべく多面的に、なるべく多く、なるべく信頼性をもって、
なるべく早く、伝えていかねばと、より真剣になります。


特に解体新書では、他の3名の方(1名増えて4名になります)にも、
日々ご多忙なところ、無理をお願いして、ご尽力いただいています。

私からは、全く同じ考えで接していますので、
ホントにわずかですが、会員の方からご支援いただいたお金を、
分配させていただき、責任をもって対応いただけるようお願いしております。

ぶっちゃけ、責任と負担ばかり多い、割の合わないボランティアです。苦笑
全員、強いお気持ちだけでご協力いただいていますので、
本当に心から感謝しています。


大変恐縮ですが、私にいたっては、もうこれを仕事にしないと、
今の日々の量にすぐの対応が維持できず、
他の現場仕事をもっと優先しないとままならない状況で、
葛藤しているところです。


あくまで私の勝手ではありますが、
それくらいの姿勢で取り組んでいます。



たぶん、お金を稼ぐだけなら、
他の仕事の方がよっぽど効率よく稼げるんでしょうけど、
ダメですね、私みたいなタイプは、コレじゃなきゃできないんです。



私は、決して器用なタイプではなく、
偉そうに色々言ってはいても、自分自身、できていないことだらけ。
人とお会いしても、誤解を招く言動も少なくありません。
お世辞でもちょっと褒められると、
すぐ調子に乗ってふんぞり返る浅はかなクセもあります。


それでも、こんな私でも、
どなたかのお役に立てているのであればと、
紆余曲折を経ながら、訴え続けています。


なんか情けを訴えかけているようで、どうしようかと思いましたが、
あえて申し上げました。


だから、わずかばかりでもご賛同いただき、
ご参加いただいた方々のために、
できることを精一杯取り組んで行けたならと心から思っています。


ちょっと長くなりましたが、こんな感じです。




--------------------------------------------------------------

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
当ブログトップページをご参照ください。

http://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

注:スマホなどでの閲覧の場合、最下部のPCでの閲覧に
  切り替えいただければご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

ありがたいお話... [新しい試み]

おかげさまで解体新書はご好評をいただいております。

sozai_11166-257x300.png


その中で、ありがたいお話が届きます。

当メルマガにご登録いただけますと、
実はNEXT STAGEサイトのトップページだけは
ご覧いただくことが可能です。

実際のUP DATEの様子も見れますし、
加えて、目次も見れます。
どんなページタイトルが載っているのか。


このサイトは、現在募集停止中の、
NEXT STAGEコミュニティ会員限定の閲覧サイトです。
*解体新書会員の方も閲覧はできません。


無料メルマガにご登録いただいた方や、
解体新書会員の方から...



「コンテンツページの見出しはいずれも関心をひくものです。
 コミュニティへの追加申込みが可能ならばお願いします。」

「NEXT STAGE いまからでも加入可能ですか?
 内容が興味そそられ購読したく考えています。
 できましたら加入方法ご教示ください。」

などのお問い合わせが...


まだまだ未完成のページもあり、
大変恐縮ですが、
これだけご関心いただけると、
当方としてもとてもありがたく、
反面、これだけ反響があるのであれば、
NEXT STAGEの再募集も考えて準備すべきかと。


今はまだ解体新書をより充実させていきたいので、
後日となりますが、
ご関心いただける方は、それぞれご確認ください。


もっと反響が多いようでしたら、
再募集の動きも頑張りますね。汗



他にも、こんなことに困っているとか、
こういう問題を解決するにはどうすべきか、

また、OTITやJITCO、はたまた上司や受入企業への愚痴、
もしくは逆に受入企業が思う担当職員への愚痴でも、
日ごろのウップンを吐き出しておきましょう。苦笑


何かしら訴えたいことがあれば、
お気軽に当方から届くメールにご返信ください。

『王様の耳はロバの耳~って!』笑


こういう些細なところから、
ご自身の行動意識も成長させていく
良いキッカケとなればと思います。



--------------------------------------------------------------

★『解体新書』企画は当メール登録会員限定にてご案内中。
注:解体新書については以下、ご参照ください。
http://www.gaikokujin.link/member/cf/5

--------------------------------------------------------------





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - 新しい試み ブログトップ